カテゴリ:旅( 77 )

化野念仏寺

念仏寺、ここはかつて風葬の地だったとのこと
野ざらしになっていた遺体を
空海が供養したことがこの地の始まりだそうです。

京都には、鳥辺野(とりべの)、化野(あだしの)、蓮台野(れんだいや)という
三つの風葬地があったと言われており
化野のあだしとは、はかないとか、むなしいという意味があり
このあたりは、あだしなる野辺と言われていたのが
化野となったのだといいます。

西院の河原。

f0231393_19253858.jpg

儚いの変換をしていたら、
墓ないと出てきて、偶然とはいいながら
まさにお墓のない人たち野ざらしになった人たちの
供養のためにできた場所だったのだなと。

Mちゃんに聞いた話では
鳥葬という風習もあり、その場所もあったそうで
やはり野ざらしになった遺体を鳥がついばむ形で弔う。
これを酷いと思うのか
あるいは、自然に帰っていくととらえるのか。

今ではありえない形ではあるけれど
誰もがいつかはたどり着く死というもの。
そしてお墓というものへの考えを
あらためて思うものであり
互いに一人っ子のMちゃんと私。
親のお墓や仏壇の話
そしてやがて迎えるであろう自分の最期の時のことも
少し話しました。

f0231393_19301504.jpg
トーラナという鳥居の原型となった
日本でも珍しい三層の門が
仏舎利塔の前に建っています。
お寺に鳥居?と思ったのですが

トーラナがインドの仏教寺院やヒンドゥー教寺院にみられる門のことだそうで
それで納得というわけ。

本堂のそばに
こんな言葉が書かれていました。

f0231393_19361043.jpg
出典はわからないのですが
なかなか深くて面白い。
豆腐の美味しい嵯峨野ならではの例えなのでしょうか。
なかなか豆腐のような女人には程遠い我が身を
思い知るばかりだけれど
終わりの三行がいいなと。

豆腐の如く柔らかくてしかも形を崩さぬ
味がないようで味があり
平凡に見えて非凡

もう一つ、そのそばにこんな言葉も。
f0231393_21175180.jpg
俗世間つもり違い十ヶ条。
ああ、わかるわかる。
こちらは、すっとわかります。
煩悩は捨てきれないし
欲もまた。
生きていくって奥深いものです。



by sarakosara | 2017-01-16 19:49 |

念仏寺への道

京都駅からJRの在来線に乗り換えて降りたのは嵯峨嵐山駅。
そこから一緒に歩いたのはブログの旧友Mちゃん。

もうずいぶん前に初めて会った時、
歩き潰したという靴を片手に持っていて
びっくりしたり笑ったりしたのも懐かしいこと。
だから歩け、歩けはお手の物と思い
前もって、いくらでも歩きますよ〜と伝えてあった。
私のリクエストは化野念仏寺。

f0231393_18312388.jpg

穏やかに晴れ、そぞろ歩きにはもってこい。
道案内は任せたよと大船に乗ったつもりだったけれど
案外方向音痴なのよぉと言いながら
でも今はこれがあるからねとスマホ片手に笑うMちゃんについていきます。

平日、しかも化野は少し奥まったところにあるためか
観光客の姿もまばらで
うらうら静かな田舎道が続きます。
少し勾配があるのか
おしゃべりしながら歩くと、軽く息がきれる感じ。
私より少し年上のMちゃんは涼しい顔で颯爽と。
さすがテクテクのプロ。
聞けばハイキングのサークルに入ったのだけど
80代のお年寄りがそりゃぁ元気とのこと。

竹細工の店やおみやげ屋さんが並ぶ通りに出ると
現れたのは異様な姿の達磨さん。
ちょっとぎょっとする姿。眉毛でお目目もかくれているし。
f0231393_17182145.jpg
日本一の良縁ヒゲダルマとある。
お互いまだ独身の子がいるので
これはありがたくご利益にあずからねばと、お髭をなでなで。
good match of top of Japan と書いてある。
top of Japanにほんまかいな?と言ってはご利益はないでしょう。
お願いしますね、ダルマさん。

f0231393_17364564.jpg
まだ正月飾りのある鮎料理の店が数件並ぶあたりを通りすぎると
化野念仏寺への入り口が見えきました。

念仏寺はもう40年近く前
高校の卒業の時に
友達数人で卒業旅行に来たところ。
当時はanan nonnoが女の子に人気の雑誌で
アンノン族は雑誌片手に旅に出た
まさにそんな流行に乗って、この地を訪れたのだと思う。

f0231393_18130467.jpg
その時に念仏寺までの道で
とても印象に残っていたのが
開けた風景の中の田舎道。
田んぼでも畑でもない、そんな記憶があるのだが
念仏寺への道すがら、
その記憶の中の風景はなかった。

f0231393_18150951.jpg
Mちゃんも一緒に、ここら辺かしらと探してくれたけれど
どうも違う。
もしかしたら奈良だったのかも。
私の記憶も曖昧で自信がないし
風景も当時とは変わっただろう。
家もけっこう建ったのかもしれないしねとMちゃん。

果たしてその記憶の中の風景は見つかったのか。

続く


by sarakosara | 2017-01-16 18:25 |

三十三間堂のお餅

今日は鏡開き。
今回の旅、お餅にまつわるちょっとしたエピソードがあったので
順不同になりますが、京都の最後に寄った
三十三間堂のお話。

私はミコと一緒の二度目の京都で行ったことがあるのですが
寅さんとスマがまだ行ったことがないから
一度は行ってみたいと。
折しも雨降りの一日になってしまったので
本堂の中を拝観できるのもちょうど良いしということになりました。


f0231393_16340135.png

内部の写真は撮れないのでホームページからお借りした画像ですが
ここでは見えない中尊という大きな観音様を中心に
左右にまだまだいっぱい観音様が並んでおられます。

正式名は蓮華王院 三十三間堂。
中尊を中心に左右500体の、十一面千手千眼観世音。
千手観音を蓮華王というのですが、これは観音の王という意味だそうで
蓮華王院という名にも納得でした。
1001体の観音さまそれぞれに十一面。

と、ここで疑問、十一面なら眼は一体につき22眼ということでは?
それなら千手二十二眼では?
そんなことを思って今さら調べてみたら
この千眼とは、千本の手のひらに眼がひとつついているということらしい。
で、実際は手も千本ではなく
胸の前で合掌する二本の他に40本の手があるとのこと
その各一本の手が25の世界を救うものであり
よって20×25で1000ということなのです。

その観音様たちを
28体の国宝の仏像がお守りする形で居並ぶ姿は
何度見ても圧巻。
それぞれ少しずつ表情や輪郭も違い
どこかに自分と似た観音様がいらっしゃるみたいです。

ミコと行ったのは二度とも暑い夏の盛り。
そして今回は氷雨降る冬の最中。
雨の中あちこち歩いたので靴が濡れてしまい
右足の靴下も指先が濡れて
靴を脱いで歩く本堂は冷え切っており
外は降りしきる雨音。
足がジンジンとかじかんでいきます。

と、中尊の前が暖かに明るく照らされていて
なにやら人だかり。
何かと思えば、お正月に観音様にお供えされた鏡餅のお下がりが
いっぱい積まれていて
ご自由にお持ちくださいと書かれているではないですか!
時々取り替えるのか、
お下がりのお餅がたくさん出るようなのです。

包丁は入れず開かれているので
形も大きさもまちまちですが
これをいただかない手はないねと
五つほど頂いてきました。

f0231393_16494463.jpg

縁起物だからと二つはスマに渡し
残り三つ、帰ってきてからさっそく焼こう焼こうと。
鏡開きまで待ってお汁粉にしたらよかったのだけど、待てなくて(笑)
お餅本来の味というのか、とても美味しかった。

観音様のお下がりというだけで
なにやらありがた〜い気がしてくる。
お正月あたりに行くことがあったら
ぜひ覚えておかれるといいと思います。

今朝は缶詰のあんこを開けて
我が家のお餅でお汁粉食べました。
寒い日にコトコト小豆を煮て作りたいのだけど
二人だと持て余しそうで。

でも、この冬、一度はコトコトしてみようかな。



by sarakosara | 2017-01-11 17:19 |

京都へ

京都に行ってきました。
スマがいるうちに泊めてもらって
何度か行っておきたいねと、寅さんと話していたものの
なかなかそれぞれの都合と休みが合わず
他の約束が入ってみたりで、ぐずぐず先延ばし。

結局一年近く経ってしまいそうなので
これは思い切るしかないねと
新年の私が休みのうちにと決まった京都行き。

f0231393_16043616.jpg
今回は私が一日早く発ち
ひとり京都をするつもりだったけれど
もし、もし会えたらと思う友達がいた。
どうしようと迷って思い立ったのがもう年も押し詰まった頃。
まだ松の内なので無理はしないでね、と連絡したところ
年明けに、都合がついたのでランチしましょう
積もる話はその時に、とお返事。
やった〜と小躍りで
ウキウキ京都の始まりです。

一日目は友人と。
二日目、三日目は寅さんも合流して
スマも一緒に三人で巡った二泊三日。

f0231393_16083110.jpg
まずは初日、
友達との待ち合わせは京都駅中央乗り換え口。
2009年に会って以来8年ぶりの再会。
ぜんぜん変わらぬ笑顔が
乗り換え改札の向こうで手を振っていました。

懐かしいけれど、ついこの間会ったような気もするのは
互いの近況を知っているせい?
8年の間には色々なこともあったのに
時間はぎゅっと縮まります。

電車を在来線に乗り換えて
私のリウクエストで化野へ。






by sarakosara | 2017-01-10 16:23 |

韓国ソウル ライブ旅行 仁寺洞

ソウル二日目。
お腹がぺこぺこで、前日のキムパッのお店で
キムパッと、カルグクスをみんなで分けて食べる。
カルグクスとは、日本で言うなら温かなうどん。
ズッキーニによく似た韓国カボチャなどがはいって
とても優しいお味。

ちなみに、韓国語でお腹がすいたは、ペコパ
ペコペコと似ているけれど
この二つの言葉に関係はないそうです。

いったんホテルに戻り
夕方からのライブ二日目の用意だけして
ソウルは初めての私のために
それまで近場を見て歩くことに。

f0231393_1724210.jpg

まずは、仁寺洞(インサドン)。
仁寺洞は骨董品や古美術を扱うお店、
それにギャラリーなどが並ぶ、落ち着いた雰囲気の街。
朝鮮王朝時代には王宮に勤める両班(リャンバン)たちが住む屋敷が立ち並らび
そのリャンバン達が
19世紀末に困窮し伝来の品を売り払う店を開いたことにより
骨董品売買のこの街が形作られてきたという。

通りのわきにも小路があって、
その奥におしゃれなカフェなどがあったりする。

f0231393_1725743.jpg


日曜日の朝だったので
まだ閉まっている店も多く
ぶらぶら散歩がてらにウィンドウをのぞいては楽しむ。

版画なども、手に入りやすい価格のものもあって
なかなか素敵。
時間があれば、印鑑を彫ってもらいたいなと思うが
まだ開店もしていないで、諦める。

韓国伝統の紙「韓紙(ハンジ)」を専門に売っているお店は
開いていたので、入ってみると
韓国ならではの模様がはいった紙製の可愛い小箱やら
見ているだけで楽しい。
色々な美しい柄のチマチョゴリのカードと
韓国伝統のパッチワーク「ポジャギ」の小袋をお土産に購入。

f0231393_17173910.jpg


いったん一休みということで
少し通りを入ったところにあるカフェに入った。
まだ時間が早いせいか
私たちが一番乗りのお客さんらしい。
入り口のドアは開け放たれて
10月の穏やかな気持ちいい風が入ってくる。

f0231393_1731448.jpg


音楽も心地よい。
知らない曲だけれど、
雰囲気のある韓国語のボーカルが流れ
ああ、ここはソウルだなと思う。

何曲めかに、聴き覚えのある曲が流れ
なんだったっけ?
みんなで一生懸命考える。
サントラじゃなかったから、よけい思い出すのに時間がかかったけれど
ハウルの動く城の「人生のメリーゴーランド」だった。
私たちが日本人だとわかってかけてくれたのか
それともいつも通りのBGMなのか。

外に出ると、
どこからか歌声が
日曜日の礼拝があったあとなのかもしれない
少女達が数人集まって
寄付を募りながら歌っていた。
休日の仁寺洞。
by sarakosara | 2016-02-24 19:29 |

韓国ソウル ライブ旅行  トッポッキの夜

ライブが終わったのが9時頃。
それから夕食を食べに新堂洞(シンダンドン)のトッポッキタウンへ。
ここは、CNのヨンファが少女時代のソヒョンと一緒に
「私たち結婚しました」という、仮想結婚番組で訪れたところ。

f0231393_16493075.jpg


トッポッキとは長細い餅のことだが
日本でよくみるトッポッキ料理や
韓国での屋台のものは、
赤いソースと餅のみのものが多いけれど
この新堂洞のものは、それとは食べ方も価格も全く違い、
鍋料理のようにテーブルを囲んでワイワイ食べるもの。

日本のさつま揚げみたいなかまぼこや、ゆで卵、餃子、即席ラーメン、野菜など
それにトッポッキを入れた鍋に
コチュジャンとチャジャンの特製ソースをいれて煮込むスタイル。

f0231393_1792979.jpg


CNBLUEゆかりのお店は
マボンニム・ハルモニ・マンネアドゥルネ
ハルモニは、おばあさんの意味
マンネは末っ子。
マボンニムおばあさんの末息子の店という意味になる。
トッポッキタウンの老舗で
店内は広いうえに、一階二階とある。

ライブの余韻にひたりながらの話は尽きない。
私は海外ツアーは初めての参加だったけれど
常連さんはいつの間にか知り合いになって
私も初対面の方とも
友達を通して挨拶をしたら
共通の話題があるから、すぐに盛り上がることができる。

トッポッキ鍋は思ったより辛くないけれど
ピリッとして美味しい。
色々な具材があるから、それも楽しいし
ふぅふぅ言いながら食べるピリ辛はビールとも相性バッチリ♪

旅行に一緒にでかけたのは4人だったのに
現地で合流した顔見知りの友達も一緒に総勢9人。
まさに、お鍋を囲んでワイワイにもってこいの夜だった。
by sarakosara | 2016-02-14 17:39 |

韓国ソウル ライブ旅行 CNBLUE My Love

時間通りコンサートは始まった。
日本のライブでは二時間半から三時間
ほとんど立ちっぱなしで盛り上がるけれど
韓国では座ってきく人もけっこういて
後ろの人に迷惑だから、私たちも腰掛けて
ちょっといつもと勝手が違うけれど
郷に入れば郷に従えスタイルで。
もちろん、途中からは会場中が盛り上がってスタンディング。

昨日もシンガポールでコンサート。
私たちが観に行った 「 2gether 」のアジアツアーはまだ続いている。

f0231393_1213117.png


CNとの出逢いは5年前
職場の友達から無理矢理(笑)貸し付けられたドラマがきかっけ
そこに出ていたヨンファ。
韓ドラも初めてだったし
ドラマの役柄にも正直、ん?だったのに
ライブシーンのメイキングで
ほんとうに幸せそうにギターを弾きながら歌うヨンファと
その声に恋してしまった。

f0231393_1615778.png

彼らは日本ではバンドとして活動しているが
本国ではアイドルのくくりに入る。
お国柄バンド文化は日本に比べれば認知度は低くて
音楽番組もダンスグループが主流
多くの人にきいてもらおうと思えば
アイドル番組やバラエティにも出なくてはならず
時にはドラマに出ることもある。

日本でいえば、TOKIO のようなグループといえば
わかりやすいかもしれない。
事務所の方針には沿わぬ訳にはいかず
彼ら自身もジレンマや不本意な思いもたくさんしてきた。

二十歳そこそこでデビューして
今は20代も半ばを過ぎ
彼らもどこかわりきったのかもしれないし
最初韓国では自作曲はなかなかタイトル曲として出してもらえず
自作は日本で発表することがほとんどだった。
しかし、ここ数年は韓国でも自作曲をタイトル曲として出すことができるようになり
それなりに好きな音楽もできるようになってきたように見える。

また日本での活動と
韓国、そして海外での活動は少し線引きをして
それぞれを楽しんでいるように感じる。
あっちも、こっちもと、粗製濫造にならないか、時々心配になることもあるが
日本のためだけに作ってくれる曲があることは嬉しいこと。

もちろん韓国より市場があるし
お金になると言ってしまえばそれまでだが
まだ韓国でも日本でも知る人がいなかった10代の頃
日本でバンド文化を吸収しようと修行時代を過ごしたことは
少なからず彼らの中に色々な思い出として残っていると思う。

日本のツアーへご両親たちを招くことも多く
プライベートでも家族を日本へ連れて遊びにくる。

オーディエンスのあり方も違う
それぞれのお国柄の要望にも沿いながら
日本でしか聴くことができない曲
また韓国でしか聴けない曲。
それがあるから楽しい。
だからソウルコンにも行きたいと思う。


最初日本での活動を知って
CNBLUEを聴きだした頃は
70年代80年代、私がまだ10代や20代の頃にきいていた
洋楽の香りがする曲も多くて心惹かれた。
そんな曲は日本曲に多くある。

日本でインディーズだった頃の曲 「Y, why」



大好きな一曲。
「Crying Out」
母国では恋愛の曲も多い中
日本の曲には英語詞が多くて
そんな中に本音や迷いなど20代の彼らの思いがこめられているものもある。
ヨンファとジョンヒョン、ダブルボーカル冴える一曲。



韓国でしか聴けない曲。
ドラマの挿入歌。「my love」
アコギ、好きだ〜♪




今回のツアーのタイトル曲。
「Cinderella」
ダンサブルで華やかな曲。



韓国デビュー当時、提供された曲が盗作疑惑で
まだ右も左もわからなかった頃の彼らまで
偽バンドと誹謗中傷された頃もある。
それから月日が流れ、
厳しい韓国芸能界の中で精神的にずいぶん強くなったと思う。

そんな今までの悔しい思いを振り切って走る気持ちを
リーダーのヨンファが歌う「CATCH ME」




彼らの音楽も進化し続け
模索し続けている。
最近はバンドサウンドから離れていっているという
批判的なコメントをするファンも多いけれど
スマと同じ年頃の彼らをみていると
迷ってあたりまえ
まだまだ自分たちの可能性を色々試してみたい盛り。
私はそんな進化を楽しみたいと思う。

彼らの真骨頂はやはりライブ
ぜったい手抜きなしで楽しませてくれる。

もちろん彼らのルックスも大好き。
整形は韓国のお家芸といわれ、芸能人はみんなと思われるかもしれないが
CNBLUEのメンバーはひとりも整形はしていない。
汗だくになって歌う自然な美しさはライブならでは。
音で、ビジュアルで、
そして音楽に身を任せ自分自身も身体中で楽しむライブ。
ほんとうに幸せな気持ちになる。

CNを通してたくさんの出逢いもあった。
こんなときめきや、幸せをくれた彼ら
CNBLUE My Love。
by sarakosara | 2016-02-14 16:40 |

韓国ソウル ライブ旅行 韓国のライブ事情

泊まったのは東大門区の新設洞(シンソルドン)のホテル。
日本語ができる従業員のおにいさんに
近所でキムパッが食べられるところを教えてほしいと頼むと、
簡単な地図を作ってくれた。

キムパッとは韓国式海苔巻きのこと。
酢飯じゃないこと、キムチやナムル、
牛肉やチーズなど、中身の具が少し違うが
日本の太巻きとよく似ている。

食道のアジュマ(おばさん)が
笑顔で種類など説明してくれて
韓国語が少しできる友達が
発音のポイントなど、にわか講師で伝授してくれる。

f0231393_2250251.jpg

韓国で食堂にはいると
必ずといっていいほど、キムチやたくあん、ナムルなどの
簡単な副菜や漬け物がついてくる。
写真はビビンパッを食べた時の副菜。
アジュマが、おかわりは要るか?と、たっぷりサービスしてくれた。

お腹が満たされたので
さっそく地下鉄でコンサート会場の蚕室(チャムシル)室内体育館へ。

f0231393_22503615.jpg

秋晴れの気持ちいいお天気。
チャムシルはオリンピック公園がある場所で
広々して緑も多い。
ちょうど銀杏が色づく頃で
サッカースタジアムなども近くにあるため
三々五々歩く恋人や親子連れもみかける。

会場に近づくと日本では見かけないあるものが
次々と目に留まる。
それは米花輪。

f0231393_22505273.jpg

韓国で多く見られる、お米を積み上げた「花輪」のことで
ファンから贈られる事が多く、贈られたお米はその後
児童養護施設などへ寄付される。

f0231393_22514915.jpg

ファンが資金を募ったりしながら趣向をこらして
応援するアーティストのために贈るもの。
見て歩くだけでも楽しい。

f0231393_2252185.jpg

いっぽう、韓国の若者にとって、こうしたコンサートのチケットは高額で
なかなか気軽に行くことができない。
チケット代は日本と同じ8000円から9000円。
台湾などは、もっと高額になることを思えば
べらぼうな額ではないけれど
やはり若い子には負担になる金額だ。

そのうえ、韓国では無料のライブも多くて
無名なバンドの路上やライブハウスでのコンサート
有名どころの合同コンサートさえ時折無料で行われる。
となると、高額チケットを買ってまで
コンサートに行くことも少なくなる。

なので、ソウルライブといっても
海外からの観客も少なくない。
むしろそれを当て込んでいるふうでもある。

私たちのような日本からも多いし
最近は中国、台湾、東南アジア、そしてヨーロッパ
アメリカなど欧米からの観客もけっこうみかける。

f0231393_22521863.jpg

久しぶりに本国でのライブをする彼らにとっては
日本の横浜アリーナや代々木よりも小さな会場で
三階に空席があったりするのは
寂しいことだろうなと思う。
お国の事情も感じるソウルコン。

とはいっても、やはり本国でしか味わえないものもある。
彼らも気合いが入るし
私にとっての初ソウルライブ。
とても楽しみだった。
by sarakosara | 2016-01-31 22:59 |

韓国ソウル ライブ旅行 仁川からソウルへ

旅は成田へ向かうスカイライナーの網棚に
友達が荷物を置き忘れるという波乱含みの幕開けだったが
幸い忘れ物で届けられていて、ほどなく手元に返り無事出発。

今回カメラはとても迷ったけれど
身軽優先で、スマホで済ませることにした。

着いたのは仁川国際空港。
2001年に開港した空港でサビースや施設が充実している。
韓国のアート、音楽、文化のパフォーマンスを実施
数々の美術館やギャラリーも開設
こんなサービスで出迎えてくれたりで
一緒に写真を撮る人がいっぱい。
どこの国も民族衣装は美しい。

f0231393_19121435.jpg

仁川は日本の統治時代などもふくめ
中国や日本からの移住者も多かった関係の深い街。

12月にBSプレミアムの「世界ふれあい街歩き」で
仁川が取り上げられていたので録画して観た。
様々な国の人と文化を分け隔てなく受け入れてきたおおらかな人々の住む町だと
人情の街仁川を魅力的に紹介していた。
今回は素通りしてしまったけれど
ゆっくり歩いてみたいところだ。

4人いるので、バスとさほど変わらないという話になり
タクシーでソウルに向かう。

しかし、話にはきいていたけれど
車線数 の多い道路はみんな
猛スピードで他車を抜き去っていく。
乗ったタクシーも、車線をめまぐるしく変えて
すごい速さで走り、かなりスリリングだった。

それでも、割り込みされて怒鳴った り、
文句を言ったりしている人はあまりいないというので
それが当たり前という韓国なりの暗黙のルールがあるのだろう。
郷に入れば郷に従えとがいうけれど
私にはここでの運転は無理そう。

f0231393_19123435.jpg

写真は帰りのバスからのソウル市内。
もうひとつ日本と違うのは、右側通行。
ますます運転は無理そう(笑)

ソウル近郊広がる景色に
屏風のように連なる高層マンション群が目を引く。
同じ高層マンションでも日本のものとは少し雰囲気が違ってみえる。
韓国は大都市集中型の人口分布で
特にソウル近郊に集中し
そのため、高層マンション群が林立する原因にもなっているらしい。
写真はソウル市内。
f0231393_1918082.jpg


そして、ソウル市内にはいってからの
山の近さにも驚いた。
だいぶ中心部に近づいているのかな?
と思うあたりでも、自動車専用道路のすぐわきに山肌が。
それもごつごつとした岩山が多い。

そういえば、ドラマを観ていても
坂道の多さが目立つ。
平地の少ない岩山に囲まれた地というのも
ソウルの特徴のひとつ、
平地が少なく、地震んも少ない
それも高層マンションの多い所以かもしれない。

f0231393_19131021.jpg

ナビを入れてくれたけれど
ホテルの場所がいまひとつわからず
運転手さん。それらしき場所で車を降りて探してくれ
無事到着。
スリリングな運転でみんなぐったりで
ホテルにあった小さなカフェで一休み。

私はカフェラテ、二人はマンゴージュース
そしてひとりがジェラードを頼んだのだけれど
カフェラテもたっぷり二人分はありそう、
ジェラードにいたっては4人分くらい?
ちゃんと人数分スプーンも入れてくれたので
みんなお味見。

f0231393_19133162.jpg

小さなホテルの、売店に毛が生えたようなカフェだけれど
ほんとうに美味しいジェラードだった。
韓国はスウィーツも美味しい。
みんな元気快復。
夜のライブの前に遅いお昼を軽く食べようと
荷物を部屋においてでかけた。
by sarakosara | 2016-01-24 22:49 |

韓国ソウル ライブ旅行

萩の旅から帰って次の週末、
向かったのは韓国のソウル二泊三日
大好きなCNBLUEの
ライブ仲間3人と一緒の旅。

ソウルのライブを楽しみながらの旅に誘われたのは
もう9月に入ってからだった。
萩への友人夫婦との旅はずいぶん前から決まっていたので
仕事をはさんでの翌週末はどうにもきついだろうと
はじめは無理だと断っていたのだけれど
それまでも数回は見送ったソウルコンサート
やっぱり今回こそは行きたい、
そんな気持ちがふつふつと大きくなっていった。

f0231393_19315317.png

チケッティングも宿泊と飛行機も自分たちで手配するので
安くあげることもできるからということで
予算は大丈夫そう
あとは自分さえハードスケジュールをこなせば何とかなると決断。

韓国はもう30年ほど前に
職場の旅行で釜山に行ったきり
それ以来深い思入れも興味もないまま時が過ぎ
同じく興味がないまま韓流ブームも去った頃
急にはまったCNBLUE。

人生それまでひとつのグループ、ひとりの人に
これほど惹かれたこともなかった自分には
それ自体信じられないこと。
しかしファンになってから早くも今年で5年目になる。

f0231393_19322342.png

初ソウルコンサートはもちろん楽しみだったけれど
彼らを通して知ることになった韓国にも
あらたな興味をもつようになっていったので
初めてのソウルもとても楽しみだった。

f0231393_19335549.png

今回はライブが一番の目的だったし
おまけに2泊の駆け足旅行
ミーハー中心だったけれど
自分の肌で感じたソウル
そして数ヶ月を経て思うこと
感じたままに書いてみようと思う。
by sarakosara | 2016-01-17 17:57 |