<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬のうた

ブルーとベージュのモヘアの混ざり毛糸で
もふもふに織り上げたような
立冬の朝の空。

冬がやってきた。

f0231393_15512659.jpg

そして、今年もじゅんさんのりんごが届いた。
冬が始まる合図のように
津軽からの便りのように
箱を開くと甘ずっぱい香りがいっぱいにひろがる。

赤と緑、可愛いりんご。
クリスマスカラーだなって思い
今日、リビングにもささやかなクリスマスのしつらえをした。

じゅんさん、ご家族で丹精されたりんごを
毎年ありがとう。
じじ、ばば達のお仏壇にもお供えしました。

f0231393_16153928.jpg


冬が来るとユーミンの 季節ごとの歌をまとめたアルバム
SEASONS COLOURSも
秋から冬の撰曲集に変えて聴き始める。

この中の曲、「木枯らしのダイアリー」は
自分の思い出とも重なる曲。


今朝窓を開けたら息が白くなった
あなたのいない初めての冬が空を覆った
眠っている間に

電車を乗り越して 休みにしてしまった
オーバーを着て 一日気ままに街を歩く
思い出と腕をくみ


若かった頃恋人と喧嘩して
泣き明かしてしまった翌日
仕事に行く電車の中
気持ちも立て直せないし
ひどい顔をして出勤したくなくて
会社をさぼってしまったことがあった。
そんなことをしたのは初めてだったけれど
明るい朝の景色が流れる電車の窓を
ぼんやりと見ていたことだけはよくおぼえている。

この歌の主人公のように
気ままに街を歩くなんてかっこいいことはできず
早々に家に戻り
祖母にも具合が悪くて帰ってきたと嘘をついて
会社にも祖母にも後ろめたかった。

若かったなぁと、この曲を聴くと思い出す。
昔むかしの冬の思い出。











by sarakosara | 2016-12-11 16:45 | 思い出小箱

留萠線

今日が留萌線のラストランだと
さっきニュースで知った。
ああ、そうだったったんだ。

北海道の路線が大幅に廃線になるとは聞いていて
やりきれない気持ちがしたけれど
その中に留萌線も含まれていることは知らなかった。

f0231393_21352509.png
2010年、私はひとりで父の生まれた場所留萌
そして祖母の生まれ育った地、増毛を一度訪ねたくて
かねてからのその願いを叶え旅に出た。

f0231393_21360063.png
真冬の北海道。
ブログの友人にも会い
忘れられない旅になった。

そして念願の地へ向かう車窓から見える
真冬の凍えた風景。

でも私の心は温かな想いにいっぱいで
涙がこぼれ、幸せな気持ちに満ちていた。

f0231393_21425469.png


線路の果てるところ。
そこは私と祖母をつなげる場所。
f0231393_21380619.png

地方の廃線は何も北海道に限ったことではない。
企業も利用者が少ない路線は採算が合わず苦しいのもわかる。
代替輸送の手段は色々考えられているようなので
致し方ないことなのだろうか。

雪のない都会
そして頻繁に電車がやってくる街にすむ私には、
そのほんとうのところは、きっと理解し得ない。
でもね、切ないよ。

大正10年から走り始めた留萌線。
その翌年に留萌で生まれた父
町は活気に満ちていたのだろう。
95年間、お疲れ様。
祖母の育ったところへ運んでくれた留萌線、ありがとう。


f0231393_21443614.png


by sarakosara | 2016-12-04 21:51 | つぶやき

師走の干し柿づくり

関東地方で54年ぶりに11月の雪が降った日の夜
お隣のおばあちゃんから
渋柿だけれど、干し柿にすると美味しい柿があるの
要らない?と電話があった。

お隣に生った柿の実だ。
甘柿は毎年もらうのだが
渋い方は今回初めていただく。

さて初挑戦の干し柿。
初めてだったのでカビないか心配で
熱湯をくぐらせた上に、焼酎で表面を拭いてから
芯に紐を結んでベランダに干した。

前日の雪がまだ屋根に残る翌朝
キンと冷えた空気が
柿の肌に染み込み
少しずつ美味しくしてくれるようでワクワクする。

f0231393_16512834.jpg


ミコが体調を崩して帰ってきている。
先々週から具合がよくなかったのだけれど
無理に無理を重ねて拗らせてしまった。

どんな仕事もそう簡単に穴を開けるわけにはいかないが
教師は子ども相手の仕事なので
より一層責任感で休めないことが多い。
一人の先生がひとクラスの授業をほとんど受け持つ小学校はなおのこと
無理をしても仕事に行ってしまう。
代理の先生がみてくれないの?ときくと
よほど長期の入院とかでない限り
担任が休みの間は自習になってしまうとか。

今様子見だけれど
腎盂炎を起こしてしまうと
入院も考えなければならないようだ。

学期末の忙しさに加え
家庭をまだ持っていない20代後半の働き盛りは
各主任業務も請け負って
山ほど任されていることがある。

小柄で細いミコだけど
タフで頑張りがきくところが取り柄だったのに
ああ、こんなこと初めてだよ
情けないなぁと嘆いている。

走ってばかりじゃ疲れも出るよ。
そんな時期だったのよと励まし
身体を壊しては元も子もないんだからと言い聞かせる。

週末、半ば強制的に我が家に連れてきて休ませていたら
ほんのすこし楽になったようだ。
明日からはまた学校。
今学期もあと少し、無事に乗り切れるだろうか。

一週間たった干し柿は
良い色合いになってきた。
美味しく出来上がる頃はいつもの元気なミコに戻っていますように。












by sarakosara | 2016-12-04 17:04 | 日々