このごろのこと

企業健診を扱う私の仕事は例年春と秋が繁忙期なのですが
今年の11月の仕事は、その想定を超えるような忙しさで
やってもやっても次が来て、達成感が感じられず
私より若い職場の友達もぐったりしているような状況が続いています。

夕飯の支度をして、寅さんとやれやれの晩酌をすると
もう何をするのも面倒になってしまい
よし、今日こそはご飯のあとに更新だと
幾度思いながら布団にもぐってしまったことか。

しかし、こんな繁忙期を過ぎると
年明けの1月から3月は仕事が休みになってしまいます。
前回は父のことがあって冬はそのまま家にいましたが
以前やっていた確定申告時の役所の短期仕事にまた声をかけてもらったので
来年の一月下旬から3月いっぱいはまたそちらで仕事をすることにしました。
4月からはふたたび今の仕事に戻るという
珍しい変則的な働き方。
ほんとうは春までの3ヶ月間は家にいたいなぁとちょっと思っていたので
声がかからなかったらそのままでと思っていたのですが
一年飛ばしたにもかかわらずまた呼んでもらえた。
それなら働けるうちはと、先週結論を出しました。

来月には父の一周忌を繰り上げて予定しています。
喪中の挨拶状の宛名書きも終え、ポストに投函しました。
ちょうど昨年の今ごろから体調を崩した父、
同じ季節を迎えてあれこれ思い出すことも多いこのごろです。

f0231393_18264310.jpg

友達との旅も楽しく終えました。
すっかり遅くなってしまったけれど
自分のための記録としても、二回ほどにわけて書くつもり。

今月はひと息つけるはずの週末も
たまたま色々な用事や約束が重なってしまい
みなさんのところもご無沙汰続きでした。
今日もミコと久しぶりに出かけて
遅ればせながら教員採用試験合格の
私からの心ばかりのお祝いを。

仕事の方もようやく、ようやく
今週はほんのちょっとだけ山の向こうが見えてきそう。
更新、訪問も少しずつ再開しようと思っています。
by sarakosara | 2013-11-24 22:04 | 日々
<< 旅は道連れ 霜月 >>