カテゴリ:旅( 80 )

立冬の北陸 富山湾の宝石

富山〜富山。
乗ってきた「はくたか」を見送り

f0231393_2314459.jpg

まずはお昼ご飯をということで
JTBの無料グルメクーポンを使わない手はないでしょと。
駅からすぐの
とやま駅特選館にある「白えび亭」へ。
こじんまりした小さなお店なのですが
ここの名物の白えび天丼が絶品とのうわさ。
無料のクーポン使えますか?と確かめて
出てきた天丼がこれ!

f0231393_20383195.jpg


「富山湾の宝石」とも言われる、白えび。
さくっと軽い衣につつまれた白えびは、
淡白だけど甘くて香ばしくて
桜えびよりは、もっちりとした感じ
クーポンなのにサービス満点の山盛り
とっても美味しくいただきました。

お店のお兄さんに、
白えびって、ここらへんでしか穫れないのですか?と尋ねると
「そうなんですよ、白えびは、水温が低い、海が深い、餌が豊富、水がきれい。
その4つがそろって育つんです」と。
その条件がすべてそろっているのが富山湾だというのです。
富山湾は湾の地形は急に深海に向かって落ち込んでおり浅い海底がほとんどなく、
湾の海の色がとても濃いのはその急峻な水深のためだと。
そして立山連峰からの豊かな栄養で育ったプランクトンが豊富
同じく山からの水がきれいであること、冷たいこと。
だから、この湾でしか穫れないえびなのです。
と、ちょっと誇らしげに「富山湾の宝石」のことを話してくれました。

f0231393_2353665.jpg


白えび天丼がただでいただけたので
調子にのって、ふたりともビールで旅の始まりの乾杯。
白えびとともに、もうひとつ富山の珍味
イカの黒作りがビールのお供についてきました。

f0231393_2363599.jpg

イカの黒作りは、イカ刺しにイカの肝臓とスミを合わせ、熟成醗酵させた
イカの塩辛で、やはり富山県でしか作られていないものだそうです。
さて、富山の名産で腹ごしらえはできたし、
ちょっと歩こうかな。
by sarakosara | 2014-11-17 23:17 |

立冬の北陸

金土日の旅行から帰ってきて
月曜からはいつもの仕事、
楽しみにしていた旅からあっという間に一週間
日々は駆け足で過ぎていきます。

出かけたのは、北陸三県
冬立つ日。立冬の金曜日
おりしも冬型の気圧配置とニュースで流れ
出発の関東は雲一つないような晴天だったけれど
国境の長いトンネルを抜けると‥雪国
‥にはまだ早かったのか、雨。
でも雨のしずくにぬれる窓のむこうはしっとり秋の景色。

f0231393_16331687.jpg

上越新幹線を越後湯沢で特急「はくたか」に乗り換えて
最初の目的地富山に向かいます。
米所ならでは、稲刈りの済んだ田んぼが続き
やがて直江津あたりから右手に海。
若い頃からこの路線の風景が大好き。
もっと北の、父が生まれた留萌の海に通じるものがあるのか
日本海になぜか心惹かれるのです。

f0231393_16503925.jpg

親友絹ちゃんとでかけた時
一人旅の金沢の時もみた風景がまだ記憶に残り
しばらく車窓の風景にくぎづけ
糸魚川をすぎたあたりから雨があがり
富山に着いたときは、すっかり青空が広がっていました。

今回は寅さんからの提案で
ちょっとした目的がてらの旅でしたが
思いがけず盛りだくさんで、
楽しい旅になりました。
記録としても書いておきたいので
ちょっと長くなりそうですが
少しずつアップしていきます。
by sarakosara | 2014-11-16 22:33 |

夜の先斗町

夕方になってあの夏雲はどこへやら
急に雲行きがあやしくなってきました。
ホテルに向かう途中からすーっと涼しい風が吹き出し
怪しい雲がむくむくと。
夕飯はミコがプレゼントでごちそうしてくれるということになっていたので
いったんホテルに入り、
汗をひかせてから町を歩いていこうということになったけれど
お天気はもってくれるだろうか。

ほんの一休みして
外に出るとまだ雨は落ちてきていない。
今のうちだねと裏道を歩きます。
町は裏道が楽しい、ましてここは京都、
歩かなくちゃ損損。
京都は碁盤の目だからわかりやすく
ひとつひとつの通りにも古くから愛されてきた名前があって
そんなことも楽しい。
f0231393_16284996.jpg


寅さんのお祖母ちゃんは京都の人でした。
京都独特の町家、間口のせまい昔ながらの家だったという。
時々義父が昔話をしてくれたこともあったけれど
いったいどのあたりだったのだろう。
東京に嫁いできて30代で亡くなっているので
すっかりそちらの親戚とは疎遠になったきりわからないということでした。
京都にきて昔作りの町家をみかけると
ふっとそんな見も知らぬ寅さんのお祖母ちゃんのことを思い出す。

先斗町まで半分も歩いたあたりで
大粒の雨がぽつんぽつんと落ち始め
じきに大降りの気配。
ちょっと雨宿りしようと通りの手頃なマンションのエントランスの軒下を拝借。
すぐに横殴りの雨。
小降りにならないかしら
予約の時間に遅れちゃうし、仕方ないから歩こうかと
あきらめかけた頃すっと小降りに。
よし、いまだと歩き出します。
雨にぬれた先斗町の裏通り。

f0231393_16264629.jpg

この雨でミコが予約してくれてあったお店の
川床は無理らしく
きゅうきょ店内に席を準備してくれてありました。
残念だったけれど、前回もほかの店で川床は経験済み
また違った風情も楽しみだね。
そう言っていたとおり、
鴨川が見渡せる素敵な席を用意してくださった。
お店の配慮に感謝。
そして食事も終わりかけた頃
お店の方が、
「雨がやみましたので、デザートだけでも外で召しあがりますか?」
とまたまた嬉しい心配り。
なんだか一粒でふたつ美味しいみたいな感じになちゃったねと
ミコとにっこり。
川床におりて、さっきまで食事をしていた二階をみたところ。
f0231393_11303889.jpg

夏の宵の雨あがり、
少しひんやりした夜風をうけながら
二粒目の美味しい甘味。
素敵な夕食をありがとうミコ。

f0231393_16254117.jpg


このあと鴨川沿いを散歩して
こんどは雨の心配をせずのんびり夜の京都の裏道をぶらぶら。
京都の台所といわれる「錦市場」も
すでにシャッターがおりてひっそり。
しんと長く続くアーケード
昼間の賑わいを想像しながら歩くと
どこか異次元を歩いているような不思議なワクワクを感じる。

ミコの大好きな森見登美彦氏の「夜は短し歩けよ乙女 」の
ワンシーンのような夜。
f0231393_11564018.png


学生の頃からミコが好きということもあってか
この黒髪の乙女によく似てると言われることのあるミコ。
ちょっと風変わりなところも
何か不思議な縁を感じる主人公です。
そのお話は最後に。

f0231393_123134.jpg

by sarakosara | 2014-09-15 12:09 |

ふたたびの京都

ミコとの旅行は4年ぶり。
前回はミコがアメリカに発つ直前で
やはり京都。
あの時はミコと一年も会えなくなってしまうさびしさを
どこかに感じながらの旅でした。

今回はそのときにまわれなかった嵐山方面にまず向かうことに。
京都駅でちょっとした手助けを頼まれたご婦人に
ありがとうのついでに立ち話で
トロッコ列車に乗ったあと、ぜひ保津川下りをしたらいいとアドバイスをうけ
それもいいねと嵐山をめざします。

その前の週には福知山で大雨の被害がでていたり
この時も大気は不安定な状態が続いていましたが
それよりも晴れ間の太陽が照りつける厳しい残暑でした。

暑い暑いと言いながら渡月橋を渡り
まずは天龍寺。
足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため夢窓国師を開山として創建されたお寺。

f0231393_1525185.jpg


暑さがすっとひくような清流が境内を流れ
春のしだれ桜や秋の紅葉の頃はさぞやと思われるお庭が堪能できます。
ひたひたと歩く黒光りする板の間や廊下を
風が通り抜け、外も通り雨。
しばらくミコと板の間に腰掛けて雨宿りするうちに
また夏の日差しが照りつけ始めました。

f0231393_1595625.jpg


天龍寺から少し歩いたところ
野宮神社から大河内山荘へと至る道が
竹林になっています。
野宮神社をお参りしてから
竹林の小道へ。
太陽がこぼれる瞬間
雲に隠れた時で、色合いも雰囲気も違ってみえる。
ちょうど浴衣を着たお嬢さんと何人かすれちがい
そういえば4年前にはミコも舞妓さんになったのも懐かしい。
あの夏から4年もたってしまったのが夢のよう。

f0231393_1523412.jpg


トロッコ列車の駅が見えてきた頃にまたザッと雨。
ちょうどうまく雨をさけて列車へ。
轟音をたてて山あいを走るトロッコ列車
ゴゴゴーっとトンネルを抜けるときは
インディージョーンズになったような気分。
保津峡に着いた頃にはもう日差しがもどっていました。

f0231393_16365054.jpg


京都駅で親切に色々教えていただいたご婦人おすすめの保津川下りは
この日は雨の影響で残念ながら中止とのこと。
それでもラフティングは中止ではなかったようで
鉄橋の上から黄色いオールとゴムボートの人たちが見えました。
トロッコに向かって手を振る余裕。
私たちも上から手をふりかえします。
亀岡駅についたら夏雲がもりもりと空に立ち上がっていました。
田んぼをわたる風、蝉の声。
暑い!

f0231393_16465718.jpg

by sarakosara | 2014-09-15 12:07 |

黒玉子ちゃん

実に久しぶりに風邪をひきました。
ほんとうにここ数年風邪という風邪が私を避けて通っているのじゃないかと思うほど
風邪知らずだったのに。
先週の木曜日、よりによって、明日は従姉妹会で箱根へ行くという前日に。

f0231393_1949328.jpg

この従姉妹会いわくつきで
ちょうど一年前にこの記事で書いた労災。
それがやはり初の従姉妹会の前日だったのです。
それでやむなく私はドタキャン。

私が行けなかったので
秋にももう一度計画をしてくれたのだけど
私以外のみんなの都合のつく日が
以前から約束していた友達との忍野八海の日程と重なり
それも私は不参加。

そのリベンジの旅行が今回だったわけです。
二回もすっぽかしてしまったので
今度こそはと私も意気込んで準備をしていたのですが
前日の朝にひさしぶりに感じた喉の違和感。
ん?まずいなぁという感じ。
微熱もあって嫌な感じ。
とりあえず仕事を休むほどではないので出勤したけれど
だんだん喉の痛みは増すばかり。
そのことを職場の友達に話すと
「ありゃりゃ、また行けなくなっちゃうんじゃない?
ほんとは旅行行きたくないんじゃないの〜?」
なんて笑われたり。

f0231393_19524823.jpg

桜えびいっぱいの、桜おろしそば。
初日のお昼、香ばしくてほんとに美味でした。


この従姉妹会のメンバーは
私がいちばん歳下で上はちょうど10歳違い。
実は私の従姉妹ではなく、寅さんの従姉妹と
従兄弟のお嫁さん
そして義妹と私という不思議なメンバーなのです。
両親や伯父伯母の法事もあらかた済んで
なかなか会う機会もなくなっちゃうわねぇと、
それならみんなで食事会でもしようかと始まったものが
やがてせっかくだから旅行もいいねと発展したもの。

義妹はもちろん、みんなきさくな楽しい人ばかりなのだけど
仲のいい友達との旅行とはやはり少し勝手がちがうので
正直なところ、食事会くらいがいいなという気持ちもあった。
そんな本音をちょっと職場の友達にはもらしていたので
前述のような反応をされてしまったというわけ。

でも図らずも二回も同行できないという偶然が重なり
それが三回にもなれば、意識的に避けている?
と思われても致し方ない。
なので、今回はたとえ熱が出ようと、
少々のことでは行かないわけにはいかないと覚悟していました。

幸い風邪薬を飲んで早く寝たおかげか
旅行当日は前日の微熱はおさまり、
喉の痛みだけは消えないものの、無事に出発することができたのですが
夕食あたりから声がだんだん出なくなり、
布団に入る頃は年寄りのカラスみたいなしゃがれ声。
案の定翌日はまったく声が出なくなってしまいました。

幸い身体は元気だったので
最低限の会話と身振り手振りでのコミュニケーション。
長い話しはメールでも送ろうかなんて冗談も出るような情けない展開でした。

f0231393_19575093.jpg

芦ノ湖のほとりに昨年できたばかりのパン屋さんで
二日目のお昼の時に
「また不思議な女子会しましょうね」
そんな話しもでたけれど
たしかに、こんなふうにちょっとその気にならないと
親戚なんてなかなか会うこともないのかもしれない。

半年に一度のハイペースはよして
旅は隔年くらい、
その間は食事会でいいのではないかと
今度は提案してみようと思っています。

今回参加の4人は全員B型という
大涌谷の黒玉子みたいにかなり濃いメンバーだけれど
なんだかんだいって、けっこう楽しい一泊二日でした。
声枯れと咳もやっとおさまりつつあります。

f0231393_2115068.jpg

by sarakosara | 2014-05-15 23:42 |

番外編 久保田一竹美術館

湖めぐりのレトロバスコースには
色々な見所があって、飽きさせない。
そんな中のひとつに、久保田一竹美術館がある。

f0231393_1721234.jpg

詳しくはこちらで。

久保田一竹美術館

久保田一竹氏は、昭和12年に辻が花染とであい
その後研究を重ねて、「一竹辻が花」とよばれる技法を発表した染織家だ。
美術館には氏のコレクションである
蜻蛉玉(とんぼだま)を展示する「蜻蛉玉ギャラリー」があってこれも美しい。
とんぼ玉とは、穴の開いたガラス玉(ビーズ)のこと
ガラスが大好きな私にはとても魅力的なコレクションばかり。
コレクションには遠く及ばないけれど
1000円台で、こんな可愛い蜻蛉玉のイヤリングがあったので購入。
f0231393_175215.jpg


そして、何よりみごとなのが
「一竹辻が花」染め。
それが展示されているのが一千年を超す「ひば(ひのき科)」の大黒柱16本を使ったピラミッド型の建築物。
複雑な木組みで、真ん中が吹き抜けになっており
その建造物自体もとても素敵。
そこにガラスケースの中ではなく、直に着物が展示されています。
着物の中に富士山をはじめ、日本の四季が自然が描かれて
連作などは、いくつもの着物が連なってひとつの風景を作り上げている。
遠くからみた時の素晴らしさと
今度は近づいてみたときの、緻密で微細な絞り染めの点の集合。
あらかじめ出来上がりを予測しながら絞りを入れていく
ちょっと想像もつかないような作業が伺えます。

もうひとつお楽しみがあるのですが
茶房「一竹庵」のぜんざい。
とてもエキゾチックで温かみのある空間で
外の龍門の滝や、氏のコレクションをみながら
ぜんざいとお抹茶がいただける。
ぜんざいは、一竹氏のお母さまの作り方に乗っ取っているとか。
甘すぎないさらりとしたぜんざいなので
和三盆が添えられている。

f0231393_17301317.jpg

ちょうどこの頃美術館に入る頃はまだ降っていた雨が晴れてきて
木立からしたたる雫に日の光が反射し
絶妙な光景を見ることができました。
素敵なところだったのでちょっと紹介したくての番外編でした。
by sarakosara | 2013-12-01 22:09 | | Comments(12)

旅は次への想い

「みんな起きてごらん!」
キヌちゃんの声でみんな眠い目をこすった。
なになに?
「富士山が見えるよ〜」
二日目は雨だとばかり思い込んでいたから、キヌちゃんの言葉にびっくり。
まだ少し薄暗い外を見ると、
まごうことなき富士山の姿。
みんないっせいに歓声をあげてしまった。
空には雲がかかっているけれど、遠くにうっすら朝焼けさえみえる。
f0231393_14541510.jpg

じゃじゃ〜ん!
わぁ信じられない。
やったぁ〜
ほんとうによかったね、日頃の行いのせいだわ。
誰もいっぺんに目が覚めて、
昨日から待ちこがれていた富士山に釘付け。
最初から見えていたら、こんなに大騒ぎしてまで喜ばなかっただろうと
そんな気もする。
外は前日から大荒れだと言われていた風が強く吹いているようだ。
むしろこの風が雲を吹き飛ばしてくれたのかもしれない。
いつまた雲にかくれるかわからないから
さっそく最上階の展望台に行ってみようと
みんな浴衣に羽織ものだけして展望台に行った。
強い風がゴーゴー吹いていたけれど、威風堂々の姿。
ちょうど頂上の上に白いかぶりもののような雲がかかり
そんな様子も面白い。
雪化粧もだんだん下まで降りてきているところなのだろう。

f0231393_156418.jpg


朝食の食堂では湖がたっぷり眺められる窓のそばの席に通され
二日目の朝は、富士山と湖、
ゆうべ見ることのできなかった両方を堪能した。
私もぐっすり眠って元気いっぱい。
前夜ほとんど食べていないから朝食の美味しいこと。
富士山が見えたことで、幹事もほっと胸をなでおろしたというわけです。


この日はレトロバスに乗って、湖周辺の見所を散策。
朝のうちザッと一雨あったけれど
その後薄日が射し始めたとおもったら
みるみるうちに嘘のように晴れ渡り、こんな青空に。
雨に打たれたあとの紅葉に日がさしてそれはきれいでした。

f0231393_15231531.jpg


実はこの旅行、セーコちゃんの快気祝いとともに
キヌちゃんの第二の出発を応援するような意味合いもあった。
18歳で家を出てから40年ぶりに故郷に帰ることを決めたキヌちゃん。
老親ふたりが住む故郷でお父さんを手伝いながら
あらためて農業をしてみたい
そう決めてからご主人の仕事のきりがつくまで待っていた矢先
お母さんが寝たきりになってしまった。
若い頃なんにも親孝行してこなかったから
今行かないときっと後悔することになると思うんだとキヌちゃん。

キヌちゃんが東京とわが町で過ごした40年間の
ほとんどの年月をつかず離れずで
ずっとともに過ごしてきた。
私の恋愛事情もぜんぶ知っているし、母が亡くなった30年以上前の時も
そばで力になってくれたキヌちゃん。

今までは会おうと思えばいつでも会えた
仕事から帰ると、ドアノブに田舎の野菜の入った袋がぶらさがっていた。
毎年二月には増上寺のお参りにつきあってくれた。
きっと、そのどれも叶わなくなる。

でも誰しもそれぞれ人生にはいくつかの岐路があって
キヌちゃんにはきっと今もひとつのその時なんだと思う。
淋しい気持ちはあっても、
この彼女の決断を応援してあげたいと思う気持ちのほうが強くなった。

セーコちゃんだって、サッちゃんだって、みんな同じ。
今回末っ子のサッちゃんも、
今年の二月にお父さまを亡くされてから
気丈だったお母さんに色々な異変がおきた。
いつもその大変な話しを漫才さながらのリアクションで
みんなを大笑いさせながら話してくれるサッちゃん。
でも、ほんとはどんなに大変だったことか。
セーコちゃんも、病み上がりだというのに
実家の両親、同居のお義母さんもみんな体調がすぐれず
自分のことはさておきで、飛んで歩いている。
私はみんなの話しをきいてあげることくらいしかできないけれど
これからも旅は続けようねと言っている。

午後になって、また少し雲が出てきたけれど
太陽はずっと隠れずにいてくれた。
遅いお昼でほうとうを食べて外に出ると
風に揺れるススキが雲間の陽をうけて、きらきら。
ほうとうで温まった身体には風が心地いい。

f0231393_16101355.jpg

帰りの列車はみんな爆睡、
またひとついい思い出ができた。
今度の旅行、あまり間をあけないように
再来年くらいがいいなぁと、サッちゃん。
お任せあれと、頼りない幹事。
今からじっくり楽しいプランを考えてみよう。
by sarakosara | 2013-12-01 22:07 | | Comments(8)

旅はとらぶる

二日目の日曜日の天気が思わしくないらしいとのことで
初日の富士山を期待していたのだけれど
無情にも予報より早めに雲がたれこめ、寒くなり
どこをみても富士の姿はなし。
富士急の「富士山号」の中からも、
忍野八海でも
晴れていたら、あのあたりに富士山があるんだねぇと、
ため息まじりの慰め合い。

当日になって、やっと
見えなければ何ともならない旅の目玉だったのだと気づくという。

忍野八海のどこまでも透き通る紺青の泉をみても
そこに映る灰色の雲がうらめしく思われました。

f0231393_8435522.jpg


それはそうと、忍野八海の人出の多いこと。
富士山が世界遺産になったことも後押ししてか
海外からのお客さんも増えて
池のぐるりを並んで歩くよう。
小学生の頃、林間学校で歩いた
忍野八海の神秘的な姿とは少しイメージが変わっている。

人波を避けるように歩いていくと
小さな流れと、そこに沿うように続く小道が。
ほっとしながら歩を進めると深まる秋の里の景色が開け、
コッツウォルズとはいかないまでも、
清らかな流れをみながら歩くのはなんとも心地よくて
富士山が見えないという言葉を忘れたひとときでした。
f0231393_8441513.jpg

さて、忍野八海をあとに、湖畔の宿をめざします。
この夜の宿泊は河口湖を臨む温泉ホテル。
富士山が見える部屋でと頼んであったのですが
着いてからこの宿からの眺望の売りは湖側にありとわかりました。
それでも富士山が見えれば救われたものを
富士山が見えなければ、な〜んでもない部屋(笑)
いやはやリサーチ不足、
大浴場に入るのが難しいセーコちゃんにと部屋付き露天風呂のあるという点
富士山というキヌちゃんにお部屋から富士山が見えたら喜ぶだろなぁということ。
親御さんのことでみんな忙しく、みずから幹事を買ってでて
じゅうぶん考えたつもりだったけれど、
あいかわらず詰めの甘さがこんなところに。
そんな私の気持ちを察してか
「でも暗くなっちゃえば湖も富士山もわからないもんね」
「温泉にゆっくりつかって、美味しい夕飯食べよ〜」
「美味しいビールのも〜」
ああ、友よ!

さて、そして待望の上げ膳据え膳タイム。
f0231393_8444299.jpg

と、この写真を撮ったものの
どうも食欲がわいてこない。
お風呂上がりから、なんだかやけに疲れたなぁと思っていたのだけど
お膳いっぱいに並べられたご馳走を見た頃から
どうも体調があやしくなってきました。

せっかくみんなそろっての久々の旅の
ある意味メインイベントの夕食。
ここで具合がよくないなんて言ったらみんなのテンションもさがっちゃう。
困ったなぁ。
最初は我慢して、話しに夢中なふりして食が進まないのを隠しながら
ちびちび箸をつけていたけれど
もういよいよ無理だとなってきた。
何となく気づいていた向かいの席のサッちゃんも訝しげな顔をしている。

風邪でもひいたかな、明日もあるのにどうしよう。
そんなことも思ったれど、どうも違う。
もしかして?
そうだ、そうに違いない。

ここで正直に言いました。
「なんだかちょっと具合が悪くて、急に食べられなくなっちゃった
もしかしたら、湯疲れかもしれない」

時間が経つにつれて、もしかしたらは確信になった。
以前にもあった湯疲れ。
湯あたりというのかと思ったら、私のケースは湯疲れといういうらしい。
どうも温泉に弱いらしいのです。
ずっと仕事が忙しくて前日までハードスケジュールの中だったというのもあるかも。
こんなに急に食べられなくなるなんておかしいもの。
以前の経験から気をつけてはいたのだけれど
いいお湯だったから、ついつい長湯になってしまったようだ。

基本的になんでも美味しくいただけて
ことに作ってもらったものを残すことほど心苦しいことはない。
少々多いなと思っても残すよりはと食べてしまうほう。
でも今回はどう逆立ちしても無理だった。
よりによって、楽しみにしていたみんなとの温泉の夜に。

お部屋付きの可愛らしい仲居さんに
どうも湯疲れしてしまったので、お料理を私の分だけとめてほしいと頼んだが
それは無理だとのこと。
事情はわかりましたので無理しないでくださいね
ただ、お止めするこは難しいのですと。
やむなく次々出されるお料理を
牛肉の鉄板焼きも、お造りも、松茸も涙なみだで、見送った。
もったいない。
友達が食べられたらと思ったけれど
みんなも自分の持ち分でいっぱいいっぱい。

案の定、もうそろそろお料理も終盤という頃になって
少し落ち着いてきた。
すでにほとんどの料理は下げられ、残すはデザートという段階。
最後の果物とケーキはすんなりお腹におさまって
みんなに笑われた。
いや、笑って終わってよかった、
富士山が見えないうえに、
熱でも出てみんなに迷惑をかけていたら大変だった。
やれやれやれ。

ひとしきりおしゃべりをしてから
4つ並べた布団にぬくぬくと潜り込んだ。
布団の中でキヌちゃんが言った。
「わぁ腕が、すっべすべだよ」
言われてみんなも手のひらをすべらせると
ほんとうにすべすべだ。
とても効能の高い温泉らしい。
富士山は見えなくても、湯疲れしても
こうして無事に夜はふけていった。
by sarakosara | 2013-11-30 13:12 |

旅は道連れ

今回の旅行は4人旅。
ざっくり言うと、子ども達の公園友達の親どうしということになるのですが
これが話せば長い合縁奇縁。
いや、合縁奇縁は男女の仲に使う言葉だったかな。
でも、そんな言葉が当てはまるような縁を感じる仲なのです。

f0231393_23413945.jpg

その中のひとり、キヌちゃんは
もともとは私の専門学校時代からの友達で
三歳年上の悪友というか、親友というか。
呑み友達であり、旅友達であり
ほんとうにふたりで色々な思い出を作ってきました。
彼女が複雑な結婚をして東京での生活に行き詰まった時に
たまたま借り主を捜していた私の知り合いに紹介して
わが町に呼び寄せたのが、共通のママ友を得るきっかけでした。

上はキヌちゃん。
次はセーコちゃん。
そして私。
下は私より5歳若いサッちゃん。
でこぼこ4人組の久しぶりの旅。

子どもの手が離れ始めた頃から積み立てを始めて
今まで出かけたのが
伊豆、京都・滋賀、箱根。
数年置きに出かけていたのがぱったり止まったのが6年前。
セーコちゃんの闘病のためでした。
生死の境から戻ってきてくれた
やっと再発の心配からちょっと解放されつつある今年。
行ける時に行こう!
そう思い立ったのです。
昨年セーコちゃんも同居のお義父さんを見送り
サッちゃんも、今年の2月に同居のお父さまをなくされた。
私も父を同じ頃になくしたけれど
みんなはまだ健在の親御さんはがあって
いつ何時また旅に出るのが難しくなるかもしれず
今年こそはと話していました。

f0231393_2346373.jpg

河口湖駅とセーコちゃん。
最年長のキヌちゃんの希望で、今回旅の目玉は忍野八海と富士山。
二日目は大荒れのお天気との予報で
ちょっと不安がよぎります。
by sarakosara | 2013-11-26 23:49 |

旅の終わり

すっかりだらだらと続いた旅日記もそろそろおしまい。
お参りをおえて最後に行ったのが、
おはらい町と、おかげ横町。

f0231393_17125328.jpg

ここも人出がわんさか、
有名な赤福本店も暑い盛りの「赤福氷」を待つ人が長蛇の列。
f0231393_14381345.jpg

とてもとても味わえるような状況ではなく、
とにかく涼しい場所でお昼にしようと思っても
表通りはどこもいっぱい。
やむなくパパさんがあてずっぽうにはいった横道に一軒よさそうな店があったので
もう、ここ、ここ。って決めました。

お店の中は涼しくて心地よく
路地をほんの少し入っただけで、待ち人もまったくなし。
最後だからちょっと豪勢にお刺身盛り合わせ御膳、
とはいっても、ひとりひとつは多いよねぇの中高年。
夫婦でひとつというオーダーになりました。
それでもお刺身の醤油皿も、お茶碗もひとりずつつけてくれて
お刺身も新鮮で、お昼は良心的なお値段。
たいへん美味しゅうございました。
f0231393_14411059.jpg

ここで思いがけない出来事が。
それじゃ、かんぱーいとご機嫌良く食事を始めた時
「あのぉ、ちょっと取材させていただいてもいいですか?」
と、知らぬ間に、カメラを持ったお兄さん。
きけば、テレビ朝日系のローカル局で
夕方のニュース番組のローカル枠での取材だそうで。
逆取材でお写真撮らせてもらったカメラマン兼取材のお兄さん。
f0231393_14592218.jpg


だけど、こんなふたりひとつの注文なんかでいいの?
恥ずかしいやら、おっとっと、と慌てる私たちをよそに
それでぜんぜん構いませんとのこと。
「あらはだ」という地元ならではの呼び名のある魚のことや
それぞれ4人ともカメラの前で取材を受けました。
他のテーブルもまわっていたし
必ずしも放送はないかもしれないのでご了承くださいとのことだったし
中には青い眼の観光客の方もいたりしたので
たぶん私たちは映らないねと思い込んでいたら
あにはからんや、
後日、9月5日の夕方に放送になったようです。
Nちゃんの叔母さんが名古屋に住んでいるので
録画を頼んでおいたものを、これからDVDにして送ってくださるということで
まだ観ていないのですが
どうやら、寅さんと、Nちゃんの映像と話しが流れた模様。
スマいわく。
「ああ、インパクトの強いふたりね」と。
パパさんと、私は残念賞でした(笑)

実はこの旅行には、もうひとつ思いもよらぬアクシデントがありました。
というのは、伊勢の駅に着いた時
寅さんが、スマホが無いと。
どうやらどこかで落としてしまったようで
着く早々の騒ぎで、新幹線の中、終着駅から、乗り換えの駅や電車
考えうるかぎりの場所に問い合わせをいれたものの、よい報せはなし。

着くなりの出来事、
せっかくこれからみんなで楽しもうという矢先だったので
S家のふたりに気遣いさせちゃ申し訳ないと
寅さんも私もつとめて気にないようにしていたけれど
寅さんは内心どんなにか気をもんでいたかと思います。
お伊勢さんに奉納しちゃったんじゃない?
なんて冗談言いながら、気にしても仕方ないよと励まし
そんなスタートだったけれど
お伊勢参りをし、美味しいものをいただき、みんなで笑ううちに
ま。しょうがないねって感じになりました。

f0231393_15141768.jpg

寅さんが使えないので、
私もススマホはなるべく使わないように。
S家のふたりもきっと同じ配慮をしてくれたのだと思います。
そんなわけで、文明の利器から離れた一泊二日の旅。
結局スマホはどこぞへ消えてしまったきり。
伊勢の神さまが今ごろスマホ片手ににっこりなさっているかも。なんて。

はやいもので、のんびり書いていたら、
あんな暑かった夏もいつしか朝晩は涼風がたって、旅行から早ひと月。
来週には内宮、外宮とも遷宮を終えて
いよいよ新宮でのお参りが始まります。
by sarakosara | 2013-09-29 15:39 | | Comments(16)