待ち人来たる 仙台より

ミコの夫Y君は、仙台出身。
お父様はY君が大学生の時に病気で亡くなられ
仙台の実家にはお母様と妹さん家族が住んでいます。

5月の連休に一度顔合わせのために
埼玉にきてくださり、
みんなで食事をしました。

妹さんの息子ちゃんを連れて
東京見物も兼ねていたのに
お土産をわんさかいただいて
呑兵衛夫婦のために重いお酒まで。


f0231393_16354290.jpg

そして今回は結婚式場を見ておきたいということで
先日の三連休、お母様一人での上京。
ミコ達と三人で式場を見たあと
今度は我が家の近くで食事でもしましょうと
そしてよかったら泊まりは我が家へとお誘いしました。
元三世帯の我が家、部屋はいくつでも(笑)
遠慮されるかなぁと思ったけれど
快く、それならお言葉に甘えてと来てくださって。
嬉しかった。

今回も仙台名物をお土産に。

f0231393_16494416.jpg
Y君のお母様は私と同い歳。
長身ですらりとかっこいいところは違うけれど
同世代の気安さもあり、
もともとさっぱりとおおらかなお人柄で
すぐに打ち解けることができました。

二人だけでゆっくり話す機会が欲しかったので
3時過ぎの新幹線に間に合うように送りがてら、
ランチでもどうですか?とお誘いしたら
これまた喜んでと快諾。

仙台のお孫ちゃんへのお土産を買った後
探しておいたカフェへ向かいました。

Y君とミコとの出会い。
二人の子供時代のこと。
今はなきご主人のこと。
スマやシングルマザーの妹さんのこと。
震災の時のこと。
たくさん、たくさん、話しました。

f0231393_17323352.jpg

Y君は仙台を心から愛しています。
また、父なき今、お母様と妹さんのことも案じている。
いつかは、できたら帰りたいと思っている話もミコからきいている。
でも、仕事のことはもちろん
ミコや私たちのことも慮って
どうしたものかと思案しているらしい。

そんな話をきいていたので
結婚前からミコには
Y君が仙台へ帰りたいと言った時は
お父さんやお母さんのことは気にせず
ついて行ってと言ってありました。

以前は娘は身近なところにいてくれたらと思ったこともあった。
けれど、私自身、父のことを大切にしてくれる人と結婚したいと思い
寅さんはその気持ちに寄り添ってくれたことを思うと
ミコにも、何より好きな人の気持ちを一番にしてほしいと思う。


ご主人の遺した会社の仕事、いつもの自分の仕事
家族のこと。
今は自分の自由な時間なんかないらしい。
「主人が亡くなってから
ますます大雑把で男っぽくなちゃって」と笑うけれど
秋風みたいに爽やかで素敵な飾らぬ人。

宮城県の有名なブランド米はひとめぼれ。
まさに娘婿のお母さんに、一目惚れ。

仙台に親戚ができたことも嬉しくて
新幹線の改札で、また今度、と手を振りました。







by sarakosara | 2017-10-15 23:07 | 家族のこと
<< 棚からぼた餅? 母の香りZen >>