Just The Way You Aer

関東の桜はそろそろ散り始めた。
仕事に行く道すがらの公園に
花びらが散り敷いて一面のうす紅。

f0231393_15502860.jpg
世界はどちらへ向かって歩いているのか
危うい薄氷の上を歩くが如く感じることも増え
だからこそ、今日という1日が穏やかに過ぎることは
当たり前のことではないと知り
大切な人に大切だと思っている気持ちを伝えることを
ためらわないようにしたい。

仕事を終えてから寅さんと待ち合わせて
千鳥ヶ淵の桜を見てきた。
桜は八分咲きくらいの頃。

f0231393_17213942.jpg
先月末でこのブログも7回目の誕生日を迎えた。
書きたいと思う気持ちと
誰かに読んでもらえたらという夢が
同時に叶えられたのがブログ。
それにしても最初のブログを書き始めた時から数えると12年目。
よく続いたなぁと思う。

家族は私がブログを書いていることを知っている。
とはいえ当初は書いている内容は秘密だった。

でも、この「Just The Way You Aer」は
ミコがアメリカに行くことになった時に
一年間会えない間の我が家の様子など
見たい時に見てもらえればという、そんな気持ちで書き始めたところ。

ミコも今は見ることもないだろうが
いつかまた、ここを家族が読むことがあってもいいと思いながら書いている。

f0231393_17222078.jpg
この冬、時間がある時に
今まで書いてきたブログやSNS、メールアドレスなどいっさいをノートにまとめた。
ログイン情報も書いて、私がいなくなった時は
読むなり、削除するなり自由にしてほしいと
そんな言葉も添えた。


人それぞれ、ブログに対する考え方も違うだろうし
書いている意味も違うと思う。

私の場合、家族の話がかなりの数ある。
両親や祖母との思い出も山ほど書いた。
書くうちに私の中で未消化だったことがらも
少しずつ整理されていった。
親子といえども全てを理解し合えるわけもなく
胸に秘めておきたいこともあったろう。

特に母は大人同士の会話をする前に逝ってしまったし
日記や文章を書く人ではなかったので
母のほんとうの思いがどこにあったのか
以前のブログには母のことを書いた記事が多い。
母との数々の思い出を書くうちに
また多くの方のコメントや、その人生を読ませていただきながら
大好きと、なぜ?が、綯い交ぜになったような
母への気持ちが少しずつほどけて
一人の女性としての母も自然に受け入れられるようになっていた。

f0231393_17260973.jpg
いっぽう矛盾するようだが
思い出はどんどん美化されていく。
母とは違い、ブログを書きながらリアルタイムで老いていく父に向き合った日々。
そんな父とともに過ごした時間に書いてきたことは
今読み返しても、あの時こんな気持ちだったのかと
ありのままを書いたことで自分の弱さを思い知ることができ
ささやかな日々の一つ一つがとても大切に思われたりする。

f0231393_17291791.jpg
コメントを閉じてやがて二年が経とうとしている。
今はこれが楽で自然だと思っている。
「Just The Way You Aer」というタイトルも
とても気に入っている。
迷った時に、今のままでいいよと言われているようで素直に書ける。

でも、あの多くのコメントを交わし合った時間がなければ
たぶんこんなに長く書いていることはなかっただろう。
多くの出逢い、そしてたくさんのコメントで繋がってくださった多くの方に
心から感謝しています。








# by sarakosara | 2017-04-16 17:46 | 想う

夜曲 at きさらぎ

先斗町からほど近い場所
スマについていった路地裏のそこには
こんな張り紙が。
BAR「きさらぎ」
妖しさ満点。
f0231393_17212936.jpg
初めて入るのなら、ためらってしまいそうだけれど
スマは何度か来たことがあるというし
なんといっても、中島みゆきの名前と、きさらぎに惹かれる。

スマ自身中島みゆきも聴くけれど
私のかつてのブログネームきさらぎも思い出し
なんとなく寄ってみたという。

小さな雑居ビルの薄暗くて細い階段を二階に上がる
奥行きもさほどないこれまた細い通路の両側には
いくつかドアが並び
いずれ劣らぬ一種独特の雰囲気を醸し出している。

奥手の小さなドアを開けると
予想をさらに超える狭い空間で、
L字のカウンターには8席。
壁一面に来店のお客さんのスナップが貼られている。

カウンターの中には
これも想定外の若い女性がひとり。
夜の雰囲気ではなく
シャツにジーンズみたいな清楚でラフな感じ。

スマは顔見知りらしく、女性の、どなた?というような顔に
「両親を連れてきました」
と、少し照れながら答えていた。
マスターご夫妻は私や寅さん世代らしいが
旅行でお留守で、その間このお嬢さんが店を任されているという。

カウンターの奥にはスーツ姿の中年男性二人
仕事の話をしている。
L字の短い方には普段着姿の男性ひとり。
その間に三人座らせてもらった。

後から賑やかな男子二人連れが加わり
途中で常連らしいおじさんがひとりドアを開けて覗いたけれど
今いっぱいという女性の答えに
また来るわと帰っていった。

チャージ料なしで良心的なお値段。
角ハイボールを頼んで他の方のリクエスト曲にひたり、いい気分。

お母さんも何かかけてもらう?
スマの言葉に
手作りの、かなり年季の入った曲名集を開いてみたものの
実は店に入った時から、
かけてもらいたい曲はほぼ決まっていた。
臨月というLPの中の「夜曲」という歌。

1981年に出たアルバム。
私は母を亡くして間もないころ
そしてまた、恋する頃だった。

悲しい歌も、愛しい歌も、みんなあなたのことを歌っているのよ。

あの頃は中島みゆきよりユーミンの方が好きだったし
むしろ洋楽のLPを月に二枚くらいのペースで買っていたし。
でもこんなふうに、胸が疼くような懐かしさを感じるのは
中島みゆきの歌なのかもしれない。

彼女の歌は幸せな時よりも
悲しいとき、つらい時
何かを乗り越えたい時に心に添うような気がする。

それが今も聴き続けられている所以なのか
この日も後から20代と思われる青年が一人で入ってきた。
母親がよく聴いていたんですと
話し始めてみたらスマと同じ歳で話がはずむ。

色々な世代の見知らぬ人が
中島みゆきを聴きながら時を過ごす。
タカセ会館二階
不思議な空間だった。

夜曲を貼りたかったけれど
オリジナルはなかなかないので
素敵なカバーがあった曲「ホームにて」





帰りがけ寅さんとスマと三人の写真も撮ってくれた。
すっかりいい気持ちになって店を後にし
冬の京都の夜を歩いた。
あの時の写真
今頃高瀬川の近くのBERきさらぎの一枚に加わっているのだろうか。















# by sarakosara | 2017-04-08 17:10 |

花見小路から

祇園で夕食を食べたのは、花見小路にある「十二段屋」というお店。
ここは、しゃぶしゃぶ発祥の店だという。
ところが、それを知ったのは後のこと。
スマの研究室の助手さんが、ご両親が来るのならそこが良いんじゃない?と
勧めてくださったという。

f0231393_22322731.jpg

あたたかで、落ち着いた雰囲気で居心地も良い。
さて、それではまずはビールとつまみをとお品書きを見ると
おつまみ系が少ない。
ん?と思いながら、小鉢を二つほどと、ビール
そして、生湯葉豆乳鍋を一人前頼むと
「あのぉ、おひとり様1000円以上の注文をいただきたいのですが」と言われる。

はぁ?どういうこと?と思いつつ
気を取り直して、
「後からまだ注文するけれど、それじゃだめかしら?」というと
はぁ。それなら。
と、注文を受けてくれた。

我々もなんの下調べもせずに向かったのがそもそもの間違いだったのだが
どうやら、こちらは我々が思っていたような場所じゃないらしいと
ここにきて気がつく。

この夜は寅さんも一緒、
寅さんには、久しぶりの京都観光なので
夜はゆっくり「おばんざい」やお造りなどつまみながら呑んでほしかった。
けれど、こちらのお店は
有名なしゃぶしゃぶや大海老天丼などの御膳
あるいはすき焼きなどを豪勢にいただくところらしい。

f0231393_22303164.jpg


こちらのコンセプトとはちと違う。

寅さんと二人で顔を見合わせていると
スマも察して、済まなそうな顔
「ごめんね、こういう店だと思っていなかったんだ」と何度も謝る。
いやいや、研究室の助手さんも、こんな呑兵衛な家族と知らず
有名なしゃぶしゃぶなど良い雰囲気で食べるのに絶好と思ったのだろうし
私たちも何も調べもせずきてしまったのだもの。

畳敷きの落ち着いた座敷、
ピカピカに磨かれた銅のやかんが各テーブルに置かれ
雰囲気も味も申し分ない。
ただ我が家のこの日のコンセプトに合わなかっただけ、それだけのことなのだ。

結局どれも、そこそこ良いお値段なので
これ以上腰を据えてもと
寅さんとスマは大海老天丼を食べ、店を出る。

スマは謝るし、寅さんは気にするなとなだめるし
私は寅さんにゆっくり呑ませてあげられなかったことがひっかっかり
みんなどうにも中途半端な気分になってしまった。

f0231393_22331592.jpg
それから先斗町まで歩き
小さな店に入ったけれど
寅さんとスマはそこそこお腹が満たされていて
色々注文することもできなかった。
それでも心のこもったおもてなしの接客で
美味しいお造りなど頼んでちびちび呑むうちに
三人とも和んできた。

と、スマが
本当は今夜連れて行きたいところがあったんだけど
こんな展開になちゃったから
もうこれ以上移動したくないよね、という。
なんだろうと思いながら話を聞くと
「お母さん、今も如月さんのブログ書いてるの?」と
唐突に訊いてきた。
なになに?と思いながら
「ううん、今はそっちは更新していないよ」と答えると
「そっかぁ、実はね、それとは直接関係ないのだけど」

さて、どこへ連れて行きたいというのだろう。




# by sarakosara | 2017-03-30 22:46 |

祇園さん

伏見稲荷を出る頃はすっかり夜。
寅さんも一緒の今夜は美味しいものでもと祇園に向かうことに。

f0231393_17231453.jpg
伏見稲荷の駅、和服姿の女の子が何やら楽しそう。
この日も前日もあちこちで着物姿の若い女性を見かけました。
可愛らしいなぁと思いながらすれ違うと
聞こえてくるのは日本語じゃない。
海外からのお嬢さんに流行ってるのね。

真冬にショールもかけず寒そうにしている人も見かけたけれど
このお嬢さんたちは日本の方に見えた。
モダンな色柄で、可愛らしいなぁ。

f0231393_17245621.jpg
祇園到着。
まずは、八坂神社へ。
ここにも和服姿の女性がちらほら。
着こなしが板についていて、借着じゃないのは一目瞭然です。
場所柄、芸妓さんや舞妓さんもこちらにお参りするのでしょう。

f0231393_17345459.jpg
親しみを込めて「祇園さん」とも呼ばれているという八坂神社。
境内にもお店の出した提灯がたくさん並んで
地元に愛され親しまれているのがわかります。

空には朧月が浮かんで穏やかな夜。
八坂神社から見晴らす四条通り。

f0231393_17403768.jpg
スマが京都の母と慕う
研究室の助手さんお薦めの店があるというので
そこへ向かうことにしました。


# by sarakosara | 2017-03-19 17:43 |

伏見稲荷 行きは良い良い

平等院から向かったのは、伏見稲荷。

f0231393_15294411.jpg
着いたのは4時頃になってしまったけれど
今年初めての午の日ということで、大勢の人で賑わっていた。
いわゆる千本鳥居というびっしりと隙間なく鳥居が並ぶ場所は
混み合ってぞろぞろ歩き状態で
やっとカメラを出したのは千本鳥居を抜けてからのこと。

f0231393_15392310.jpg
千本鳥居と言われている場所は山の麓に当たる場所にあり
そのあとも寄進された鳥居は、稲荷山の頂上の近くまで一万本近く続いていることを
実は知らなかった。

f0231393_16034633.jpg
行けども行けども続く鳥居に正直驚く。
こんなにあったとは、さすが日本三大稲荷の一つだけのことこはある。
登り進むうちに、少しずつ人の姿が減り
行き交う人もまばらになってきた。
f0231393_16052765.jpg
やがて登りもだんだん傾斜がきつくなり
あたりもしだに宵闇が迫ってくる頃。

f0231393_16000597.jpg
霊剣あらたかな場所であればあるほど
やはり宵闇はその神秘の力が増すようで
逢魔が時という言葉も思い出す。

f0231393_16122736.jpg

ときおりすれ違う人も下りの人が多くなると
少々心細くなってくる。
地図を見ると、もう少し先に
開けた見晴らしの良い四つ辻という場所があることがわかったので
そこまで登って引き返すことにした。

やがて、京都の町を一望できる場所が開け
チラチラと灯りのともり出した街の景色に
ここまできてよかったね
今度はもっと早めにきて、山の上まで行こうと寅さんと話す。

f0231393_16453886.jpg
さて、帰り道。
ここからが「帰りは怖い」の始まりだった。

というのも、すっかり薄暗くなった足元がよく見えない。
ランダムな高さに一段一段続く石段の高低差と位置がよくわからないのだ。
一段踏み外して、とっさに体制を保ったけれど、危うく転びそうに。

まだまだ続く下り階段、明かりがついているところは大丈夫なのだけれど
薄暗い中の段差が見えない。
寅さんは大丈夫かしら?と心配して振り返るが、
あちらは大丈夫そう。
私だけか。
お母さん危ないよ、とスマが手を貸してくれたので
暗がりなのを幸い
しっかりスマの腕にすがって下るという情けないことになってしまった。

だいぶ下ったところに
このタイミングで「腰神不動明王」ののぼり。
足腰守護と書かれている。

いやいや、足腰は大丈夫なの。
目が「駄目」なのよ。

f0231393_17094689.jpg

とはいえ、寅さんもスマも笑っているので
夫婦の健脚を願ってお灯明をあげてきた。

思い返せば、ここ数年
駅の階段も下りが怖い時がある。
ことに、黄色い線があると途端に見えづらさが増す。
極端なガチャ目なので
若い頃から片方の目だけで見ることに慣れてきた。
それが年齢とともに、下りの段差が見えづらいことと関係しているのかも。

気持ちだけは若いつもりだけれど、
これからも折り合いをつけていかなくちゃならないことは
少しずつ増えていくのだろうな。
とりあえず、夜道の段差には気をつけなくちゃ。

だいぶ下り、人の姿も増えてホッとしたところに荒木神社という社があり
口入稲荷大神という縁結びのご利益がある神様がおられるとのこと
男女の縁だけではなく、人や物とのご縁にも良いとか
就活が始まるスマにも、いいご縁がありますようにとお願いしてきた。

そこでつい可愛くて引いた狐みくじ。
開くと末吉の文字。
末吉かぁと少しがっかりだったけれど
いや、欲張らず、末吉くらいがちょうどいいのかも。
ねぇ狐さん。



f0231393_17410603.jpg




# by sarakosara | 2017-03-10 18:27 |

平等院

平等院。
といえば、誰しも思い出すのが10円玉。
中学生の頃、奈良京都の修学旅行の時にここへ来たのか記憶になくて、
もしかしたら毎日の買い物で慣れ親しんできた姿に、初めましてだったかもしれない。

つい数年前、屋根の葺き替え、柱の塗り直しなど
お色直しをしていたいうだけあり、
朱塗りの柱も鮮やかに水面にその姿を映していた。
f0231393_17244281.jpg
平等院は、関白藤原頼道によって、
父道長の別荘を寺院に改め創建されたもの。

庭園も鳳凰堂も浄土の様子を再現しているもので
平安時代の浄土教美術の頂点が集約されているという。


f0231393_17531443.jpg

鳳凰堂の裏側から見上げた、鬼瓦
屋根の先端の鳳凰が西日にきらりと光っていた。
f0231393_17251581.jpg
宝物館に展示されていた、雲中菩薩供養像26体
様々な楽器を手に雲に乗って浮遊する姿が
優美でとても美しい。

極楽浄土とは、どんなところなのか。
誰も知らぬその世界
しかし誰もが見てみたいと憧れるその様子を
現世に表現してみようと
そんな思いがここに込められているのだろう。

鳳凰堂のぐるりを歩きながら
水面を渡る反橋を見て
私も想像をめぐらしてみた。

f0231393_17254114.jpg

# by sarakosara | 2017-02-27 20:15 |