甘くてすっぱい

先週半ば、スマは帰っていった。
いつもの帰省なら、友達と会ったり
ろくに家にいないので
ひと月あまり、こんなに家にずっといたのは小学生の頃以来かな。
そのせいか行ってしまった日は
仕事から帰ると、しんとしたリビング
ぽっかりと寂しくなって
あれこれスマのものを片っ端から片付けた。

しかし数日たってみると
散らからないリビング、少ない洗濯物
朝もバタバタせず自分の時間が取れるし
うん、これもやっぱり楽。
就職活動もすべて順調とはいえないようだが
こんなことがあると、
多くは望まない、
来年なんとか自分の身を立ててくれればそれでいい
元気であってくれればそれでいい、そう思う。

6月は仕事も山だし
他の用事も立て込んで
やっと何もない土日。
寅さんは同窓会でいそいそお出かけ。
私ものんびり
サンドイッチとよく冷えたお茶で一人のお昼。
ベランダのゴーヤもだいぶ伸びてきて緑が気持ちいい。

f0231393_15205952.jpg

今日はミコが久しぶりに泊まりにくる。
彼が臨海学校で泊まりだから行ってもいい?と
今週初め連絡があった。

ミコも今年は仕事で初めての大きな壁にぶつかっている。
今までも小さな山はいくつもあったけれど
周りの人たちに恵まれ、なんとか乗り切ってきた。
しかし、今度の山はミコにとってかつて無いほど大きいようだ。
今年は新しい町、新しい環境でまだ要領も得ないまま
さらに負担が増えているらしい。

やめたいなという言葉がなんどもでる。
やめてもいいんじゃない?
そう言ってやりたい
実際婚約者のY君も
身体を壊したら元も子もないよと言ってくれているようだ。
しかし子ども相手の仕事。
なんとか心を通わせて
今年度を乗り切りたいという一心で頑張っている。
またここを踏ん張れば、きっとミコも達成感と一緒に
またひとつ成長するのだと思う。

今回の抜擢は冷静な目で見てもミコに押し付けられたように思われるふしがある。
でも世の中理不尽なことはいっぱいある。
どんな仕事だって甘いもんじゃない。

f0231393_15244916.jpg

今夜はミコの好きなものをたくさん作って
ふたりで乾杯しよう。
愚痴も、うんうんといっぱいきいてやろう。

可愛いさくらんぼも買って来た。
ミコには初物だといいな。
東を向いて笑って食べよう。
世の中甘いものじゃないけれど
甘くてちょっぴりすっぱいさくらんぼだ。




by sarakosara | 2017-06-24 16:28 | 家族のこと
<< 夕涼み 紫陽花の季節に >>