韓国ソウル ライブ旅行 韓国のライブ事情

泊まったのは東大門区の新設洞(シンソルドン)のホテル。
日本語ができる従業員のおにいさんに
近所でキムパッが食べられるところを教えてほしいと頼むと、
簡単な地図を作ってくれた。

キムパッとは韓国式海苔巻きのこと。
酢飯じゃないこと、キムチやナムル、
牛肉やチーズなど、中身の具が少し違うが
日本の太巻きとよく似ている。

食道のアジュマ(おばさん)が
笑顔で種類など説明してくれて
韓国語が少しできる友達が
発音のポイントなど、にわか講師で伝授してくれる。

f0231393_2250251.jpg

韓国で食堂にはいると
必ずといっていいほど、キムチやたくあん、ナムルなどの
簡単な副菜や漬け物がついてくる。
写真はビビンパッを食べた時の副菜。
アジュマが、おかわりは要るか?と、たっぷりサービスしてくれた。

お腹が満たされたので
さっそく地下鉄でコンサート会場の蚕室(チャムシル)室内体育館へ。

f0231393_22503615.jpg

秋晴れの気持ちいいお天気。
チャムシルはオリンピック公園がある場所で
広々して緑も多い。
ちょうど銀杏が色づく頃で
サッカースタジアムなども近くにあるため
三々五々歩く恋人や親子連れもみかける。

会場に近づくと日本では見かけないあるものが
次々と目に留まる。
それは米花輪。

f0231393_22505273.jpg

韓国で多く見られる、お米を積み上げた「花輪」のことで
ファンから贈られる事が多く、贈られたお米はその後
児童養護施設などへ寄付される。

f0231393_22514915.jpg

ファンが資金を募ったりしながら趣向をこらして
応援するアーティストのために贈るもの。
見て歩くだけでも楽しい。

f0231393_2252185.jpg

いっぽう、韓国の若者にとって、こうしたコンサートのチケットは高額で
なかなか気軽に行くことができない。
チケット代は日本と同じ8000円から9000円。
台湾などは、もっと高額になることを思えば
べらぼうな額ではないけれど
やはり若い子には負担になる金額だ。

そのうえ、韓国では無料のライブも多くて
無名なバンドの路上やライブハウスでのコンサート
有名どころの合同コンサートさえ時折無料で行われる。
となると、高額チケットを買ってまで
コンサートに行くことも少なくなる。

なので、ソウルライブといっても
海外からの観客も少なくない。
むしろそれを当て込んでいるふうでもある。

私たちのような日本からも多いし
最近は中国、台湾、東南アジア、そしてヨーロッパ
アメリカなど欧米からの観客もけっこうみかける。

f0231393_22521863.jpg

久しぶりに本国でのライブをする彼らにとっては
日本の横浜アリーナや代々木よりも小さな会場で
三階に空席があったりするのは
寂しいことだろうなと思う。
お国の事情も感じるソウルコン。

とはいっても、やはり本国でしか味わえないものもある。
彼らも気合いが入るし
私にとっての初ソウルライブ。
とても楽しみだった。
by sarakosara | 2016-01-31 22:59 |
<< 春待ち 韓国ソウル ライブ旅行 仁川か... >>