<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

花かごと夢

お正月に父宛の年賀状が一通ありました。
差出人は、「一緒に居たことは忘れない」に書いた
にゃんにゃんおばちゃんの娘さんのT子さん。
私はもう年十年もお会いしていなくて、父のこともお知らせしていませんでした。
父の他界後も年賀状が届いた方には
それぞれ父の死をお知らせいていたのですが
T子さんからは、一昨年も昨年も賀状はなく
たぶんどうしておられるだろうと
久々に書かれたのかもしれません。
そのままにもできないので、ご無沙汰のお詫びとともに
今までのことなど手紙に書いて送ったのです。

それから一週間ほどしたつい先日
大きな花かごが届きました。
互いに電話番号も知らなかったので
送り状にあった番号に電話をかけて、しばらくお話をしました。

もう80代になられているとのこと、
母とは10歳も離れていなかったはずなのに
母のことを、おばさまと呼んでいたようで
ほんとうにお世話になって、可愛がっていただいたのよ。
あんな素敵な方が早くに亡くなられてほんとうに悲しかった。
今も仏壇に、おばさまの写真をかざってあるくらい
大好きな方でした、と。

おじさまも亡くなられて
さらちゃんのお手紙を読んで
ほんとに胸がしめつけられるほど懐かしく思った
こうしてさらちゃんともお話できてよかったと
私もその話し方に幼い日にきいたT子さんの声を思い出しました。

30数年前に亡くなった母の写真を
仏壇に供え続けてくださっていたことに私も驚き、
にゃんにゃんおばちゃんとT子さん
そして私の両親の過ごした日々の深さを想いました。

f0231393_14582381.jpg


そんなことがあったせいなのかどうか。
昨日と今朝、続けて二晩両親の夢をみました。
どちらも父も母も若くて私はその娘時代。

一昨日は街中の大通りを大きな川が流れ
その河原を三人で歩いているところ。
目抜き通りのようなところで
大勢の人が一緒に歩いている。
岩場が続き、歩きにくくて私は靴をぬいで歩き出す。
やっと岩場をぬけて、河原から抜け出した時
靴をおいてきてしまったことに気づいて
一人だけ裸足の自分が恥ずかしくて
両親には待っててくれるように言いおいて
慌てて取りに引き返すが
人の流れに逆らってごつごつした河原を歩くのに疲れ
靴もどこに置いたのかみつからず
両親に戻ると言った時刻はとうに過ぎ
携帯で父に電話をして
お昼は二人で先に食べてほしいと伝える。
父の声が若々しかったこと
お母さんに代わろうか?と言う言葉がなんだか嬉しかったこと
その後どうなったかは忘れてしまった。

今朝の夢は父は出てこず。
母とふたり、
お隣のおじさんが亡くなったのでお通夜にいく支度をしなくてはと
着替えを始める母。
紺地に赤い織りが入ったツイードのような生地のスーツに着替えている。
いくらお通夜でもその服はだめでしょう
そう言う私に、それならやっぱり着物かしらねと母。
そうね、やっぱり着物がいいわと
私がタンスの引き出しをひくと母の着物が無い。
そうだ、ぜんぶ洗い張りに出しちゃったんだと気づく。
困ったね、それが戻ってから仕立てもしなくちゃと言う母。
そんな時に目が醒めた。

母も隣のおじさんも、もう何十年も前に他界している。
夢とは不思議なもの。
二日とも非現実的でありながら、そこはかとした余韻の残る夢でした。
by sarakosara | 2015-01-31 18:00 |

ぽっかぽか、みぞれ鍋

仕事が始まって早くも二週間。
一年前の記憶を呼び覚まし、
一年ぶりの友人とともに感覚をとりもどし
毎日のペースもできてきたこのごろです。
そんな昨日は関東地方もみぞれまじりの雪が降りました。

f0231393_1723220.jpg

寒い日は芯から温まる夕食がいちばん
お鍋の出番も増えますね。
忙しく帰ってきた時は手もかからないし
手を変え品を変え飽きないように。
このあいだは職場の友達から
田舎から送ってきたという大きな大根をいただいたので
ちょっと前に知ってやってみようと思っていた
ブリしゃぶみぞれ鍋を作ってみたら、大好評でした。

具沢山で豪華なみぞれ鍋ではなく
平日バージョン、シンプルな、でもほんとうに美味しい鍋です。

こんぶを入れた土鍋にお湯をわかして
白だしで味を整えて
そこにたっぷりの白菜を入れ
大根も豪快にまるまる一本くらい摺り下ろして投入
具はブリだけのシンプルがいいけれど
野菜はセリなどもあれば香りがよくて美味しいですよね。

これで準備オッケー。
コトコト美味しく煮えてきたら
ここで一手間、
ゆずを直接お鍋の上ですり下ろします。
ぱーっと清々しい香りがたって
あとはしゃぶしゃぶ用のブリをさーっと通しながら野菜と一緒にいただきます。

f0231393_1734628.jpg

最近はスーパーでも、ブリしゃぶ用や鯛しゃぶ用の切り身が売っていますが
無ければ、お刺身でもね
豚バラでも美味しいですね。

ゆずと大根おろしのせいか
底冷えのする日でも
ほんとうに芯から身体がぽっかぽかになります。

明日から2月、立春も間近。
日の入りもだんだん遅くなり
日中の日差しも少しずつ強さがでて
光の春は始まっています。
by sarakosara | 2015-01-31 17:14 | さら子の皿 | Comments(14)

厄年は役年

先週の月曜日、連休最終日は
スマの厄払いのお参りに行ってきました。
男性の厄年は25歳、42歳、61歳。
数え年で行うので年末に24歳になったスマは
昨年が本厄だったのですが
友達とでも行ってきたら?
と言いながら過ぎてしまった一年。

本人も色々あった一年で思うところもあったのでしょう。
今年のお正月に昨年のこと、今年これからのことを話しながら
「やっぱり厄除け行っておけばよかったのかなぁ」
そんなことをぽつり。

うーん気持ちの持ち方しだいだとは思うけれど
それが気になるくらいなら
あと一年後厄もあるし
厄除けしてもらってこようかということになり
寅さんと私も元旦に地元の氏神様に行ったものの
初詣の賑わいを味わいがてら一緒にでかけることにしました。

ほかに用事があるというスマとは現地集合
やはり大学時代に馴染みの深かった大好きな神奈川がいいと
川崎大師まで。

f0231393_15534557.jpg


風が強くて底冷えのする日でしたが
参道はまだお正月の雰囲気でにぎやかに露店もでています。
川崎大師は幼い頃
母の知り合いのご夫婦がこの近所にいて
その時に来て以来、ほんとうに久しぶりでした。

お護摩の申し込みをして本堂へ。
お護摩とは、仏の智慧の火を以て煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表すとのこと。
本堂はおおぜいの人で満員
導師さまのお話のあと
中央の炉の中に護摩木を焚いて、炎がパチパチと燃え上がり
火の粉も舞う中「南無大師遍照金剛」とみなで唱え
厳かにも活気のある雰囲気でした。

ちなみに川崎大師は厄年の数え方が大方の見方と違うらしく
スマは今年が本厄らしいのです。
え〜今年が?と、肩を落としていましたが
まぁそう考えれば、ますます行ってきてよかったねということに。

厄年とはもともとは人生の節目、転換期に合わせる形で
心身ともに気をつける時期という意味があるらしい
別の見方をすると、
人生の新たなお役を担う節目の年齢ということでもあるとききます。
スマもそんな大切な転換点を迎えているのかもしれません。

f0231393_1531072.jpg

早くも小正月をすぎて
私も明日からは冬場の仕事開始です。
4月から12月が健診の仕事。
明日から3月いっぱいは税務課の仕事。
一年ふたつの仕事を梯子するこのスタイルにもだいぶ慣れました。

お正月あけから、ほんとうにのんびりゆったりな時間が流れ
家事をおえると自分の時間がたっぷりで
本を読んだり、ドラマをみたり
なかなか会えなかった友達にあったり
職場の定期検診になかった市のがん検診を受けたり
歯医者さんで気になっていたところをチェックしてもらったり
時間に余裕があると、手のかかった料理も苦じゃなくて
安くて美味しいものを作るのが楽しくなる。

そんなこんなで過ごした2週間。
しっかり充電できました。
仕事までに旅日記もと思っていたのですが
まだ残ってしまいました。
マイペースで続きますので気長におつきあいください。
とりあえず明日から
えいやっと気合いをいれて、今年もスタートです。
by sarakosara | 2015-01-18 15:48 | 日々 | Comments(12)

立冬の北陸 五箇山

せっかく富山まで行くのだから
もう一泊して少し足をのばしてみようと旅の予定をたてていました。
翌朝は朝食のレストランから、
なんと昨日見ることのできなかった立山連峰が
朝の光の中に姿をみせてくれて感激。
f0231393_15323413.jpg

そして向かったのが五箇山。
隣接している白川郷とともに「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として
1995年に世界遺産に指定されました。
今は富山からも高速を乗り継いで、
東海北陸自動車道で五箇山まで直接行くことができるので
レンタカーを借りて向かうことに。

しかし高い山々に囲まれていた場所
袴腰トンネルと城端トンネルが続いて現れ
一車線通行で合計9㎞のトンネル
寅さんも難儀していました。

トンネルを抜けるとじきに五箇山インター。
インターをおりて少し走ると五箇山の菅沼合掌造り集落です。
ここからは徒歩で集落までおります。
f0231393_15365347.jpg

高いところからみると、まるで箱庭のようだけれど
ここは今も人々が生活をする家々なのです。
冬は豪雪地帯となるため
傾斜の急な大きな屋根を持つ合掌造りの家屋が生まれたとのこと。
今頃はすっぽりと雪景色の中でしょう。
f0231393_15453378.jpg


この日は秋の穏やかな日差しの一日でしたが
家の中にあがると、一階の板の間はしんと冷えて
今のような暖房のない時代はさぞやと思います。
そして囲炉裏の熱がのぼる暖かい二階三階は養蚕のための部屋。
またその蚕の糞を使って
塩硝という戦国時代の火縄銃に使う黒色火薬の原料を作っていたのです。
この塩硝の作り方がまた絶妙。
最初は偶然の産物だったのではといわれるものですが
蚕の糞、自然の草木などを使って作る。
ことにこの地域は山深く、幕府の目の届かないところにあったため
300年以上も塩硝作りが続き、
稲作には向かない地域での生活の糧になったそうです。

f0231393_15522593.jpg


五箇山の人々が過ごしてきた生活をみながら
なんて無駄のない、みごとな暮らしぶりだったのだろうと。
人が住む場所、お蚕さんが住む場所
床下には塩硝作りのための土を作る穴を掘り。
昔の人は五箇山に限らず
自分が地域柄得られるわずかなものを
最大限に生かして特徴あるものを作り出し捨てるものが少なく
あるいは捨てても自然に還っていくものが多かったのだろうと
つくづく思うのでした。

f0231393_16291814.jpg

今ある、便利すぎて不便な生活
さりとて、もう持ってしまった便利な物をそう簡単に捨てられるわけもなく
つかの間のタイムスリップのような時間に
思うことも多くありました。
by sarakosara | 2015-01-13 16:30 | | Comments(10)

立冬の北陸 高橋真梨子コンサート

もときた道を引き返し
北口駅前のオーパードホールへ。
高橋真梨子コンサート。
これが今回の旅のきっかけであり、メインイベントでした。

f0231393_021684.jpg

高橋真梨子は寅さんが大好きで
はじめて一緒にコンサートに行ったのはもう7、8年前のことだったでしょうか。
全国ツアーの皮切りが、
いつも我が家からそう遠くない町のホールだったので
たびたび行くようになりました。

昨年、一昨年も行きそびれ
今年も取らなくちゃと言っているうちに、ツアー初日は間に合わず。
他にどこか近くであるかなと調べているうちに
たまには地方に行ってみようかと寅さんが言い出しました。
あ、それいいね!
さっそく今まで行ったことのない街での公演をさがすと
初冬の富山公演が目にとまりました。
こうして予約を入れたのがたぶん昨年の春だったと思います。
11月までおよそ半年楽しみに待ちました。

満席の会場はやはり真梨子さん世代がいちばん多いでしょうか。
私と同じ50代あたりも次くらいに多い感じ。
10代の頃にはペドロ&カプリシャスで耳なじみの曲も多いし
真梨子さんがソロになってからの有名な曲もあるし
新曲もふくめ飽きることがありません。

中にはツアーをずっと追いかけているという
スマとちょうど同じ歳の青年もいて
真梨子さんも顔なじみらしく
きけばファン歴10年とのこと、びっくり。
14歳の時から真梨子さんの歌に魅了されてしまったそうです。

真梨子さんは、なかなかテレビで歌うことがないのに
チケットはいつも早々にソールドアウトになるらしく
まさにライブが真梨子さんの生きる場所。

毎年半年以上もの長いコンサートツアーは
今年の全国ツアー「Adultica」で通算38回目
もう40年近く全国ツアーを続けている
7月の大阪フェスティバルホールの公演で
ソロ・コンサート総動員数650万人を突破したそうです。
こんなに続いているのは彼女の努力と魅力ゆえでしょう。

f0231393_14562272.jpg

何度か着替える衣装も楽しみ。
今回は少し短い膝上丈のドレスで登場、
「可愛いすぎたかしら?年甲斐もないって笑わないでね」
って茶目っ気たっぷり、とてもチャーミングでした。
特にアンコールの衣装が素敵で
真っ白なロングドレスに色々な映像や色が映し出され
虹色のドレスや蝶が舞い飛ぶドレスになったり
まるで真梨子さん自身が宙を舞うような錯覚を起こさせるライティング。
最近の傾向なのか
ライティングの演出が素敵なライブが多いような気がします。

寅さんに誘われなかれば
おそらく行くこともたかっただろう高橋真梨子ライブ。
大人のラブバラードをきく楽しみができました。

for you…は
夫のヘンリー広瀬さんと結ばれた頃の気持ちが重なるとのこと。
私もこの曲が好きです。
そして、『ごめんね』昨年のツアーの映像。

ライブは一回一回違うもの
その地方ならではの雰囲気もあるもので
今回地方公演をきいて、すっかりはまってしまい
また今度もと話しています。
長丁場のツアー、
体調管理なども難しいような話もしていました。
どうか元気でできるだけ長く続けられるよう願っています。

あたたかいライブの余韻にひたりながら外に出ると
きんと冷たい空気が心地よく
さぁどこかで一杯やろうねと足取りも軽くなります。
by sarakosara | 2015-01-11 16:19 | | Comments(0)

立冬の北陸 世界一美しいスタバ

いちど駅まで引き返して、こんどは駅の北側へ。
駅から続く大通りは
官庁街のある南側とは少し趣がちがい、
きれいに整えられた新しい町並みでした。

f0231393_23145776.jpg

この先にある運河にちょっと訪ねてみたいところがあったのです。
それは世界一美しいスタバ。

ちょうどこの夜に向かうべき場所からほど近いところ。
歩いて旅先を感じたい旅にはぴったりでした。

実は、でかける前に、前日は遅くまで仕事だった寅さん
夜のメインイベントの前にホテルで仮眠しようかなぁと言っていたので
それなら、ひとりで、プチ一人旅気分を味わうのもいいなと
密かに目論んでいたのです。
ところが世界一美しいスタバにちょっと行ってくるねと言うと
せっかくだから自分も行くと。
うーん、そっか、いいのよ寝てて。
何度か言ったけど、
いやいや、僕も行くよってなことになりまして。

でも早い夕暮れ
ぐんと冷えこんできて、人影も少なく
やっぱり一緒でよかったと、歩きながら思ったことは内緒です。
f0231393_23313995.jpg

暮れなずむ空をみながら
ほんとうにこの道でいいのだろうかと通りすがりの方に尋ねると
もうすぐそこですよと、笑顔で指差してくれました。
指差す方にもうしばらく歩くと、それらしき建物が見えてきました。
運河に面した広い公園の中にそれは建っています。

f0231393_23184745.jpg

富岩運河環水公園内にあるスタバのコンセプトストア。
2008年度、スタバの世界中で最もすぐれたデザイン店舗に贈られる「グッドデザイン賞」を受賞して、
「世界一美しいスタバが日本に!」と話題になった店舗。
公園のシンボルである「天門橋」がどの席からも眺められる。
公園がライトアップされる夕暮れ時から夜の景色もGOOD。


道すがら人影はまばらだったものの
さすがに、世界一美しいスタバ
店内は満席状態。
でも幸運にもちょうど「天門橋」に向いた窓際の席があいて
ふたりで座ることができました。

世界一美しいスタバのコンセプトは定かでないけれど
2008年、世界中にあるスタバの中で選ばれたことは素晴らしいことだと思います。
たぶん、街中にあるスタバとはひと味違う
近辺にまったく店舗らしきものがない運河沿いに
ぽつんとあるところも選ばれた要因のひとつかも。
私はふだんは、ちょっと価格が高いので他のお店を選びがちだけれど
価格だけのサービスがあるのかもしれませんね。

f0231393_23222214.jpg

「期間限定、紅茶のシフォンケーキです」
試食をいただくと、美味しい〜♪
さわやかな笑みを浮かべるおにいさんに薦められて
まんまとその術中に
半分こしようと、寅さんにもちかけて注文してしまいました。

f0231393_23573293.jpg

すっかりあたりが暗くなってきた頃
天門橋がライトアップされ
それはきれい。

f0231393_2322447.jpg

お腹もほどよく満たされたところで、
本日のメインイベントへ。
by sarakosara | 2015-01-09 00:00 | | Comments(6)

立冬の北陸  富山の路面電車

さて、少しずつ昨年の11月の北陸3県の旅のお話の続きから。

白えび天丼のお昼ご飯でお腹がいっぱいになったので
夕方のメインイベントの前に
少し街を歩いてみようということに。

まずは駅の南側から県庁方面へ向かってみようかと
駅前からまっすぐ伸びる大通りを歩く。
ここは富山地方鉄道の路面電車のルート。
ゴトゴトと昔懐かしい雰囲気の路面電車が走ってきます。

f0231393_1721829.jpg


駅前でみた最新型のトラムが
新車両なのだと思い込んでいたのですが
後々になって、このふたつの電車は
違う運営会社の違う路線なのだと知りました。

懐かしい雰囲気の電車が、富山地方鉄道のレトロ電車
モダンなトラムが富山ライトレールのポートラム。
ポートラムは写真を撮りそこねたのですが
2両連結のおしゃれな感じの路面電車でした。

街の風景にとけ込むように走る路面電車。
そんな市電は各地にまだ元気に走っているけれど
ここ富山の街でも
駅の南と北をその二つの路面電車が走り活躍中です。

f0231393_1731945.jpg

車の川の中州をゴトゴト走る姿がなんだか好きで
この時もすぐにカメラを向けました。
デザインは九州新幹線など
九州旅客鉄道の列車を数多く手がけた水戸岡鋭治氏。
普通の市電の軌道を走る観光用の車両とのことで
そうと知っていれば、ちょっと乗ってみればよかったなぁと思いました。

またしばらく歩くと市役所の展望台が見えてきます。
玄関の守衛さんに訊くと無料で上れるというので
最上階へ。
雨あがりの日差しは穏やかだけれど遠くはかすんで
残念ながら立山連峰は見えずでした。

f0231393_1727523.jpg

見渡せる日ならこんな風景が広がっているはず。

f0231393_17301061.jpg

これだけの高い山々が連なって見える様は壮観だろうなと
見えない山々に未練たっぷり。

次は暮れないうちに、駅の北側に向かいます。
by sarakosara | 2015-01-07 22:59 | | Comments(4)

掘りごたつでお正月

新しい一年が始まり、今日は小寒。
寒の入りです。

新年元日は家の近所の氷川神社へ初詣。
二日は駅伝をみながら新年会でもと
家族ぐるみのおつきあいの近所の友人家族からお誘い。
高校時代の友達に会うというスマ以外、そろってお邪魔しました。

そして三日は父の二度目の祥月命日。
お墓参りはみんなで先月行ったばかりなので
思いついて父の家で夕食をすることに。
一階はガスも止めてしまったので
ちょっと手間なのですが
朝晩のシャッターの開け閉め、お仏壇のお世話はするものの
夜に灯りがともることはめったになくて
父の愛した掘りごたつで賑やかな夕食にすれば
なんだか父も喜んでくれそうな気がしたのです。

f0231393_1537798.jpg

すっかり冷えきった部屋を午後からエアコンであたため
押し入れのこたつ布団も三階のベランダでお日様によっくあてて
準備万端、心地よい掘りごたつの復活です。

スマにお酒の調達を頼んだら
仏壇には日本酒を
そして寅さんと私には竹鶴とリタの
期間限定ハイボールを買ってきてくれました。
料理はおせちの残りと買ってきたお寿司。
それからIHヒーターでお鍋。
三階のリビングはフローリングに大きなテーブル
火燵の冬とさよならして久しいので
足はポカポカ暖かいし、
じいじの特等席だったコタツですっかりいい気分。
父がいたら、ここで一句というところでしょう。
みんなの缶を並べてスマホで一枚。

f0231393_15442090.jpg


そういえば、昨年最後の記事で
大晦日のことを年夜(としや)と書いたのですが
もしかしたら、年取り(としとり)の間違いだったかなぁと
お正月ずっと考えていました。
「どっちだったっけ?」
そう訊こうにも、父も祖母もなく
一緒に過ごしたお正月もこうして一年一年遠くなり。
私の記憶はかくも曖昧であり。

こうして新年の挨拶をかわす顔ぶれも
時とともに変わっていくのでしょうが
まずは新しい年を寿ぎ
淡々と、でも小さなことにも心ときめかす気持ちも大切に
今年もスタートできればと思っています。

ブログも昨年同様なマイペースになると思われ
訪問などもあまりまめにできないかもしれませんが
変わらずこちらで書いていくつもりです。
今年は思いつくまま短い言葉で綴るのもいいなと思ったり
どうなるのかはまだ未知の世界
それでも自分の小さな記録になるはず
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
by sarakosara | 2015-01-06 22:19 | 日々 | Comments(10)