立冬の北陸  富山の路面電車

さて、少しずつ昨年の11月の北陸3県の旅のお話の続きから。

白えび天丼のお昼ご飯でお腹がいっぱいになったので
夕方のメインイベントの前に
少し街を歩いてみようということに。

まずは駅の南側から県庁方面へ向かってみようかと
駅前からまっすぐ伸びる大通りを歩く。
ここは富山地方鉄道の路面電車のルート。
ゴトゴトと昔懐かしい雰囲気の路面電車が走ってきます。

f0231393_1721829.jpg


駅前でみた最新型のトラムが
新車両なのだと思い込んでいたのですが
後々になって、このふたつの電車は
違う運営会社の違う路線なのだと知りました。

懐かしい雰囲気の電車が、富山地方鉄道のレトロ電車
モダンなトラムが富山ライトレールのポートラム。
ポートラムは写真を撮りそこねたのですが
2両連結のおしゃれな感じの路面電車でした。

街の風景にとけ込むように走る路面電車。
そんな市電は各地にまだ元気に走っているけれど
ここ富山の街でも
駅の南と北をその二つの路面電車が走り活躍中です。

f0231393_1731945.jpg

車の川の中州をゴトゴト走る姿がなんだか好きで
この時もすぐにカメラを向けました。
デザインは九州新幹線など
九州旅客鉄道の列車を数多く手がけた水戸岡鋭治氏。
普通の市電の軌道を走る観光用の車両とのことで
そうと知っていれば、ちょっと乗ってみればよかったなぁと思いました。

またしばらく歩くと市役所の展望台が見えてきます。
玄関の守衛さんに訊くと無料で上れるというので
最上階へ。
雨あがりの日差しは穏やかだけれど遠くはかすんで
残念ながら立山連峰は見えずでした。

f0231393_1727523.jpg

見渡せる日ならこんな風景が広がっているはず。

f0231393_17301061.jpg

これだけの高い山々が連なって見える様は壮観だろうなと
見えない山々に未練たっぷり。

次は暮れないうちに、駅の北側に向かいます。
by sarakosara | 2015-01-07 22:59 | | Comments(4)
Commented by fruitbox-55 at 2015-01-08 23:01
お、コメント欄、開いてた^^v

北陸へは行った事が無いのですが、
寒いときに、寒いところを旅するのもオツなもの^^
今頃はきっと雪がいっぱいでしょうね。

↓こちらのお年寄りは歳夜とも年取とも言いますよ。
すっかり、こちらの言葉かと思ってました^^

今年も宜しくお願いします^^
Commented by sarakosara at 2015-01-08 23:47
みみなりさん
ずっと閉じっぱなしでしたものね、年明けはしばらく時間があるので、みんなとお話したいなと思って、ありがとう^^
更新も快速運転かもしれません、勝手ばかりします。
ちょうどこの旅行のすぐあとに大荒れで雷も鳴ったとか、鰤起し、ちょうどこの季節なんですよね。それにしても今年は大雪ですね。

おお!歳夜、年取、みみなりさん地方でもそう言いますか^^
お年寄りは昔ながらの言い方に愛着があるのでしょうね。
祖父は山形の血筋だとか、北海道も東北からたくさんの方々が開拓に行ったのでしょうから、方言が同じところも多いのかも、なんだか嬉しいなぁ。
今年もどうぞよろしくお願いします^^
Commented by gabrielleraphael at 2015-01-09 21:04
さらこさん、富山で甘エビとか美味しいお寿司とか食べた〜?よね。当然だよね〜。????
Commented by sarakosara at 2015-01-09 22:48
ガブさん
食べた、食べた、それも旅のお楽しみのひとつだもの♪
富山湾は白えびが有名なのよ。天ぷら良し、お刺身良し。
海の幸や日本酒も美味しいところでね、そんな写真も後日^^v
ところで、ガブさんの絵文字?可愛い!
知らなかったけれど??や??も出るんだね??
<< 立冬の北陸 世界一美しいスタバ 掘りごたつでお正月 >>