<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

群馬で夏休み 旅籠屋丸一

蝉時雨の中、木戸をくぐると
落ち着いたたたずまいの低層の本館、離れなど幾棟かが
緑あふれる庭などをはさんで建っています。
f0231393_167481.jpg


我が家が通されたのは離れ。
玄関の引き戸をあけると
お香の良い香りが迎えてくれます。

夏はスリッパもなし。
この日は素足にサンダルだったので
裸足で玄関をあがると、
ぴかぴかに磨き上げられた木の床が
ひんやりと心地よい。

f0231393_10592124.jpg

通された部屋は二間続きで鍵型の廊下付き。
広々と心地よくて
田舎のおばあちゃんちがあったら、こんなかなという居心地。

こちらのひとつの特徴はセルフサービス。

丸一のムページには次のような言葉が書かれています。

丸一がご提供するのはリーズナブルな価格、質の高い時間と空間。必要以上にお客様に入り込むサービスは行いません。
その分、お客様にはのびのびと開放的な時間をお過ごしいただけます。



部屋に案内してくれた仲居さん?も
同じような話をしてくれました。
お茶菓子もないし、布団の上げ下ろしも自分。
でもほんとうに気持ちの良い部屋が用意されている。
我が家はのーんびり、のびのびしたかったので
むしろ願ってもないこと。
お茶をいれたら、さっそく広い座敷でごろごろ。

f0231393_16225696.jpg

この宿は旅籠屋という名の通り
江戸時代から続いていた宿。
かつての主が描かせたり収集した書画などが
館内随所に飾られています。
部屋のふすまにも、さりげなく、こんな絵が。

f0231393_16404173.jpg

好きな浴衣をお選びくださいね、
そう言われていたことを思い出し
ミコと玄関脇にあった箪笥を見に行きました。
これは夢二が描いた柄を浴衣にしたものだとのこと。
f0231393_16424836.jpg


浴衣と帯。
ミコと、あれこれ悩んで選んだもの。
右がミコ、左が私です。

f0231393_16542728.jpg

さっそくミコに着付けようとしたけれど
帯が思いのほかしっかりした生地で
結ぶのに難儀し
とりあえず三尺で、名物、蔵の湯へ。
by sarakosara | 2015-10-12 10:57 |

群馬で夏休み その2

金木犀が香っています。
仕事帰り、空気が澄んでからっとした少し冷たい風、
早くなった夕暮れの空に筋雲がいっぱい。
秋がきました。

ひと月あまり前の夏旅の記事の続き
日中の陽射しに、ほんのちょっとだけ夏の残り香があるうちに。

今年は十数年ぶりの家族そろっての夏旅でした。
急に思い立ったので、
車で行ける近場、あちこち歩かず宿でゆっくりしようね。
そんなコンセプトで出発。

f0231393_1430329.jpg

一日目はまず月夜野びーどろパークへ。
ここは、もう28年前
ミコがお腹にいる時に、仕事の取引先の研修旅行に同行の出張で
行ったことがありました。
当時の印象と大きく違わない様子
あの頃が30年近く前のことだと思われず
懐かしく思い出しました。

f0231393_14301373.jpg

お昼を食べて、ひとめぐりし
ガラス工場見学。
赤々と燃える炉
暑いさなかでも、大きな扇風機のみで熱気が大変だろうなと思います。
しばらく飽きることなく、その工程を見学しました。

一休みしてから、
早々に宿へ。

広い敷地に落ち着いた昔ながらの宿。
一歩足を踏み入れた時から
ここ、いいねぇと、みんな思いました。
by sarakosara | 2015-10-04 14:41 |

おめでとうスワローズ

ヤクルトスワローズ、
リーグ優勝おめでとう!

まだクライマックスはあるけれど
混セの中、勝ち残っての14年ぶりの優勝、
感動しました。
一点差のままの緊張感いっぱいの試合
全力で勝ちに賭けてきた阪神も
ほんとうにいい試合をしてくれて、感謝です。
最後の相手ピッチャー、能美の姿は目に焼き付いています。

f0231393_22283521.jpg

ヤクルトは、父がまだ若い頃、
国鉄スワローズ時代から応援してきたチーム。
誰もが応援するところには目もくれない天の邪鬼の父。
私が子どもだった頃も
夏になると、毎日プロ野球放送ばかり
チャンネル権は父にあり
子どもだった私はそんな日々にうんざり。
それでも文句も言えずに茶の間のプロ野球放送につきあい
そして、いつしか私もそんなチームを応援するようになっていた。

奇しくも、二軍の本拠地である我が町。
スマが野球少年だった頃
真中監督が現役時代に、スマも、コーチをしていた寅さんも会っています。
一緒に撮った写真の、その太ももの太さに
私も驚きました。
今回の優勝嬉しかっただろうな。

今も草野球チームいくつかに所属するスマ。
なかなか仕事が忙しくて試合に行けないことも多いけれど
天の邪鬼は血筋なのか、
いつしかセリーグは横浜とヤクルト。
パリーグはロッテの応援団になっていました。

優勝が決まった試合は
阪神ファンの寅さんには複雑だったろうけれど
最後はみんな気持ちよくヤクルトの優勝を祝っていた。

その瞬間
「じいじ、やったよ〜!!」
そう言って飛び跳ねていた私。
手を合わせて祈るように画面を見続けていたので
いっきにはじけました。
父も空から笑っていたのかも。

引き分けでも、巨人が負けても優勝ではあったけれど
延長11回のさよなら。

「なんて劇的な幕切れ!」
そんなアナウンサーの声が、どんなに嬉しかったか。

緊張感あふれる
忘れられない試合をみせてくれた
ヤクルト、阪神に、ありがとう。
by sarakosara | 2015-10-04 14:15 | 日々