さよなら北斗星

今日の昼にテレビをつけると
さよらな北斗星のニュースが流れていました。

青い寝台特急として長年親しまれてきたブルートレイン
日本各地を走っていたブルーとレインも
この北斗星で最後の運行となった。

日本初のブルートレインは
1958年から走り始めた「あさかぜ」
この年に私は生まれ
そして上野から札幌へ走る「北斗星」の運行開始は
1988年の3月のこと。
この年の2月にミコが生まれました。
そしてまた今日、私の誕生日の朝、上野に最後の列車が到着
不思議な縁を感じる
私と同い年のブルートレインが幕を閉じました。

f0231393_16174835.jpg


特徴のあるヘッドマークをつけて
走るブルートレインは憧れ。
高校の修学旅行で九州へ行った時もブルートレインでした。
中でも北斗星は両親の故郷、
大好きな北海道へ走る列車として
その姿を見かけるたびに、いつかはと思い続け
そして一度だけ乗っことがあるのです。

それは父も一緒に家族そろってでかけた夏のこと。
その時にブルートレインならではの出逢いがあったことも
懐かしい思い出。

その時のことは、
以前のブログに夢を運んだ北斗星として書きました。


こうして愛されてきた列車が姿を消していくことは寂しいけれど、
時代の流れの中では致し方ないこと。
車体の老朽化と新しい主役新幹線の開通で
また次なる時代の始まりなのでしょう。

群馬の夏旅のことを書こうと思っていたけれど
お昼のニュースをみて
急遽北斗星のことを書いておきたくなりました。
日本全国のブルートレイン、お疲れさまでした。
by sarakosara | 2015-08-23 16:38 |
<< 閉眼法要 群馬で夏休み >>