<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ひとつぶ種

うちのベランダの室外機が乗っているブロック、
そのそばには、ベランダ置きのプランターや鉢植えから流れたほんの少しの土が
ほんの少したまっています。
そこに小さな緑をみつけたのは10日ほど前のこと。
その双葉の感じがあれっ、朝顔?
そのまま数日見ていたのですが、どうやら本物の朝顔みたい。
f0231393_1046850.jpg

芽生えたこの双葉の種はどうしたんだろう、
鳥が・・とも思ったけれどめったに鳥のこないベランダ、
どう考えても去年ベランダに植えていた朝顔のこぼれ種だと思われます。

でもこのベランダは屋上からの水もいったん流れ込むので
大雨の時は水がじゃぶじゃぶあふれ、
一年間ものあいだ排水口へ流れてしまわなかったのも不思議といえば不思議。

なにはともあれ、どこからかきたひとつぶの種、
いくらど根性朝顔といえども、わずかな土くれから芽生えた命、
根を張ろうにもビニールシートしかないベランダでは、
やがて枯れてしまうのは目に見えています。

思い切ってそっと引っ張ると、するりと根ごと抜けました、
とりあえずゴーヤのプランターへ。
びしびしにゴーヤの根は張ってるけれど、
こんな小さな土から生まれた元気な子だものきっと大丈夫。
それから数日、思ったとおりすくすくと大きくなっています。

f0231393_10463081.jpg

今頃からの朝顔だけど、朝顔の季語は秋、
この花が咲く頃は、きっとほんとうの秋になっていることでしょう。
by sarakosara | 2010-08-29 10:53 | 日々 | Comments(12)

歩けよ乙女

ミコの携帯からパソコンにメールあり、やはりネットはどうしても繋がらなくて
ステイ先でパソコンを借りてメールチェックのみしたこと、
荷物が違う飛行機に積まれてしまったらしく、遅れて家まで届いたこと(びっくり)
驚くほど英語がわからないこと(笑)
などが書かれていました。
まぁ色々あるみたいだけど、なんとかなるさで、一歩ずつ。

さて、京都便りも最終回です。

最後に今回どうしても行ってみたかった
あまりに有名でありながら、
なぜか一度も、修学旅行ですら行きそびれている、三十三間堂へ。
f0231393_1915335.jpg

この日友達との約束で私より一足早く帰ることになっていたミコも
やはり一度は見てみたいと短時間ながら拝観することになりました。
国宝 千手観音坐像を中心に
ずらりと居並ぶ、千体の千手観音立像。

観音像には、必ず会いたい人に似た像があるとも伝えられています。
一見すると同じように見える仏さまなのですが
よく見ると、ほんとうにひとつひとつ表情が違っていて、
面長や丸顔、厳しい顔つき、柔和な顔つき、千者千様。
千の手で衆生を漏らさず救済しようとする観音の慈悲と力の象徴とはいえ千一体の観音様。
いったいこのお堂にはいくつの手があふれていることになるのでしょう。
ほんとうに圧倒されるような群像です。

ここでミコは一足早く帰途に。
私は残ってゆっくりともうひとめぐりし、
ミコに持たせたくて、帰りぎわに災難よけの身代わり守りを買いました。


午後4時、まだ時間はある。
それならやっぱりここかな。
f0231393_19155785.jpg

タワーとみるとのぼりたくなる、生粋のおのぼりさん。
京都駅を中心に町並みがぐるりと見渡せ、
さっきこのタワーを遠望した清水寺も見える、しめくくりの京都タワー。
ミコと過ごした町が一望のもとにひらけ、いい旅だったとあらためて思います。
f0231393_1916212.jpg

帰りに乗った新幹線では流れる雲と抜きつ抜かれつ
遠くには通り雨が降っているように見えます。
ふっと気づくと窓から見える視界の端に虹がかかっていました。
あっ、虹!
デジカメと思った次の瞬間、スピードの速い新幹線、虹はもう消えていました。
でも何かいいことがありそうで、まぶたの裏に残っている虹をそっと記憶の中にしまいました。

現地集合、現地解散のミコとの初めての二人旅、
ひとつひとつの時間が愛おしいものになりました。
いっぱいおしゃべりしたよね、ここ数年でずいぶん大人になったと思います。
アルバイト先でもいい後輩に恵まれて、最後までミコの支えになってくれました。
人付き合いがそんなに得意じゃないと自分で言うミコだけど
少しずつ地道に絆を深めていっているように私にはみえます。
もう一度ミコに言いたい、これからも縁をいっぱい結んでください。
縁した糸は必ずしも固く結ばれることばかりじゃないけれど、
互いに心ならずも傷ついてしまうこともあるかもしれないけれど、
誰かと結ばれることはやはり素敵なこと
傷つくことを怖れずに、出逢いを大切にしていってください。

小さな頃から砂場にじっと座っている子じゃなかったミコ、
いつも興味のあることに向かってひとりでトコトコ歩いていたっけ。
これからもたぶんそんなミコでしょう。
ミコの好きな、そしてどこか似ていると言われた夜は短しの「黒髪の乙女」のように、
次々と起こる難題をものともせず、飄々と、トコトコと歩いていってください。
最後にミコが京都で撮った写真で、この旅のしめくくり。
いい旅をありがとう。
f0231393_19164120.jpg


ミコのことばかり長々とおつきあいくださりありがとうございました。
次回から平常運転でいこうと思います。
我が家の近況報告も兼ねるので、家族の話も若干増えるかと思いますが
いつものマイペースで綴っていこうと思っています、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by sarakosara | 2010-08-27 21:50 | | Comments(12)

出逢いあればこそ

今朝ミコから電話があり、無事に着いたとのことです。
ところが元気?ときく間もなく
こちらで契約をしていったネットがどうしてもつながらなくてパソコンが使えないと。
こちらのパソコンでマイアカウントに入ってほしいと言われたのですが
何度やってもエラー。
事務的に返さなくてはならないメールがあって困った・・と。
サポートセンターにもつながらずだけど、なんとかもうちょっと頑張ってみると電話が切れました。
落ち着くまではいろいろ大変ですね。

で、ミコの出発までに書いてしまおう思っていた京都だよりでしたが
最後はバタバタと追い込みで、けっきょく書き終えませんでした。
遅くなってしまいましたが、
ここはミコも時々のぞくと思うので、思い出のページとしてあと少しおつきあいください。


翌18日も快晴、朝から容赦なくお日さまが照り付けていました。
思えばこの京都行きの頃が今年の猛暑の始まり、
まさかあれから延々とこの暑さが続くとは思っていなかったけれど
処暑を過ぎてもこの暑さです。
f0231393_5442411.jpg

朝の出し撒き玉子がほんとうに美味しかった、
甘すぎず、上品な出しの味が活きて、私には出せない味でした。
湯豆腐に、ミコの大好きな白いご飯、しばらくこんな朝ごはんは食べられないけど
アメリカの食卓にも早く慣れるといいね。

それから宿にほど近い、清水寺へ。
それにしても暑い!
清水への参道をのぼりながら、用もないのにお土産やさんについ立ち寄ってしまいます。

容赦なく照りつけるお日さま、清水の舞台からの遠望。
f0231393_5445751.jpg

遠く京都タワーも望め、風が吹き抜けていきます。
清水の舞台から飛び降りたつもりで・・
人生50年と少し、私も何度かそんな気持ちになったこともありましたが、
今回のミコのアメリカ行きはまさにそんな思いもあったかもしれません。
一年前、もう決まっていた小学校の先生への道を断念しての方向転換、
迷いに迷って決断したことだったけれど、
予定していた春には行く目処もたたなくなり、
次々と社会人になっていく友達をみながら、やっぱりあのまま先生になっていれば・・
そう思ったこともしばしばでした。
清水の舞台から飛び降りるような気持ちで迎えた今、
その決断の答えはこれからミコ自身がひとつひとつみつけていくのだと思います。

ひとめぐりしてから、夏の特別公開の大講堂へ。
本道の賑わいとは対照的に、訪れる人もまばらで閑散としています。
いちばん奥手には大日如来坐像、
見上げるほどの大きさで柔和なお顔で鎮座まします。
ふだんは顔を見せてくれない仏さまにみつめられ、ひととき暑さを忘れ、
お隣の多宝閣には4メートルの巨大な仏足石
4メートルもあるこんな足に踏まれたら、ひとたまりもないだろうと
不謹慎な妄想をしている傍らでは
小学生の男の子とお父さんがお釈迦さまの背丈の計算をしていました。
ここもこの親子連れと私達だけ、
四方に4076体もの小さな仏さまが刻まれているけれど、しんと静かです。

ふたたび参道を下り、あまりの暑さに一休み。
抹茶の向こうのカメラはミコのもの、スマに見立ててもらって中古をひとつ手に入れました。
ミコも写真を撮るようになってから、
一緒の時に写真をとっても、クレームがこなくなったのは思わぬ副産物。
f0231393_5454052.jpg

甘みのないよく冷えた抹茶をあっという間に飲み干し、
三年坂、二年坂とくだり、
桔梗の青がそこだけ涼しげに揺れる店先で一枚。
f0231393_5461849.jpg

しかし真上にのぼったお日さまは日影も作ってくれず、
すべての根気をうばっていくように照り付けます。
さすがに歩くのをあきらめて地下鉄に乗り、
やはり夏の特別公開を見たかった下賀茂神社は泣く泣く割愛。
京都へは何度か来たことがあったけれど、いずれも寒い時期ばかり
やっぱり京都は冬の湯豆腐かな・・なんて言い訳しながら
猛暑の中での計画はなしくずしになっていくのでした。

とにかくこの暑さからのがれたい一心で
腹が減ってはいくさができぬとへりくつをつけて、お昼は二人とも行ってみたかった
イノダコーヒー本店へ。
f0231393_5581855.jpg

この冬、札幌に行ったときに、マローさんから教えてもらって知ったのがイノダコーヒー。
ひとりで入っても居心地がよくて
増毛から帰ってきた札幌でほっと一休みしたところ、
あまりに居心地がいいので、お店の人に東京にもありますか?と尋ね、
その時に京都が本店であることを知りました。
いつか本店に行ってみたい、そう思っていたら、ミコもイノダコーヒーのことを知っていたのです。
前回一人で京都に来たときは、清水の支店に行ったとのこと。
それなら今度は本店だね、と意見が一致。
f0231393_5591988.jpg

コーヒーと一緒の食事に注文をしたのは、あの時と同じハムサンド。
しばれた北海道で食べたハムサンドを真夏の京都でも食べながら、色々なことを思いました。
ミコにとっても、私にとっても、数々の出逢いが人生をつくり、支えてきてくれたはず。
それはもちろんこれからも。
f0231393_62469.jpg

「出逢いあってこその人生だよね
 ミコもこれからも出逢いを楽しんでね」
そう言った私の言葉にミコもうなづいてくれました。



昨日も後からの荷物を送ったり、残していった愛用品を見てはしんみり。
でも今朝の電話で元気そうな声をきいたら、すっかり安心しました^^
みなさんのところへもコメントにと思いながら
今朝もミコからのパソコンの一件で時間切れになってしまいましたが
今日は週末金曜日、帰ってきてからゆっくり読ませていただきますのでしばし<(_ _)>

by sarakosara | 2010-08-27 07:24 |

出発しました

やはり見送りに行ってしまいました。
25日16時発ユナイテッド航空、元気に出発しました。
遠くなる機影に、
行っちゃったね・・と、寅さんとふたり。
f0231393_7451933.jpg

そろそろ着いたころ。
ユージーンの気温、最高34度、最低12度、
明日あさっては、22度ー9度とか。
一日の気温差は激しいですが、とても過ごしやすいところらしいです。
時差は14時間ほど。
元気ですごしてくれれば何よりです。
by sarakosara | 2010-08-26 07:47 | 家族のこと

加茂の流れに

出発は25日に決まりました。
送るもの、自分と一緒に持っていくもの、パッキングがうまくいかずに四苦八苦。
パソコンの無線ランも買ってきたものが手持ちのノートに合わないことに今日気づき、
スマが買いに走ったり、まだまだてんやわんやです。

ということで、京都便りは続きます。
f0231393_2240412.jpg

制限時間の午後6時半少し前に食事を終えて外に出ると
通りにはあかりが灯りだしていましたが、
まだ空は暮れる前の明るさを充分に残していました。

宿に帰るには早すぎるし、かといってもう見学できるお寺はないしってことで
またまたそぞろ歩き、
f0231393_22404857.jpg

裏道は楽しい。
f0231393_22411689.jpg

こんなところには京野菜なのだろうか、
そういえば夕食のお漬物盛り合わせに出ていた黄色くて美味しい野菜
なんだろうと思ったら、なんと南瓜の浅漬けだった。
パリパリとした歯ごたえとみずみずしさ、さっぱりとした塩味がきいて
初めての味なのに、すっかりとりこになってしまいました。
f0231393_2241456.jpg

裏裏と道を探して歩くうちに振りだしにもどる。
京の五条の橋の上、遠く上流のほうを眺めながら、やっぱり鴨川を歩いてみようか。
そいうえば、17日の夜は八坂神社から三基の大神輿が氏子に担がれ市中を練り歩くはず。
もし運がよければ遭遇できるかも。
もうすっかり日は暮れ、西の空が燃え残りのように少し明るくなっているくらい、
やっと昼間の照りつける暑さから開放された河原、五条あたりは、まだ人影もまばらです。
f0231393_22453261.jpg

ミコとぽつぽつと話しながら、いつのまにか、「加茂の流れに」を口ずさんでいました。
やっぱり古いなあ(笑)

やさしい雨の祇園町
加茂の流れにうつるあなたの姿
あれは、初めての恋
みつめあう、みつめあう瞳 あなたとふたり


「加茂の流れに」っていう、かぐや姫の歌があってね・・
ミコに言うと、ふ~ん、とそっけない。
かぐや姫といえば、神田川くらいしか知らないのかな。
それでもやっぱり私には懐かしい青春の歌。
ミコにとってのそんな歌はなんだろう、あの時きいてみればよかった。

四条に近づく頃、通りのほうが賑やかなのに気づいて一度通りにあがってみました。
なんと幸運なことに、お神輿に遭遇。
ちょうど南座の少し手前あたりでした。
f0231393_22464343.jpg


それからまた河原にもどる途中、階段を下りながらみると
だいぶ暮れた空にはいつの間にかお月さま。
思いのほか鴨の流れも早く、足をとめてしばらくその風景に見入ってしまいました。
f0231393_2246945.jpg

三条で一休みしてから
もう一度三条大橋の欄干に身をもたせかけて
ミコと二人ならんで河原を見下ろします。
午後9時過ぎ、祇園祭りの続く京都の夜、
河原はまだまだ涼む人がいっぱいいました。

橋のすぐ下でギターをかき鳴らしている人がいます。
一種独特のオーラを発しながら歌うのだけど、お世辞にも心地よいとは聴こえないその歌。
前に立ってきいている人5、6人、
なりゆきで立ち止まってしまい、
立ち去るには少なすぎる人数に、歌が終えるまではと
じっと聞き入るしかないように見えてしまいます。
河原の奥手でももう一人歌っているらしく、
そこからは可愛い女性の声と人だかり。
そんな声を掻き消すがごとく、リフレインする雄叫びとギター。
ミコとどうなるんだろうねとちょっと笑って言いながら、
私たちまでつい曲の終わりまできいてみたくなってしまいました。
歌詞の片鱗すら覚えていないけれど、なんだか不思議な歌、
やっと終わった歌声に、ほっとするようにその場を立ち去る人。
ミコと私も欄干から離れ、鴨川は京都の人に愛されているのだろうなと、
そんなことを思いながら宿に向かいました。



鴨川の表記について
通例として、高野川との合流点より上流は賀茂川または加茂川といわれ、
それより下流は鴨川と表されることが多いが、
実際は1964年(昭和39年)公布、翌年施行の河川法により、起点よりすべて鴨川の表記に統一されている。

by sarakosara | 2010-08-22 23:01 |

京の夕空夏の色

つかの間の舞妓さんから、いつものミコにもどり、
一度宿に荷物を置かせてもらおうということになりました。
宿は五条にあるこじんまりとした居心地のいい旅館。
ミコがみつけておいてくれた宿で、
チェックインの時間には少し早かったのですが
まだエアコンが効いていませんがそれでよかったらと、こころよく部屋に通してくれました。
ぎしぎしといいそうな木の階段をあがると、すだれ越しに小さな中庭がきもちよく見えます。

案内してくれた年配の仲居さんがお茶をいれながら、
祇園さんの頃のこんな暑さは珍しいのですよ、
いつもの祇園山鋒巡行の頃は、雨がじゃじゃ降り、
お天気は嬉しいけれど、ちょと暑すぎますねえとねぎらってくれました。

エアコンでほどよく涼しくなってきた部屋でミコと向き合って
ふ~とひとごこち。
初めての二人旅なんだな、そうあらためて思います。
今回は二人ともそれぞれ何度か来ている京都なので
お寺さんめぐりというよりも、一緒に京都の町を歩こうということで意見が一致していました。

それじゃそろそろと、
昔からずっと行ってみたかった場所で夕食のため
少し傾きかけた、でもまだかんかんと照りつけるお日さまのもとへ踏み出しました。
最初は鴨川のほとりを歩いて行こうかと思ったのですが、
さすがに猛暑の中川原を歩く気はうせ、平行して流れる高瀬川添いを歩きます。
f0231393_11274573.jpg

かつては物流用に開削された運河というだけあって、
流れにそって家々が並び、その風情をみながら歩くだけでも飽きません。
旅はやっぱり歩かなくちゃ。
歩いていると、町の顔がみえてくる、匂いがしてくる。
f0231393_11282259.jpg

電線と屋根と空、
どこも一緒のようで、どこか違う、それぞれの町。
富士の高嶺に降る雪も~ 
京都先斗町に降る雪も~♪
なんて歌って歩いたわけではないけれど、たどりついたのは先斗町の

こんなところ
by sarakosara | 2010-08-21 12:23 |

即席ですが・・

七五三の時に晴れ着を着た時、まるで舞妓さんみたいってみんなに褒められて
すっかりご機嫌だったミコ。
その時の印象が強かったのでしょうか、成長してからも舞妓さんになりたいなんて
冗談半分、本気半分で言うこともありました。
そんなに簡単なことじゃないからって、一笑に付したけれど
案外本気で言っていたようにも思います。
そのことがあったのが私の中にも残っていたのかもしれません、
いつか、ミコに舞妓さんの姿をさせてやりたい、させてみたいと思うようになっていました。

今は一万円ほどで、すっかり化粧やお支度をしてくれ
写真まで撮ってくれるところがあるときき、
今回の旅行、これは絶好のチャンスとばかり、
お母さんがスポンサーになるからともちかけると、ミコもそれならとのってきました。
自分で着物も選び、すっかり支度も出来上がった姿で待っていたミコをみて、
やっぱりよく似合う。
親ばかなのは重々承知のうえだけれど、そう思いました。
f0231393_18505624.jpg

ミコの曾祖母、寅さんのお父さんの母親は京都の人でした。
慣れない東京で身体をこわし、なくなったのは義父がまだ15歳の時。
それまでは義父達きょうだいも毎年夏休みになると
母親の実家の京都に長逗留したと、よく思い出話をしてくれたものです。
二条のあたりにその家はあったというのですが
大戦の頃にはもう母はなく、戦争のどさくさのなか母親の実家とはそのまま疎遠になり
亀山の方へ越したらしいという消息は、つい先日病気入院中の伯母からきいたばかり。
今は幻となってしまったような京都の曾祖母、
でもミコにもその血は間違いなく流れているのでしょう、
一人旅や、友達と一緒の旅で、何度も京都を訪れているミコ、
なんとなく町にすんなり馴染むような気がするのも、あながち思い込みばかりでもなさそうです。
どちらかといえば、派手なメイクは映えない顔立ちのミコ、
生まれる時代を間違えたよね、と笑いながら言うのです。

即席舞妓はん。
by sarakosara | 2010-08-20 23:48 |

追いかけて京都

お休みも今日でおしまい。
予定通り父の庭の草取りを終え、寅さんと映画、
そして一昨日はミコとスーツケースやお土産を買いに。
昨日はミコも友達に会いに行って不在だったので、
私も専門学校の時の仲良し4人とひさびさに全員集合しました。

そんな昨日でミコとの京都の旅からちょうどひと月、
書こう書こうと思いながら、7月は時間に追われてしまったこともあったのですが
8月になってみると、最後の最後まではっきり決まらないアメリカ行きで、
どちらにしても、11日の面接が終わってから、
行けても行けなくてもそれから書こう、そう思い始めていました。

出発は23日、あるいは24か25になりそうです。
それまではなるべくミコとの時間を大切にと思っていますが
京都のことは初めて一緒にふたりででかけた旅として、
ミコへのはなむけとしても、
また向こうへ行ってから、時にページをめくるアルバムのようになればとも思い
少しずつ書いてみようと思っています。
出発までは何かと落ち着かないので、
旅立ちの日まで一週間ほどコメ欄お休みしますが
一緒に京都の旅を楽しんでくださればと思います。



7月17日、ちょうど暑さが一番になった梅雨明けすぐの京都は照りつける暑さの中でした。
前日一足早く祇園祭の宵山に間に合うようにでかけたミコ。
大好きな森見登美彦の作品ゆかりの場所をたずね歩き
夜は宵山を堪能したらしく、
どうしているかなと携帯に電話すると、
屋台でりんご飴を買ったよと、声がはずんでいました。
f0231393_8543074.jpg


そして翌日の土曜日、私も追いかけて京都。
山鋒巡行に間に合うように駆けつけた烏丸御池は通行止めの道路に人波。
f0231393_855337.jpg

少しでも日影をと探しながらも、
お囃子とともに、通り過ぎる華麗な山鉾にも夢中。
祇園祭は京都の八坂神社の祭りで、日本三大祭りの一つに数えられ、
祭りの期間も7月を通してひと月続く長い祭りです。
その山場が17日の宵山と18日の山鋒巡行。
f0231393_8553578.jpg

いつか一度は行ってみたいと思っていた祇園祭、
ミコの京都行きに便乗して滑り込みなれど何とか巡行に間に合い、
鉾に見入って、やれやれと暑さにゆだっていたら、うっかり時間の経つのも忘れ、
ミコからメールが入っていたのに気がつきませんでした。
ふと携帯を見て、いけないっ、約束の時間になってる!

いつも行き当たりばったりの私は
駅でもらったばかりの地図を広げて食い入るようにみます。
しかしミコのいる祇園までの最速の移動方法がいまいちわからず、
どこもかしこも通行止めだし、こうなったら歩いちゃおうか・・
とはいってもこの炎天下、いくら碁盤の目とはいっても
方角と距離がつかめぬままあてずっぽうに歩くのはやはり無理だと
人波整理の若いおまわりさんに尋ねました。
するとおまわりさん、
歩くなんてとんでもなく遠いですよ!と、あきれ顔。
しかしよくきけば、おまわりさん自身少し要領を得ていない様子、
タクシーがいいかもしれないが、通行止めだしな・・
二時のバスまで待ちますか?
まてまへん。
京阪線がいいけど、その駅も遠いですよ~
こりゃ埒があかないとしびれがきれて、
ありがとうございますと言い残し
一番近い地下鉄烏丸御池の駅まで行って駅員さんにきくと
少し歩くけれど、東西線で京阪三条がここから行くなら一番近いと教えてくれました。

実はこの約束の時間、急がなくてはならない訳がありました。
地下鉄の中で走りたくなるほどじりじりして、京阪三条からはやむを得ずタクシーに。
近くてすみません。
いえいえと、優しいドライバーさんは、
祇園祭ですか?と、次から次へとパンフレットや、しおりを渡してくれながら
宵山というのは、実は宵宵山、宵宵宵山まであって、そのあたりも見ものですよとのこと。
やっぱり宵山も見たかったな・・
そんなおしゃべりをするうちに、ぎりぎりセーフで到着しました。
待っていたミコは。
by sarakosara | 2010-08-18 09:02 |

決まりました

昨日のお昼休み、ミコから携帯にメールがありました。
「ビザとれました!」
ああ、よかった・・
昨日が大使館での面接日。
たぶん大丈夫と思いつつも、
ここまでの紆余曲折を思うと最後の最後まで安心はできませんでした。
みなさんにもご心配いただきましたが、これでやっと本決まりです。

出発は二十日過ぎくらいだと思うけれど、
免許の書き換えやら、
とにかくビザがとれるまでは動けなかったことだらけ。
ミコもにわかに忙しくなりそうです。


そんな昨日は自転車がパンクで、ひざびさに徒歩通勤しました。
暑い・・
f0231393_6445687.jpg


見上げると向日葵。
思わず携帯で写真。
仕事も今日一日行けば、明日から6日間お盆休みです。
寅さんと映画でもとは思っているのですが、
それ以外は父の庭の草取りやら
ミコの出発の準備で終わりそうです。
でもほんとうに、ほっとしました。
by sarakosara | 2010-08-12 07:11 | 日々 | Comments(30)

今年の花火

今日はわが町も花火大会でした。
そうそう、門司港地ビールがお供♪
f0231393_234125.jpg

子供が小さな頃は、近所の仲良しもよんで、にぎやかに見ました。
従姉妹達をよんだ年もあったし、
寅さんの同僚がきた時もありました。
年毎の花火をみながら、一年って早いなあと思うのです。
そしてちょうど去年から、花火は父と寅さんと私、三人だけで見ています。

もう色々な人と一緒は億劫だなあという父、
それなら家族だけでゆっくり見ようかと決めた一年前。
もう子供達も、それぞれの友達と約束があって、家にはいません。
f0231393_23444263.jpg

父を真ん中にして、屋上の特等席で見る花火。
三人とも花火にみとれて、口数も少ないけれど、
夜風に吹かれながら見る花火は格別です。
ドーンと、お腹にまで響くような音、一瞬にこめられた夜空の花。
今年の花火はいい花火。
f0231393_2343480.jpg

by sarakosara | 2010-08-07 23:51 | 好きなこと