風花

一月最後の金曜日の夜、スマからの電話があった。
ちょっと声が聴きたくなってと。
そんな電話は初めてのこと。
研究室で厳しい状況下にいるのは知っている。
大丈夫だよと笑うけれど、
ちっとも大丈夫じゃないように聞こえてしまう。

折も折、部屋のエアコンも壊れてしまったらしく
今は修理に立ち会ってる時間も惜しいし
部屋には寝に帰るだけだから、布団に入れば大丈夫と言う。

でも、昨年の5月に一度身体を壊しているし
底冷えの京都、ことに冷え込みの厳しい今年の冬。
いてもたってもいられず、とにかく顔だけでも見たい
温かいものを作って食べさせたいと思い
いつもは甘いなぁという寅さんも背中を押してくれて
土曜の朝、急遽京都に向かった。

地下鉄を降り地上に出ると、風に雪が舞っていた。
青空に雲が流れる空から
時に強く、小止みになったと思うと、またさらさらと。
風花だ。
フードをかぶり、コートの襟元をぎゅっと詰めて歩く。
気温が低いせいか、手で払えばすぐに落ちる雪
風に舞う花のようだと風花と呼ばれるのだろうけれど
スマのことも気がかりで、足取りは軽くない。

f0231393_18355106.jpg
合鍵で入ると寒い部屋は
ここのところのスマの日々を想わせるよう。
足の踏み場もない。

コインランドリーと部屋を数回往復。
スーパーへ夕飯の材料と、あれこれ足りないもを調達に2回。

エアコンの修理は間に合わないので
安全な暖房器具を探しに駅前の電気店、そしてホームセンターに行くも
季節終わりに近づいている上に寒いので品薄
だんだん暗くなる中、地の利のない街で途方にくれ
頼りは手元のスマホ。
もうここで無ければ諦めようとタクシーで向かった三軒目で
やっと思うようなオイルヒーターが見つかった。

道がわからず、一緒に探しながら走ってくれたタクシーの運転手さんは
帰りにタクシーを拾いやすい道を教えてくださった。

電気店の店員さんも
ダンボールは要らないので、
店頭に並ぶ3000円安い品を持ち帰りたいと言ったら
丁寧に拭き上げ、プチプチで包装して
重いからタクシーがつかまるまで持ちますよと、通りまで出てくださった。
勝手のわからぬ底冷えの京都で
スマのことも心配で心がささくれだっていたけれど
私の気持ちはほっと温もっていた。


片付けが済み、夕飯の支度を終えた時は
もう午後10時を回り、11時頃スマ帰宅。

わあ、あったかいなあ。
ほんとうに、ありがとうございましたと、
何度も頭をさげる。
そしてたっぷり作ったポトフと炊き込みご飯を
うまいうまいとたいらげていく。

ああ、食べられれば大丈夫だねと
顔を見て、ほんとうにほっとした。

f0231393_18362535.jpg
連日深夜まで研究室にこもり
それでも実験で望むようなデータが取れなければ
次へ進むことができない。
時間制限があれば、どんどん追い詰められていく。

そういう世界なのだと言ってしまえばそれまでだけれど
現実の厳しさはひしひしと感じる。
昼間は教授に二、三時間続く叱責を受ける日々
教授は自分の何十倍も才能があるし、何十倍も努力しているのだから
結果の出せない自分に非があるという。

スマが現場にいる今は書けないけれど
昨今のデータ改ざんも
結果ありきで追い詰められた研究者が
してはいけないことをしてしまう心理もわからないではないと思ってしまう。

数名の研究室生や助教が
心を病んで研究室に来られなくなったり、やめていったりした話も聞いていたから
なおさら心配になった。

甘いのはわかっている。
わかっているし、信頼もしているのだけれど
もしも、もしもと思ってしまう。
スマの涙と笑顔を見て、きてよかったと思えた。
そして、きっともう大丈夫だと。


日曜も私より早く部屋を出たスマ。
最後の洗濯物をたたみ
オイルヒーターを消して、窓の外を見ると
また風花のような雪が舞っていた。

ここで二年の月日を過ごしたスマの部屋
この部屋からの眺めはおそらく見納めになるだろう。
私も、つかの間、かりそめの街暮らしで
立ち去りがたいような気持ちになりながら
鍵をかけて帰途についた。








# by sarakosara | 2018-02-03 23:03 | 家族のこと

Hush

仕事が始まる。
お正月明けから二週間、ほんとうにゆっくり過ごした。
会いたい人にも会ったし。
読みたかった本も読んだし。
美容院にも行ってきたし。
まとまった時間のある時にと延ばしていたこともできた。
友達に借りていたドラマも見た。

その挿入歌で、一度聴いただけですごく印象に残った曲がある。

誰が歌っているの?と調べて見たら、
女性だと思っていた歌声の持ち主は男性だった。
スウェーデンのLasse Lindhというミュージシャン。
Hushという曲。

SNSでよく使うハッシュタグのhashは、haで
この曲のタイトルはHush。
どういう意味なのだろうと調べたら、
静けさとか、静かに、という意味があるらしい。

やさしく少し哀しいようなピアノとギターにのせて
中性的な声が、語りかけるように歌い始める。



Hush now, my angel
I will always be with you
In your pretty smile
In a glow of tears
Out across the frosty night
I’ll be there with you

ファンタジーだけれど
生きていくこと、死んでいくこと。
出逢うこと、別れること、憎むこと、愛おしいこと。
命を慈しむことなどを
知らぬうちに考えさせられてしまう。

どの登場人物も抱きしめたくなるほど
久しぶりに、見終えてしまうのが淋しいと思うドラマだった。

他の挿入歌の数々も素敵で
美しい映像とともに
音楽が大きな役目を果たしているとも思う。


今夜は、友達の妹さんが第二ヴァイオリンを務める
クインテットの音楽を聴きに行ってきた。
久しぶりのクラシックだったけれど
躍動感あふれる演奏に
身体が自然に動くほど楽しく、素晴らしかった。

私にとって音楽は
人生に欠かせない栄養素の一つなのだと思う。


# by sarakosara | 2018-01-20 23:36 | 好きなこと

かき餅できたよ

前記事をアップした矢先
娘さんが帰省していて、この散策には参加できなかった
同僚Oさんからラインがあって
悩んだのだけど、春からの仕事辞めることにしましたと連絡が入った。
春にはOさんも一緒に出かけようねと、みんなで話していたのに。

今は少しゆっくりしたくなっちゃったと言う。
以前からチラチラとそんな話はしていたし、
きっかけになる事もあるにはあった。
でも、まさかこのタイミングで辞めるとは思ってもいなかったので
連絡が入った時は、あまり突然のことに
正直すぐにそのことを受け入れられなかった。

けれど、大切なことはきちんと自分で考えて
すっと決めていく彼女であることは
15年以上、毎日のように一緒に過ごしていればわかる。

職場のムードメーカーでお茶目で
みんなに慕われていたOさん。
何か事が起きた時も
ニュートラルな立ち位置でみんなを和ませる。

職場の陽だまりがなくなってしまうようで淋しくて仕方ないし
仕事も彼女の抜けた穴は大きいと思う。
それでも足りないものは何らかの手立てで補い、
じきにOさんのいない職場も
当たり前になっていくのかもしれない。

けれど、今は淋しい。

ミコちゃんの結婚式の時にしたらどう?と
Oさんがお嬢さんの時に使ったかんざしを貸してくれて
私の手元にある。
式を終えたら返さなくてはならないから、一度会おうねと約束している。

f0231393_17214308.jpg

料理好きの彼女が、
二つあるからと以前くれた干し網ネットで
ちょうど先週からお餅を干していた。

お隣のおばあちゃんからもらった杵つき餅
パックじゃないのでカビてしまうから
細切りして天日干ししていたもの。

昨日揚げたら、サクサク美味しいかき餅になった。
料理も好きだけど、食べるのも大好きだった彼女は
実に美味しそうに食べて、その様子がとても可愛かった。

仕事のある時期だったら
そんな彼女に食べさせたくて
きっと持って行ってただろう。

「よくお腹抱えて涙流して笑ったよね、
 楽しかったよね」
ラインのメッセージの言葉。

ほんとうによく笑ったね。
あなたのいない職場、今は考えられないけれど
私はもう少し頑張ってみるよ。




# by sarakosara | 2018-01-18 19:07 | つぶやき

頼もしき同僚

年明けの仕事は22日から。
毎年恒例ながら
私の仕事は一年を通し、変則的に組み合わされていて
4月から12月は病院の契約社員で健診部門のチェックの仕事。
1月から3月は確定申告の補助業務のパートの仕事になる。

そして年明けのこの二週間と少しが
バトンタッチの空白でお休みになり、
まとまった自由時間のある楽しみな時。

そんな先週金曜日、健診の仕事の友達5人と浅草まで行ってきた。
仕事の都合上なかなか一緒に休むことができないので
近所のランチはあっても、遠出は滅多にない。

今戸神社から本龍院、麦とろでお昼をして
仲見世散策、浅草寺、浅草神社と周るコースを
マメなHさんが決めてくれて、そぞろ歩き。

今戸といえば今戸焼というのもかつて有名だったらしく
招き猫も発祥の地という。(これは諸説あるようだが)
招き猫さん、結構大きい。
左の二体は身長70センチくらい、
右端の拝殿奥手の猫さんは人の等身大もあろうかという大きさ。
招くというよりは
はい!はい!と手を上げてるみたいだねと、みんな。
張り子の犬と、福禄寿さまも一緒に迎えてくださる。


f0231393_16585378.jpg

ここは恋愛のパワースポットになっているとかで
若い人たちでも賑わうらしいが
この日はひっそりと私たち6人以外は人影もまばら。
浅草寺の賑わいをよそに
空気はキンと冷たいものの、明るい日差しの境内は心地よかった。


散策終了で、お疲れ様の甘いものは
花やしき裏手のひさご通りにある「フルーツパーラーゴトー」へ。
友達が撮ってくれた6つのフルーツパフェ。

f0231393_17224806.jpg

私たちを今の職場に呼んでくれたのは
スマの少年野球時代のママ友だった上司だ。

信頼できる人に手伝ってもらいたいと一人増え、二人増え。
母体は数千人が働く大きな企業だけれど
私たちが所属する部門の正社員は数十名
その中の、さらに私たち契約社員。
末端の末端。

でも皆プライドを持って仕事をしているし
手前味噌だけれど主婦ならではの手際の良さ
色々なシチュエーションへの柔軟な対応や気配りは
けして正社員に劣るものではないと思っている。

それでも契約社員ならではの
都合のいいブラックな扱われ方をする時もある。
愚痴や不満がないわけはない。
そんな時はこの同僚たちが強い味方だ。
ちょっとこぼして、話を聞いてもらって
時には泣きながらのこともあった。
励ましあい、慰めあって、なんだかスッキリする。

18年間、子育てや介護をしながら、
融通のきく職場で働かせてもらえるのはありがたいことでもあった。

47歳から59歳まで、歳の差こそあるが、本当に得難い同僚だ。
フルタイムで働いていると、
もうそろそろゆっくりしたいなと思うことも時にあるけれど
こうして休みが続いてみると
いや、まだまだ働いていてもいいなと思ったりする。
65歳まで定年は延長できるので
今の仲間がいるうちは頑張ってみようかな。




# by sarakosara | 2018-01-15 17:08 | 想う

六度目の戌年

明けましておめでとうございます。
今年も明けてはや八日。
もう松の内は終わってしまいました。

元日は恒例の地元氏神様をお参り。
二日にはミコ夫婦も合流し
スマも交えてみんな揃うのは初めてのことだった。

三年前からお節は一揃え買っている。
自分でこしらえるのは、鶏ガラスープをとったお雑煮
マリネと筑前煮、レンコンとごぼうのきんぴら。
そして、祖母が毎年どっさり作っていた大根なますくらい。

その大根なます。
今年は年末に会った友達に紫大根をいただいて
なますにはどうかなぁと。
やはり紅白にするには白い大根だよねぇと迷ったのだけれど
せっかくの大根、よし、これでやってみようと作ったのが正解だった。

きれいな紫色が映えて
二日頃にはその紫が滲み出て全体を薄紅に染め
浅葱色の器に盛りつけたら食べるのが惜しくなったほど。
まぁ若い人はあまり酢の物は好まないので
もっぱら寅さんと私が食べていたけれど、見栄えで華を添えてくれた。

そういえば、私も若い頃はなますが苦手で
祖母も母も美味しそうに食べるのが不思議だったのに
いつしか、それを好むようになってきた。


f0231393_16482183.jpg

それもそのはず
今年は私が生まれて6度目の戌年。
八月には還暦を迎える。

12月にスカイツリーに行った時に
ソラマチにある郵政博物館で
生まれ年のお年玉切手シートを買ってきた。
雪が降っているのだろうか
可愛い張り子の犬がデザインされている。
当時の葉書は5円で届いたのだなと、しみじみ。

f0231393_16492770.jpg

父の昔の日記帳に、昭和33年のお正月のことも書かれてあり
その頃母の妊娠がわかったとあった。
結婚9年目、諦めかけていた朗報に沸き立つ気持ちと同時に
当時としては高齢出産。
無事に生まれてくれるかという不安もきっと抱えていたはず。
そんな頃の両親もこの切手シートを手にしていたのだろうか。
どんな話をしたのだろう。

そういえば、今年の初夢に両親と祖母が揃い踏み。
たいがいそんな時は、私がまだ娘時代というシチュエーションで夢を見る。
細かな内容はうろ覚えだけれど
たまにしか見ない三人が初夢に一緒に現れたことに何か意味があるのか
今年を終えてみないとわからない。
なんて、年初めに年末のことを書いているのもどうしたものだか。

60歳の扉を開くことは
少し楽しみでもあり、少し不安でもある。
特に変わることもない
一日一日の積み重ねなのだろうけれど
ブログで出会った少し先ゆく友達の60代をみていると
まだまだこれからという思いもある。

大きく変わり、うねりを作る世界のことも気がかりだが
そんな地球の片隅で
私の小さな一日の積み重ねを書いていくこと、
いつまでとの約束はないけれど、ここを大切に思っている。
こんなブログですが、小さな積み重ねを今は続けていこうと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



# by sarakosara | 2018-01-08 22:16 | 日々

年夜つれづれ

年越しの準備を終え
ほっと一息ついている。
今夜は年夜、大晦日のことを祖母はとしやと言った。

昨日の夕方
北風が強かったせいか空気が澄んで
夕焼けに富士山がくっきりとシルエットになって見えた。
少し電線が邪魔だけれど、我が家の屋上からのこの景色はお気に入り。

f0231393_17132905.jpg

ミコ夫婦は二学期が終わってから
フィンランドに新婚旅行に発った。

現地で短期の日本語教師をやったことがあるミコにとっては思い出深いところ。
彼もフィンランドには以前から興味があったらしく
新婚旅行先に即決だったようだ。
現地でクリスマスを迎え
オーロラも見えたと写真を送ってくれた。

昨日帰国し、今日はお義母さんと妹さんの待つ仙台へ。
若いからタフだなぁ。
これからは夏冬の仙台帰省が恒例になりそうなミコ夫婦。



f0231393_18215196.jpg

我が家はみんな同居だったので帰省というものをしたことがない。
結婚前も両親の故郷は北海道。
遠方ということもあり
夏冬に帰るのも、数年に一度くらいのペースでしかなかった。

お正月は家で迎えるものというのが
昔から当たり前になっているので
暮れの準備もベリースペシャルワンパターン。

まぁでも、そのワンパターンができるのも
なんとか今年も無事に過ごすことができたということかもしれない。

今夜遅くスマが帰ってきて
年明け2日にはミコ夫婦が泊まりに来るという。
ミコの伴侶という新しい家族が増えて
そのワンパターンにも少しだけ変化がありそう。

二人が心地よく泊まれるように
準備したものもある。

実家の母親にあれこれ準備してもらって
のんびり過ごすお正月、
私も新婚当初はそんなお正月に憧れることもあったけれど
さすがにもうそんなことを思うこともなくなった。


f0231393_18223614.jpg

青森のじゅんさんから冬の便りのリンゴも届いた。
一緒に入っていた姫林檎が可愛くて、母たちの写真の前に置いてある。
北海道や東北、日本海側の地方は厳しい冬の始まり。
じゅんさん、ご家族丹精のりんご、ありがとう。

ここで繋がっていてくださるみなさまも
今年一年ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。





# by sarakosara | 2017-12-31 16:43 | 日々