雨の夜の夢

先月の誕生日に友達から
塩まくらというプレゼントが届いた。
まったく知らなかったけれど、
文字通り、塩が詰まった枕。
少し硬めの寝心地だけれど、ひんやりして頭にしっくりなじむ。
愛嬌のあるシロクマ君の絵柄もいいんだなぁ。

f0231393_22433491.jpg

そんな枕で安眠のこの頃だっけれど
日曜日の夜中に窓を打つ雨音で目がさめた。
風もゴォゴォ鳴っている。
遠くを台風がとおっているんだ。

雨音を聴きながらまた眠り
夢を見た。

オフィスの大きなテーブルいっぱいに
色とりどりの校正刷りの印刷物が広がっている
ひととおり校正した後
クライアントに持っていくように社長に言われた。

持っていく段になって
相手方の担当の名前を聴くのを忘れてしまったことに気づく
社長は出かけてしまった直後
慌てて追いかけて、やっと追いつくが
そんなことも知らなかったのかと叱られてしまう。

午後一番でと頼まれていたのに
気がつくと午後5時まで後少しの時間、
大慌てでクライアントに着くと
今度は自分の名刺を持って来るのを忘れたことに気づく。

仕方ないので、名刺は無しで入っていくと
まるで裸の王様そのままのような社長が出迎えてくれ
ゆったりとしたソファーと
果物が山盛りいっぱい盛られた皿のあるテーブルのある部屋に案内された。

まぁまぁ食べなさい、飲みなさいと
まるで仕事のことはそっちのけ。
名刺交換の挨拶がなくてホッとしたものの
気がつくと、自分の周りに女の人がいっぱい
ぎゅうぎゅう詰めにソファーに腰掛けている。
向かいのソファーには裸の王様。

なんだ、なんだ、これは?というところで
目が覚めた。

f0231393_15283583.jpg

小さな出版社に勤めたいた20代の頃
企業の健康保険組合や、年金基金の出版物を取り扱っていたので
たまに大きな会社のクライアントに
校正刷りを持っていくことなどがあった。

たいがい組合の長の方々は
20代の私には父親よりも年配と思われる方も少なくなくて
緊張したものだ。
おおかた駆け出しの若い女性と思うと
優しく接してくださったけれど
中には礼儀作法に厳しい方もいた。

ある時、クライアントへの校正運びも少し慣れた頃
どうやら私が生意気な口の利き方をしたことがあったようだ。
社に戻ってすぐに社長に呼ばれ
会ってきたばかりの担当者から電話があったと。
そして、私の態度、受け答えについて注意された。

私としては一人前に仕事をこなしてきたと
意気揚々として戻ってきたばかりだったので
ガツンと頭を殴られたようにショックだった。

なぜその場で言ってくれなかったのだろう。
なんで社長に電話で伝えなければならなかったんだろうと
悔しさと情けなさでいっぱいになった憶えがある。

直接言うのはためらわれたのだろうか
それとも上司にきちんと事実を伝えておきたかったのだろうか。
しかしその後、その方が退職されるまでの数年
何度となく足を運び
互いに信頼しあえるようになった嬉しさは
その時があったから、なおのことだったと思う。

今朝の夢はやっぱり夢、
辻褄が合わず、おかしかったけれど
そんな頃も思い出させてくれた。




by sarakosara | 2017-09-19 23:10 |
<< 母の香りZen 犬猿の仲 >>