2017年 06月 04日 ( 1 )

紫陽花の季節に

お久しぶりです。
すっかり更新も休んでしまい
前回の記事が節目みたいな内容だったので
もうやめてしまったの?と思われた方もいらしたかもしれませんが
そんなわけではぜんぜんなく
むしろ気持ちも新たに書き始めようと思っていたのに
いろいろなことが重なり、パソコンをゆっくり開くこともないような日々でした。

f0231393_17513069.jpg

4月後半に私自身が体調を崩してしまったのをかわきりに
ミコの新任先での今までになかったような苦戦を心配し
やっとゴールデンウィークに体制を立て直せそうになった矢先
連休は帰らずに
実験装置が思う存分使えるから研究室に残ると言っていたスマが
体調不良で帰ってきました。

風邪だと思うけど熱が下がらないと連絡があり
翌週に義父母の法事があるから
一足早く帰ってきてこちらにきて養生したら?と
少し落ち着いた時をみて帰ってきました。

京都で一度近くの病院にかかって風邪だと言われたとのことだけれど
夕方になると熱が出る繰り返しで
さすがにおかしいと思った頃
スマの頸部のリンパ節の腫れに気がつきました。

これはおかしいからとまたこちらで病院にかかり
脾臓の腫れや、肝機能の低下などから
伝染性単核球症だとの診断。
気づかずにこじらせると死に至ることもあるらしく
入院してもいいが特効薬はなく対症療法のみ
とにかく栄養をとって絶対安静にしているのが治療法なので
実家にいるなら家で療養でも構わないとの診断でした。

それから約ひと月
その間にも顎の下のリンパ節も大きく腫れ始め
悪性リンパ腫の可能性も捨てきれないと
大きな病院の紹介状をもらって受診したのが先週のこと
血液の数値が徐々にではあるが良い方に下がっていること
生検となると一つの手術なので体に負担をかけてまで急ぐこともない状況だから
夏頃にもう一度血液データを見てから生検するかどうか決めましょう。
しかし、ほぼ伝染性単核球症であるだろうと
ホッと胸をなでおろす診断でした。

私の仕事も忙しい時期に入っているけれど
スマには栄養と安静が第一というので
果物や野菜をたっぷり買って帰り
一人暮らしでは食べられない家の料理を手をかけて作り
朝も昼の分を用意して出かけ
寅さんとの二人の生活にどっぷり浸かっていた身には少々堪え、
それにも増して病気の心配の方がいっそう心身に堪えました。

就活時期にも重なっているため
本人も気が気ではない様子だったけれど
そのためにも今は安静しかないとここは我慢。
先週の診断で、やっとあと一、二週間家で
少しずつリハビリをして京都での生活に復帰しても良いとの目処がたちました。

今日は書類が通った会社の面接が大阪であり
ついでに一旦あちらの部屋にも寄ってくるとスマ。
こんな長居になるとは思わないまま部屋を空けて来たので
ゴキブリ屋敷になっていないか心配だよと苦笑い。

今日は母の祥月命日。
今年は三十七回忌にあたると先日お寺から連絡があったけれど
法事はせずに、お塔婆を立てていただき
母の好きな花をいっぱい持って
昨日寅さんとスマと三人でお墓まいりをして来ました。

今朝も初めての面接で少し緊張した面持ちのスマに
場合によっては就活どころではなかったもしれないのだもの
今日こうして元気に出かけられることになったことに感謝しなくちゃね。
そう言うと、ほんとうにそうだねとスマも穏やかな笑顔。

f0231393_17522152.jpg
スマが朝早く出かけてから
寅さんと買い物ついでに紫陽花をひと鉢買って来ました。
父の庭の大きな紫陽花が病気になってしまい
泣く泣く切ったのが昨年の秋のこと。

母が愛した紫陽花、
その紫陽花をまた愛でた父。
その紫陽花はもうないけれど
道々に紫陽花が咲く季節になり
今日も36年前のあの日のように穏やかな夕暮れになりました。

f0231393_17531487.jpg
更新しない時に撮った写真
花々のこと。
出来事など、またぼちぼち更新していきます。







by sarakosara | 2017-06-04 18:03 | 日々