美女と野獣、そしてディズニー 

仕事が始まってみればあっという間の一週間、
毎日暑いですね。
ちょうどそんな夏休みも終盤の一週間前の土曜日、
ミコと劇団四季の美女と野獣を観に行ってきました。
ミコは翌日友達との旅行だったけれど、
私の誘いに快くのってくれて
大井にある、専用劇場「夏」は、劇場の名のとおり夏空の下。

f0231393_22464673.jpg

劇団四季のミュージカルは、20代の頃にみた「キャッツ」以来
キャッツには新鮮な驚きがあり魅了されたけれど
それ以来舞台に足を運ぶことがなく、実に30年ぶりくらい。

ミコは初めての劇団四季でしたが、
幼い頃からディズニーのアニメーション映画で馴染みの深い演目で、
休憩をはさんで3時間あまりの上演を堪能しました。

アニメーションの印象を裏切ることなく
舞台ならではの表現や演出も楽しめたし、俳優さんの歌声も素晴らしい。
目の前で繰り広げられる超現実な世界に
夏休みで来ている小さな子も、歓声をあげたり息をのんだり。

ストーリーを知っているだけに
前半はもうちょっとスピードが欲しいような気もしましたが
後半ぐいぐい引き寄せられ、
ベルと野獣になった王子がしだいに惹かれ合い、
互いを愛おしく想い合う。
そして結ばれるクライマックス。
誰かを愛おしく想うことの切なさと幸せがいっぱいに広がります。

悔やまれるのは、チケット代をけちって
二階の奥の席に予約したこと。
最初は雰囲気だけでも味わえればいいよねと思ったけれど、
二階でさえ舞台を楽しめたからこそ
間近でみたら、どんなにか素敵だったろうなと。
二千円多く払っても、一階のもっと近くで観たかった、
がぜん迫力が違うだろうな、
何倍も楽しめただろうなということでした。

アニメーションの美女と野獣から。





原作はフランスに古くから伝わる民話で
映画やバレエなど、様々な形で表現されてきたお話ですが
私はやはりディズニーのものが音楽ストーリーとも馴染み深くて
サウンドトラックも持っています。

ディズニーといえば、ミコやスマも生まれた時から
ビデオの映画や音楽がいつも身近にありました。
飽きずに何度も何度も繰り返し観た頃が懐かしいなあ。

そういう私にとっても思い出があります。
それは父に連れていってもらった映画。
私が子どもの頃には今のように、そうそう子ども向けの映画があったわけではなく
時には怪獣映画、ギャメラ対ギャオスなんていうのにも行ったけれど、
それはそれでワクワクしたけれど
やはり楽しみだったのはディズニー映画。
王様の剣、百一匹わんちゃん、ポリアンナ、
わんわん物語、メリーポピンズ、ファンタジア。
私の記憶違いもあるかもしれませんが
大画面でみる映像は別世界に連れていってくれました。
また、当時家のテレビのチャンネル権は父親にあって
子ども番組は父のいない昼間か夕方早い時間。
ゴールデンタイムの優先順位は父だった中、
唯一ディズニーランドという番組だけは見せてもらったこともおぼえています。

すっかり脱線してしまったけれど、
今回観た美女と野獣で思い出したこと。

f0231393_23385994.jpg


両親が私がまだ生まれる前に買った
わんわん物語のブックエンド、
母が大切にしていたもの。
その後私が使い続け、今はミコの部屋で使われています。

                                                                                                         
by sarakosara | 2012-08-24 23:24 | ぶらさら子 | Comments(14)
Commented by west-msks at 2012-08-25 16:57
私の父も映画好きで、生前最後に孫を連れて見に行ったのが『ベイブ』~都会へ行くでした。。
だらしのない息子のおかげでその時の半券が何年かしてから机の中から出てきました。。
嬉しいやら悲しいやら。。
Commented by umih1 at 2012-08-25 17:23
親子でお出かけいいですね^^
私の初めてのディズニーは、絵本でした。まだ3歳ころかな。
眠り姫です。大好きで面白くて、後にだだをこねて眠り姫の巻き時計を買ってもらいました。
その絵本はもう手元にないけれど、3人の魔女や眠り姫の美しい横顔、怖いけど美しい魔女・・・何度見ても見飽きなかったようです。
「ふたり旅」の写真、旦那さまとsarakoさん、素敵な夫婦だなあ。
若くって、sarakoさんて可愛らしい人なのですね!
ラーメン美味しかったでしょうね、ビールも・・・(笑。
Commented by sarakosara at 2012-08-26 06:59
はないちごさん
お父さまのそんな思い出がありましたか。
息子さんはまだ小さかったのかな、思いがけなく出てきた半券、ちょっと切ないけれど、お祖父ちゃんとの大切な思い出ですね^^
私たちの親の世代って、それこそ映画が大きな娯楽だった年代なのじゃないかなって思います。
大きなスクリーンの中で知らない外国へ行けたりl、憧れの俳優さんと自分を重ねて画面に入り込んで泣いたり笑ったり。
今は色々な楽しみがあるけれど、
お父さまもお孫さんと一緒の映画、嬉しかったことでしょうね^^
Commented by sarakosara at 2012-08-26 07:20
うみちゃん
うみちゃんの本好きはその頃から?^^
だだをこねたんだ、可愛いなあ、何度も開いては眠り姫に夢中だったのね。
私もよくよく考えたら、父が買ってきてくれた何冊かがあり、もしかしたら観たと思った映画の中には絵本の世界もあったかもしれないなって思いました。日本公開の時期をみたらどうもつじつまが合わないものもあって。でも小さな子には、それくらい絵本も創造力をかきたててくれたのかもしれないね。
シンデレラの絵も真似してよく描いたなぁ、お姫さまっていうといつもシンデレラ風^^

うみちゃん、お褒めの言葉、うれしい♪
寅さん、張り子の虎にちょっと似てるでしょ(笑)私は、子どもたちに言わせると、子どもっぽだけらしい^^;
旅の終わりがラーメンとビール、いかにも私たちらしいしめくくりだったようで。でも、こんなぼちぼち旅、また行きたいものです^^
Commented by chirumegu at 2012-08-26 08:50
美女と野獣・・・
わしも子どもらぁと、観た観た^^v
あのごろは、ビデオの時代で、
テープが切れるんじゃねぇかと思うぐらい
何回も観たのぅ。。

でも、何かい観ても、
ベルが野獣の王子に惹かれていくシーンは
たまらんじぇ❤
ようつべの動画観て久しぶりに
感動の涙流したゎ。
ありがつ^^v
Commented at 2012-08-26 18:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sarakosara at 2012-08-27 06:23
ちるちゃん
そうそう、あの頃はビデオだったんよね、うちもすり切れるほど観たビデオがたっくさんあるよ^^
ちっちゃい頃はミッキーやミニー登場の短編も二人ともころころ笑いながら何度も観たし、少し大きくなってからのミコのお気に入りはメリーポピンズ。私も好きなんだぁ。
あの頃は近所にツタヤがあったから夏休みになるとよく借りに行ったもの。
もちろんジブリも好きだったし、スマはドラえもんもリピーターだった(笑)懐かしくなちゃった。

>ベルが野獣の王子に惹かれていくシーン
ほんと、いいよね。だんだん愛おしい人をみる目になっていく、最初は怖い憎いから、可哀想、守ってあげなくちゃみたいな気持ちになり、それが愛する気持ちに変わっていく。
ようつべ、ええじゃろ^^ また音楽もいいんよね。舞台もディズニーの音楽が使われているから楽しみだったんよ。
舞台も観ながら、最後に結ばれるときは涙ぽろぽろだった。何度みてもいいお話よね^^
Commented by sarakosara at 2012-08-27 06:58
鍵コメさま
うふふ、そっかぁ、よかった。私も鍵さま方式、真似っこしてみようかな^^
ほんとうに私たちにはどうしようもないこと、ありますものね。

以前も少しお話をおききしたので、そのことも少し気にかかっていました。
実は私にも気がかり、あるんですよ。ゆっくりお話がしたいけれど、また今度。
で、あのままで大丈夫^^v
そして私も一緒ですから、どうぞ気になさらないでくださいね。お気持ちそのままに、ありがとう^^
Commented by shinn-lily at 2012-08-27 09:51
ご無沙汰してしまいました。
素敵なブックエンド、お宝ですね。
チケット代って、うーん、やはり考えますよね。
昔は歌舞伎を4500円の3階席から見て、それでも見られることが嬉しくて嬉しくて、
最近では出かけるのがなかなか難しいので、その時は思い切って一番良い席にすることにしています。
でも良い舞台でないときはがっかりしますけど・・・。

ポリアンナでアメリカの街を見て、留学に憧れた時期もありました。
Commented by sarakosara at 2012-08-28 19:38
リリーさん
微笑みの旅からお帰りなさい^^
ブックエンド、可愛いでしょ、どこでどうやって買ったのか父はおぼえていないようなのだけど、母が大切にしていたのは私にも記憶にあるんですよ。
トランプもレディーちゃんもぐらぐらになって修理しながら使っていますが、我が家にはお宝です^^

舞台の華やかさをみたら、ああ、もっと前で迫力を感じたかったなぁと。
それが同じ事を考えたのでしょうね、
前のいい席には余裕があるのに、安いエリアは満席(笑)
最初安い席でみて、よい舞台だったらリピートするのも手かな、迷うところ^^;

ポリアンナ、そうでしたか、夢見る少女時代ですね^^
私はプリズムでできる虹の場面がとても印象的でした。
Commented by koko-ran at 2012-08-29 23:17
美女と野獣だったんだ~
ミコちゃんと並んでみたミュージカル、いいお休みだったね^^
劇団四季は10年位前に、博多キャナルでライオンキングを観たっきり。
映画で予習済みだったけど、生ミュージカルの迫力にぞくぞくと身震いした覚えが。
その時は、いい席がいいだろうとS席だったかな、それが結構高かったん米。
それをどうやって取ったかは忘れたけど、
S席でも二階席の一番前の席だったから、主人がもっともっと上のA席を見上げて
あそこでもよかった、あそこでもよかったって何度も(笑)
全く…せっかっく楽しんでるのに、何言ってんだかと思ったけど、
キャナルはホールが狭いから、あそこでもよかったのかも(笑)
Commented by sarakosara at 2012-08-30 23:29
ここさん
そうだったんよ、美女と野獣^^
ミコとは親子格闘時代?があったから、ここ最近、大人同士になってのこんな時が楽しくて、つい誘ってしまったりするの。
ここさんも嬉しいお誘いだったね、コンサート♪
で、ライオンキングはダーリンと二人だったんだ。
A席をみあげて、あそこがエーなぁって?この期におよんでねぇ(笑)
ぜったい見応えが違うと思う、私は二階の最前裏山しだったし、
一階前方はもっとエーな〜って。
子どもたちのどよめきやため息、笑い声が一階からきこえてくるのよ、子どもの反応は正直だから、その気持ちをかき立てるってやっぱり素敵な舞台なんだと思う。
来年の一月が千秋楽だっていうから、一人でリベンジしてこようかな、
なんて思ってみたりみなかったり^^v
Commented by ゆゆ at 2012-09-04 21:09 x
さら子ねーさん、こんばんは^^
ディズニーのアニメの中で美女と野獣は大好き。
ベルの奔放で無邪気なところが他のプリンセス達と違っていて、好きだったあ。
今年のはじめに義母にシルクドソレイユに連れて行ってもらったけど、
映画の中にいるみたいだったの^^
さら子ねーさんが見た小さい子みたいに、私も感動したり息を飲んだりしてた(笑)

わ。ブックエンドかわいい♪
お母さまからさら子ねーさん、そしてミコちゃんへ。
さら子ねーさんのお母さまもディズニーが好きだったのね。
愛され続けているブックエンド、大切な宝物です^^

いのちの理由はじめて聞きました。ああ。いい曲。
心に染み入っちゃう^^
Commented by sarakosara at 2012-09-06 07:33
ゆゆちゃん
おはよう^^
ほんとベルってみんなからちょっと変わってるって思われていても、
それを気にせず天真爛漫で本が大好きで素敵な女の子よね。
だからこそ真実が見える女性だった、野獣と心を通わせることができたのじゃないかしら。

シルクドソレイユ、ああ、素晴らしかったでしょう。
感動したり息をのんだり、目の前で見る迫力はどんなだろう。
そんなゆゆちゃんをみながら、お義母さんも連れてきてよかったわって思われたでしょうね^^

ブックエンド可愛いでしょ♪
母が昔から大切にしていた賛美歌集にはさまった手紙、走り書きもね
乙女チックな一面がみえて微笑ましいなって思ったりします。
やっぱり私の中にもそんな母から受け継いだものが脈々と流れているのを感じることがあるの。
命の理由も、そんなことを思わせてくれる。
生まれた日に両親から受け継いだもの、愛されたことなど思いながらきいてみました^^
<< さよならの夏 thank you >>