白い鳥

Nちゃんが、せっかく来たのだから御祈祷してもらおうよと言いだした。
暑いし、待ち時間もあるだろうしと、
ためらう私だったけれど
寅さんが、今度の遷宮は20年後かぁ、もう80歳を超えてるんだなぁと
しみじみ言うので、よっしゃ!と、思い切った。

f0231393_15321426.jpg

案内された待ち合い所は、気持ちよく涼しくなっていて
冷たいお茶も飲み放題。
畳敷きのベンチに腰かけてひといき入れることができた。

そんなに待つこともなく、順番がきて
靴をぬいで神楽殿へあがり、
何組かの方々と一緒にお祈りをきいて
名前を呼び上げられ、一緒に祈ります。
外の暑さと賑わいを忘れるひととき。
ご祈祷を終えてから、
お札と「御饌」(みけ)という神さまのお供えしたお米をいただいて
無事ご祈祷終了。

外に出ると、ふたたびの炎天と、賑わい。
少し先にある売店で、
こんなお方に遭遇。

神宮御料酒「白鷹」の隣に
何やら動かぬふんわり白いかたまり。
何なに?と気づいたのがNちゃん、
ぽんとつつくと、むくっとこっちを向いたのは
白い鶏?
白鷹じゃぁないよね?
なんでこんなところに?
みんなで顔を見合わせて笑った、不思議な白い鶏でした。
f0231393_15323272.jpg

by sarakosara | 2013-09-29 15:38 |
<< 旅の終わり 式年遷宮 >>