秋の気配

9月。
カレンダーに合わせたように
関東は少し冷たい、乾いた風が吹いている。
気がつけば、朝陽の差す位置も変わってきている。
夕暮れも早くなった。

f0231393_16542983.jpg

先日我が家の建築を頼んだ住宅メーカーから
吊り戸棚の固定確認のお知らせという文書が届いた。
なんでも、施工建物で吊り戸棚の不具合があったとのこと。
全てのお客様宅で確認作業をすることになったという。

わぁ、面倒くさいな‥
と思ったものの、地震も心配な昨今、
タダで点検して補強もしてくれるというのを断ることもない。

とはいえ、とはいえである。
我が家は夫の両親、私の父と三世帯住宅だったので
締めて9箇所もの吊り戸棚があることになる。
点検の日は中身はいったん出さなければならないらしく
父のところも、寅さんの両親のところも
まだ片付けていない食器など入ったまま。
週末に少しずつ片付けるとして
点検は10月末にしてもらった。

昨日手をつけた吊り戸棚には
各種書類の他に手紙の入った大きめの菓子の缶が三つほど。

今回は食器類も思い切って処分していくつもりなので
手紙も同様、思い切ってと思っているけれど
何も見ずにバッサリと捨てることはできず
確認しながら、古いものを中心に
3分の2ほどを減らすことができた。
中には名前を見ても、さっぱり思い出すことができない人がいた。
内容を読んでも思い出さない、ナンジャラホイ。

残った三分の一はやはり封書が多いけれど
ちょっとした一言が残る葉書もある。

いずれは全て処分するつもりだが
時間ができたら一通ずつ読み返し、それからと思っている。

中に一通、葬儀のお礼の手紙があった。
印刷されたもので、この類のものをずっと取ってあることはないのだけれど
捨てられずにとってあったらしい。
夕焼けの好きな人、そんな秋の日に逝ってしまった。

その友人が好きだと言った歌
オフコースの「秋の気配」
どんな思い出があったのか、きかずじまいだったけれど
この歌を聴くと彼女のことを思い出し
秋が来たんだなぁと思う。


f0231393_17484199.jpg

母がいた頃、秋が来ると淋しいと言っていた。
母は今の私より若くしてなくなったから
一概に年齢でそう感じたのではないだろう。

私は秋が好きだから、淋しいとは思わない。
けれど、やはり秋の風が吹くと、どこか人恋しくなる。








by sarakosara | 2017-09-03 18:08 | 日々
<< 犬猿の仲 秋田の伯母 >>