ミコの一歩

ミコが帰ってから一週間が過ぎ
最低限の生活用品しか持っていかなかったとはいえ
持ち帰った荷物に、別便で送った冬物の衣類などが届いたり
一週間たって、やっといつもの4人の生活にもどりつつある今です。
時差ぼけは今までしたことがないと言っているミコでしたが
たしかに時差ぼけらしき様子は見えなかったけれど
急に蒸し暑い日本の気候の中に帰ってきたせいか
肌の調子をすっかり崩してしまい、
やっと昨日あたりから少し快復してきました。

私も7月から職場に健診の技師さんが二人入社、
内勤の私たちも席の移動や配置換えがあって落ちつかず
何かと慌しい一週間でした。
そんなこんなの日々ですがやはりミコが帰ってきて
家の中もなにやら華やぐような気がします。
みなさんに応援していただいた、長くて短かったような10ヶ月、
私もミコも声をかけていただき、励ましていただき感謝、感謝です。
最初はミコのいなくなった家が寂しくて、寂しくて
買い物帰りの秋の夕がたには、ほんとうに涙ぐんでしまったこともあったのに、
いつしかいない日々にもすっかり慣れるもので、
帰ってくると決まったら、あれ、もう?なんて思ったりもしました。
そして10ヶ月とはいえ、ミコのいない生活ペースで動いていた日常、
ひとり家族が増えると、色んな煩雑さが少しだけ増します。
でも一緒にいる温かさもある、楽しみもある
そんな色々がないまぜになって、また4人の生活が始まりました。

f0231393_20553429.jpg


そして明日がミコの教員採用試験の日。
お弁当持ちの1日がかり、
わが埼玉県の採用試験は一次が通ると、実技もあって
なかなか厳しいものらしいのだけど、
そんな中、昨日ちょっとした事件がありました。
仕事から帰るとミコが泣き笑いみたいな顔をして
「お母さん、私試験受けられない」と。

へっ?何、なに?
いきなり意味がわからず、目が点の私。
きけば、ミコはとっても初歩的な、しかも大変なミスをしていたのです。
とういうのも、昨日になって持ち物の最終点検をしていたときのことだったそうですが、
大学長か学部長、あるいは所属長の推薦文が必要だということに気づいていなかった・・
ということに気づいた。
出願の時点での提出ではなかったため
アメリカで確認したときに、うっかり見落としていたらしいのです。
もう大人だし、しっかりもののミコのこと、
最終確認は大丈夫?などと声をかけることもしていませんでした。

もうあきらめムードいっぱい、自分のあまりの不覚ぶりにあきれて言葉もないミコだったけれど
とにかく諦めちゃだめだよと私。
そのために帰国を早くしたのだからそう簡単に諦めないで、
二人で押し問答の末、
明日は土曜休みだからたぶん無理というミコを説得して
学部長は無理でも、ミコのことを一番知っている研究室の先生に
だめでもともと、メールをしてみたらということになりました。
すぐに読んでくれるかどうか・・と不安そうなミコでしたが
諸事情を書いたパソコンメールをしてから小一時間、先生から返信。
「明日はちょうど節電対策で土曜授業が入りました、短い時間だけど会えるから何とかしましょう」と。
ああ、助かった、よかった、よかったぁ。
先生に感謝しなくちゃね、ミコと手をつないで小躍り♪
さぁあとは、ミコしだい。
そしてご縁があるかどうか。


なにしろ思い立ったのが今年の春。
それからミコに頼まれて参考書を急遽送り、ミコの試験勉強が始まりました。
ここへ来るまでには、紆余曲折ミコにも色々な想いがありました。
とにかく小さな頃から自分で納得しないと次へ進めない性分。
憧れたフィンランドから始まったミコの旅
長くなりすぎるので、採用試験に通ったら書こうと思いますが
今回日本で教員採用試験を受けようと決心するまでに
アメリカできっかけを作ってくれた方がいたようです。
オレゴンでの出逢いが今のミコへと導いてくれた、
アメリカに行ったからこそ日本の良さを再認識したミコでした。
ふつうにすんなり新卒で決めていたら、もう今年は先生二年目のはず
でもこの遠回りはミコにとって、けして無駄ではなかったと思います。

f0231393_20513996.jpg


今日は母校の大学で先生から無事推薦文をいただき
ぐうぜん院に進んだ友達にばったり会って、もうひとり友達を呼んでくれて
三人で一緒にお昼を食べてきたとのこと、
みんなから元気をもらって明日は元気に試験に臨めそうです。
お弁当持参で1日がかりの試験。
おかずは何がいい?ときくと、
いつものでいいよ。と。
ミコの定番があるのです、明日は早起きしていつものを作りましょう。
新卒じゃないし、決心は春だし、ハンデは多いけれど
自分で決めたことだものね。
なんとかすべりこみで推薦文も間に合ったし、あとは全力で、そして運を天にまかせて。
by sarakosara | 2011-07-02 21:06 | | Comments(20)
Commented by koko-ran at 2011-07-02 23:39
ミコちゃんの一歩に、こちらからもエールを送ります。
遠回りしたけど、それでこそ見つけた道、
明日の試験、上手くいきますように、頑張って!
さら子さんも、いつものお弁当、頑張って^^v
Commented by shinn-lily at 2011-07-03 07:42
ああ、なにかわくわくします。
若いミコちゃんが、ひとつづつ自分に力をつけていらっしゃる様子、

とても嬉しいです。
問題をとく解決方法は無限であると、ティナも言っていました。
ミコちゃんにはそのエネルギーが満ちています。
さあ、また旅立ちです。
後方支援、万全に!

暑いから、お体だけは気を付けて、大事な時を乗り越えてくださいね。
Commented by keymyall at 2011-07-03 09:26
"遠回りして見つけて自分の道"
そうだね、、、、、そうだね。
ウチの娘も、大学を出て、サラリーマンをして、やっぱりやりたい事がある!! と、、、、
今の若い人は、一辺倒な道を歩くのではなく、やりたい事を、目標を持ってやる事を大切にした方がいいですね。

ミコちゃんと同じく、ウチの娘も、納得しないと前に進まない子なんです。
なので、親は、応援するしかなく、、、、
今日も、お弁当を持って出掛けました。
ミコちゃんのお弁当は、どんなのかな? ^^)
今頃sarakoさんは、落ち着かない時間を過ごしているのでしょうね。
その気持ち、私も味わったばかりなので、よく分かります。
帰ってきたら、美味しいご飯と、お風呂ですね!
Commented at 2011-07-03 11:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chirumegu at 2011-07-03 11:15
なにはともあれ、えかったえかった^^
みこちゃんなら、きっとがんばるじゃろぅて。
皿の子じゃもんの( ̄-  ̄ )

で、関係ねぇけんど…
わしも皿が作ったおべんと、食べたい(゜▽゜人)
Commented by sarakosara at 2011-07-03 11:47
ここさん
今日も暑いから、節電の折り、クーラーもあるかどうかの学校で受験
スーツ着て行くの大変だなぁなんて思って送り出したんよ。
わざわざ遠回りして、もとの場所、もとの目標にもどってきたようにも見えるけど、
きっと同じ場所じゃないのよね。
もう大人、信頼してがんばれ!って言うしかないよね^^
お弁当、いつもの定番、かれこれ幼稚園以来かも(笑)
好きなものがはっきりしてる子なんだけど、
一人で行ったアメリカですごく柔軟性がでてきたと思う、
もうじきお弁当の時間かな、午後5時までの長丁場だからちょっとひと息いれられたらなって思ってます、ありがとう^^
Commented by sarakosara at 2011-07-03 11:59
リリーさん
直前にオオボケミスをしてしまったミコでしたが、今日はいい笑顔で出かけていきました。
>問題をとく解決方法は無限である・・
そうですよね、まだまだ子どもの一面も垣間見えるけれど、
今回のミスも、以前のミコなら私の言葉に八つ当たりしてきたかもしれないところ、
自分で気持ちの処理がつけられるようになったみたいで、離れて暮らしたことで成長したなって実感しています。
きっとあちらにいた間にも一人で考えて切り抜けてきた問題はいっぱいあったのだろうと思います。やっぱり可愛い子には旅ですね^^v

これから一番いい季節のオレゴンを後に、いちばん過ごしにくい季節の日本に帰ってきちゃったと笑っているミコだけど、そろそろこちらの気候にも馴染んできたみたいです、ありがとうございます^^
Commented by sarakosara at 2011-07-03 12:12
keymyallさん
そうね、ひとつところで頑張りぬくのも立派なことだけど、
本人がちゃんと問題に向き合って出した答えなら、少しくらいの遠回りはあっていいと私も思います。
お嬢さんも好きなこと、打ち込めることのためだからこそ頑張っているのだものね、私達は応援に専念、若い力でぐんぐん伸びてほしいですね^^

お弁当ね、ミコの大好きな鮭を焼いてご飯にちらし、ほうれん草の胡麻和え、玉子焼き、煮豆にウィンナーです♪
アメリカでは後半自炊だったからだいぶ料理も上手になったみたいだけど、やっぱりこんな日は好きなものを入れたお弁当持たせてあげたいものね。
keymyallさんのお弁当と、おかず一緒のものがありそうな気がします^^v
今夜のリクエストももうきいてあるの、結果はともあれ、帰ってからも片付けや試験勉強が続いていたから、今晩はゆっくりのびのびさせてあげたい、ありがとうございます。
Commented by sarakosara at 2011-07-03 12:17
鍵コメさま
ありがとう!
ずっと応援してくださった鍵さまのエール、ミコもきいていたみたいです。
社会に出れば、結婚すれば、そんな区切りで親離れ、子離れとはいうけれど、きっといくつになっても親は心配でしかたないものなのですよね。
ミコの夢はまだまだこれがひとつのステップのようです。
旅はまだまだ。とうぶん結婚はないだろうなぁ・・
でもミコの人生だものね、見守るしかない。
これからも一緒に見届けてくださいね、ありがとう^^
Commented by sarakosara at 2011-07-03 12:24
ちるちゃん
ミコのうっかりオオボケミス、気づいたのが土曜日の夜だったら万事休すだったのだけど、滑り込みぎりぎり。
私よりしっかりものと安心してたんだけど、やっぱり皿の子じゃわ。
でも、なにはともあれ、えかったわぁ。ありがとう^^

私のお弁当、毎日自分が持っていくのはすっごく適当だけど、自分の好きなものをちょいちょいって入れるから美味しいんよ(自画自賛)
それがいざって気合を入れると、ん?ってなることも多々あり^^;
でもちるちゃんの願いとあれば大皿に大森で、デリバリしよっかの。
大好きなソフトクリームつきで^^v

Commented by hokkori-hime at 2011-07-03 12:52
こんにちは~
ミコちゃん、かなりショックだったろうなと・・・・想像できまするw
でも、よかったね♪
これでまたステップアップ!!
ミコちゃんはまだまだ若い!!無限の可能性があるのだろうなっと。
あきらめたらそこで終わっちゃうもんね。
コチラからもエールを送ります(^^)v
Commented by sarakosara at 2011-07-03 17:08
ほっこりちゃん
こんにちは^^
ほんと、私もきいて正直焦ったぁ。
口では諦めないでって励ましながら、前々日だったから
どうしたものだかって顔で笑って心で泣いて^^;
でも先生がいち早く対応してくださって、心底ほっとしました。
で、ミコね、さっき予定より早く帰ってきたのだけど
件の書類、印鑑が公印じゃなかったから再提出だって(涙)
先生も急いでいたから公印の準備がなかったらしく
でも、先生が書いてくださらかなかったら受けることもできなかったろうと。
ミコもまた書き直してもらうの申し訳ないなぁと、あらためて自分の不覚を悔いているけれど、やってしまったものはどうしようもないものね。
できるだけやってご縁がなかったら仕方ないけど、諦めずに最後までやること、今できることをよね。
まだまだ紆余曲折ありそうな気配だけど、心強いエールをありがとう^^
Commented at 2011-07-04 05:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bh2005k at 2011-07-04 17:13
sarakoさん、受験できてよかったです。
驚かれましたね、、、ミコさんは 帰国されて、体調を整えるのも大変だったはずです。
まして、書類の不備を知ってから どんなにか大変な心持だったか ・・・ それでも、お母さん(sarakoさん)の支えで 受験に行かれたのは 本当によかった。
ベストを尽くしたのですから ・・・ あとは 天命を待つ! だけです。
ミコさんの道が 開かれますように☆

sarakoさん、寂しさに慣れるまでは かなりの時間が必要だけど 慣れてしまうのは あっという間でしょ。。。
そこにミコさんがいるのが 当然で、楽しい家族の時間が戻ったんですね! 
前に 娘が帰国したとき、、、べったりな母娘になりました。
でも、いまは ほどほどが 楽しい母娘になりましたよ。
Commented by umih1 at 2011-07-04 21:47
sarakoさんの、
>最初はミコのいなくなった家が寂しくて、寂しくて
買い物帰りの秋の夕がたには、ほんとうに涙ぐんでしまったこともあった・・・

子どもにはわからない涙をお母さんはどれだけ流すのかな~。
でも子どもも、お母さんを想って涙を流すこともあるんだよな・・
そんな心の揺らぎをお互い知らないふりして、でも底の方ではわかっていて。

ミコちゃん、素敵な先生になれますように^^


Commented by sarakosara at 2011-07-05 05:59
鍵コメさま
おかげさまで無事帰ってきました。
いつもミコへのエール、ありがとうございます^^
過ぎてみればあっという間なのだけど、
むこうでは病気らしい病気もせずに元気で過ごせたとのこと。
初めての土地での病気がいちばん心配だったので、まずはよかった、よかったです。
でも帰ってきたら、やっぱり疲れが出たのでしょう、
日本の気候のせいもあるのかもしれないけれど、
ちょっとだけ体調不良だったみたいで、
やっとふだんのペースにもどってきました。
i離れていると、心配事も多いです、ハラハラしますね
じっと我慢の鍵さまの気持ち、きっと届いているはず^^
そんな親心を感じながら、成長するのだと思います。
さびしいけれど、離れる時間も貴重なんですね、きっと。
Commented by sarakosara at 2011-07-05 06:13
チェイルさん
なんとかセーフで受験できました、
基本の基本の持ち物点検、まさかのことに私も呆然でした。
もしも小学校の先生になれたら、子どもの忘れ物叱れませんね^^;
一人がが弱気になると、
一緒に落ちこんでいる場合じゃないぞと、もうひとりが強気になるから不思議です、
あきらめないでよかったです。
でも結局再提出になってしまい先生にも申し訳ないし、
書き直しまでしてもらってこれで落ちたらねぇ・・と
ミコは再度ちょっぴり気落ちモードです。
でもできるだけのことをしてご縁がなかったのなら諦めがつくというものですものね。
私もここでみんなにお話ししちゃって、気が楽になりました。
希望はすてず結果待ちです、ありがとう^^

帰ってくると、一年前の日々にすっと戻れるんですね、
食卓で私の隣がミコなのですが、
一年の空席が夢みたいに今はミコがずっとそこにいたように座っています。
時々「帰ってきたんだね」って言うと、もう何度目?って笑われます^^
Commented by sarakosara at 2011-07-05 06:26
うみちゃん
夕方になると、ふっとどうしてるんだろうなぁとか思うのね。
>子どもにはわからない涙
母が最後に使っていた仕事のバッグに、
私からの母への抗議の手紙が大切に入っていたのを見つけたときは愕然としました。
優しい手紙だっていっぱいあげたのに、なんでこの手紙なんだろうって。
この手紙を持ちながら仕事をしていたんだって思ったら切なくて。
うん、子どもも母の知らない涙を流すこともある、
うまく言葉で伝えることはできなくても、ちゃんと伝わっているものもあるのよね。
うみちゃんも一緒だろうけど、私も早くに母をなくしているから
ミコの歳にはもういなくて、ミコに少し甘いかなって思うこともあるのだけど、
やらなくちゃならない時がきたら、ひとりでちゃんと歩いていくのも知っている。
だからできるうちは心配もしてやりたい、甘やかしてもしてやりたいななんて思うのです。
ありがとう。どんな先生になるかな、私も予想がつかないのだけど
夢叶うといいなと思っています、七夕の短冊に願いごとしようか^^
Commented by のんのん at 2011-07-07 07:29 x
おはようございます^^
ミコさん 帰ってきたんですね~
よかったですね。
やっぱり家族が一人でもいないと寂しいです。
私もまりんが家を出たときどうしようもない寂しさがありました。

ミコさん いい経験をしてさらなる成長をされたことと思います。
きっと これからの仕事や人生に活かせると思います。
遠回りは ぜ~ったい無駄じゃないと思うなぁ

ちょっとしたトラブルも 乗り越えたんだし
採用試験受かるといいですね~^^/
Commented by sarakosara at 2011-07-07 23:31
のんのんさん
は~い、帰ってきました^^
過ぎてみればあっという間だったような気がするけれど、やっぱり慣れるまで寂しかった。
のんのんさんが、まりんちゃんや、まさや君を送り出した日を思い出します。
二人とものんのんさんの力強い応援団だったものね、
もちろん今もだけど、送り出す日は寂しかったでしょう。
今回のように思いがけず帰ってきてくれた時はほんとうに嬉しいですね^^
のんのんさんにも、ミコの高校時代からずっと励ましていただいたこと思い出しながら、
ほんと、色々あったなぁって思いました。
うん、そうだよね、遠回りじゃないはず、何でも難しく考えてしまうミコだけど、ずいぶん柔軟性がでて、大人になったなって思います。
行きつもどりつ、まだまだ旅の途中という感じだけど、どんな形にせよもうじきほんとうに社会に出ていく時なのよね、いいご縁があればいいなと思います。いずれにしてもまた報告しますね、ありがとう^^
<< さくらんぼの季節 無事に >>