be OK

スマがかつての職場で
仲良しだった先輩先生の結婚式で帰ってきた。
正式な結婚式の招待は初めて。
礼服に白のネクタイで
テンションあがるな〜と、いそいそでかけていった。
三年社会人をしていたけれど
年齢より幼く見えるから
院で三学年年下の子達といても少しも違和感がないスマ。
けれど、こうやってきちんと礼装をすると
やはり大人びてみえる。

毎日夜中まで実験の日々
とことん追い込まれていることも、こんな時には話してくれる
色々悩みは尽きないようだが
離れて暮らしているので
そんな細かい日常のことはふだんは見えてこないから
私としては助かっているし
結局最終的には自分で決めてきた今までだし
それでいいと思う。
いくつもの良き出逢いにも恵まれたこと、それで十分だ。

f0231393_17284457.jpg
いっぽう私
今月は大好きなCNBLUEの5周年の
ライブツアーがあってライブ三昧。
彼らもスマと同じ年頃。
やはり悩み迷う日々を曲にすることも少なくなく
リアルタイムでスマと重なることもあり
それだけに愛おしくて
何かを模索しながらつかんでいこうとする姿に共感する。

今回のツアーアルバムの
オープニングの曲「be OK」
最初に聴いた時胸にしんと沈んでくるような歌詞とメロディに
惹き付けられた。

誰しも道に迷っていた時があったはずなのに
大人になるうちに、そんな日々を忘れていくのかもしれない。
怖いものが少しずつ減っていると思うのも
そんなことなのだろうか。
でも、大丈夫、
be OK と言ってきた日々もどこか胸の奥にあるはずだ。



Twitterに訳詞をあげてくださっている方がいた。

Be OK

ひんやりした空気が
僕の目を覚まし 蘇らせる
いつものように

それから 僕の中の暗闇を
取りのぞこうとしたがる

鏡の中の自分と向き合う時だ
誰かが 僕を見ている
映った姿は僕の別の姿
ただ 微笑みたいだけだよ
大丈夫さ


「上手くいくさ」
誰かが僕に伝えてくれる
でも
「嘘だ」
吐き出せないけど

僕が 胸のうちで抱いていたものじゃない
ずっと何か無くしてしまったと思ってる
望んでいたものじゃない
でも 言い聞かせよう
「大丈夫さ」



朝には
すべてのものが
活き活きしている
いつもと同じように

でも まだ 暗闇が僕を 落ち込ませる
自由にさせてくれない

鏡の中の自分と向き合う時だ
誰かが僕を見ている
映った姿は僕の別の姿
ただ 微笑みたいだけ
大丈夫さ

「大丈夫かい?」
誰かが 僕には尋ねたとしても
「大丈夫さ」大声で叫ぶさ
大丈夫だよ





by sarakosara | 2016-11-13 15:11 | 好きなこと
<< 二の酉 寒露の夜 >>