嵯峨野さやさや

竹林を通り抜けると、やがて嵐山のメインストリート。
Mちゃんのお薦めの甘味屋さんがあるというのでついて行ったのは
渡月橋にもほど近い
X cafe(イクスカフェ)というお店。

f0231393_12083088.jpg
旧豪邸をリノベーションしてあるらしく
石庭や緑の美しいお庭を見ながら甘味が楽しめる
とても雰囲気の良いところ。

色々魅惑的なメニューがあったものの
思いの外お腹がすいていなくて迷った末に
京黒ロールの抹茶味を二人で半分に。
黒い生地は竹墨が練りこんであるとのこと
もっちりした食感で、クリームも抹茶のほろ苦で美味しい。
これなら二つ一人でいけたかも。
また足を運んでみたいお店です。

f0231393_15282267.jpg

Mちゃんとは、6年前の春に
山口のKちゃんも一緒に三人で大阪で会う約束をしていました。
しかし、その直前に東日本大震災が起きて
我が町は計画停電もあったり
関東圏も少なからず影響があり
私がとても旅行に行ける気持ちじゃなくなってしまって
大阪を味わってもらおうと、あれこれ計画を立てていてくれたMちゃん
三人で会うのは初めて、と楽しみにしていてくれたKちゃんには
ほんとうに申し訳ないことをしてしまったと
それからも時々思うことがありました。

今回ももし叶うなら
山口のKちゃんにも声をかけてみようかなと思ったのだけれど
お嬢さんがお産で帰ってこられるという記事を見ていたので
それはまたの機会にして
まずは、せっかくひとり時間の取れる今回
Mちゃんに会えたらいいなと
思い切って誘ってみたのです。

「あの頃楽しかったね〜」
と、Mちゃん。
「うん、楽しかったね」
そう返事をしてから、Mちゃんの言う、あの頃を思い出していました。

f0231393_16300770.jpg
あの頃はブログに夢中だった。
時に現実の生活がなおざりになるくらいに
仕事から帰るとパソコンに向かって
みんなの記事に一喜一憂して。
感情移入しすぎて友達との距離もうまくとれず
正直言って、私には楽しかっただけではなく
ほろ苦い思いもいっぱい詰まっている時間でした。

遠くの国の友達の話も出ました。
ちょうどオバマ大統領が誕生した時だった
彼女の気持ちも浮き立っていたっけ。
あれから8年。
どうしているのかなぁと思う人達は他にも何人か。
そして、もっと遠くの国へ旅立ってしまった大切な人もいた。
色々なことが変わって
それぞれの今がある。

ちょうど偶然
その「あの頃」を共有していた
別の友人から、年賀の返事のメールが届いていたので
行きの新幹線から
これからMちゃんに会いに行くこと
嵯峨野を二人で歩くことを伝えると
よろしくと一緒に、懐かしい歌のことが書かれてありました。
それからしばらく、この歌が頭の中でくるくる。



もうブログを書かなくなってしまった方も多いけれど
今も変わらず、こうして語り合える存在でいてくれる友達に感謝。

スマのところへ行く路線を念入りに教えてもらい
これからもよろしくね、
また会いましょうと、さようなら。
ありがとう、トックン。




by sarakosara | 2017-01-22 16:17 |
<< とっておきの時間 あの日の景色 >>