<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雨の夜の夢

先月の誕生日に友達から
塩まくらというプレゼントが届いた。
まったく知らなかったけれど、
文字通り、塩が詰まった枕。
少し硬めの寝心地だけれど、ひんやりして頭にしっくりなじむ。
愛嬌のあるシロクマ君の絵柄もいいんだなぁ。

f0231393_22433491.jpg

そんな枕で安眠のこの頃だっけれど
日曜日の夜中に窓を打つ雨音で目がさめた。
風もゴォゴォ鳴っている。
遠くを台風がとおっているんだ。

雨音を聴きながらまた眠り
夢を見た。

オフィスの大きなテーブルいっぱいに
色とりどりの校正刷りの印刷物が広がっている
ひととおり校正した後
クライアントに持っていくように社長に言われた。

持っていく段になって
相手方の担当の名前を聴くのを忘れてしまったことに気づく
社長は出かけてしまった直後
慌てて追いかけて、やっと追いつくが
そんなことも知らなかったのかと叱られてしまう。

午後一番でと頼まれていたのに
気がつくと午後5時まで後少しの時間、
大慌てでクライアントに着くと
今度は自分の名刺を持って来るのを忘れたことに気づく。

仕方ないので、名刺は無しで入っていくと
まるで裸の王様そのままのような社長が出迎えてくれ
ゆったりとしたソファーと
果物が山盛りいっぱい盛られた皿のあるテーブルのある部屋に案内された。

まぁまぁ食べなさい、飲みなさいと
まるで仕事のことはそっちのけ。
名刺交換の挨拶がなくてホッとしたものの
気がつくと、自分の周りに女の人がいっぱい
ぎゅうぎゅう詰めにソファーに腰掛けている。
向かいのソファーには裸の王様。

なんだ、なんだ、これは?というところで
目が覚めた。

f0231393_15283583.jpg

小さな出版社に勤めたいた20代の頃
企業の健康保険組合や、年金基金の出版物を取り扱っていたので
たまに大きな会社のクライアントに
校正刷りを持っていくことなどがあった。

たいがい組合の長の方々は
20代の私には父親よりも年配と思われる方も少なくなくて
緊張したものだ。
おおかた駆け出しの若い女性と思うと
優しく接してくださったけれど
中には礼儀作法に厳しい方もいた。

ある時、クライアントへの校正運びも少し慣れた頃
どうやら私が生意気な口の利き方をしたことがあったようだ。
社に戻ってすぐに社長に呼ばれ
会ってきたばかりの担当者から電話があったと。
そして、私の態度、受け答えについて注意された。

私としては一人前に仕事をこなしてきたと
意気揚々として戻ってきたばかりだったので
ガツンと頭を殴られたようにショックだった。

なぜその場で言ってくれなかったのだろう。
なんで社長に電話で伝えなければならなかったんだろうと
悔しさと情けなさでいっぱいになった憶えがある。

直接言うのはためらわれたのだろうか
それとも上司にきちんと事実を伝えておきたかったのだろうか。
しかしその後、その方が退職されるまでの数年
何度となく足を運び
互いに信頼しあえるようになった嬉しさは
その時があったから、なおのことだったと思う。

今朝の夢はやっぱり夢、
辻褄が合わず、おかしかったけれど
そんな頃も思い出させてくれた。




by sarakosara | 2017-09-19 23:10 |

犬猿の仲

先々週の土曜日、Kちゃんのお母様の命日に
鎌倉までお墓参りに出かけた。
前からいつかと言っていたのだけれど
何度かどちらかの都合がつかなくなって実現しなかったので
念願叶っての、いざ鎌倉。

この日はよく晴れて暑くなり
秋の蝉の声が緑濃い木立の中から聴こえて来る。

お墓まいりの後
お昼まで時間があったので
近くのお寺さんへ。
坂東三十三観音札所一番、杉本寺。

f0231393_22572220.jpg
苔むした階段が歴史を物語り
その向こう
茅葺の本堂の中は薄暗がりで厳かな中にも
ほっと心落ち着く雰囲気。
さほど大きくない堂内には大小様々な観音様がいっぱい。
三体の十一面観音はそのまた奥の暗がりに安置され
お姿はよく見えなかったけれど、不思議と落ち着く空間だった。

境内に出ると暑いとはいえ九月。
向かいの山並みからも清々しい風が吹いてなんとも心地よい。

さて、お待ちかねのお昼。
Kちゃんとっておきの場所。

f0231393_22581819.jpg


運ばれたスープにびっくり。
ビーツで作ったと言うきれいなピンクのスープ。
わぁとテンション上がりまくりで
鎌倉ビールをお供に乾杯。

f0231393_22575697.jpg
何かの話から干支の話に。
「そういえば、Cちゃん戌年でしょ
私は申年、実は犬猿の仲なのよねぇ」とKちゃんが笑う。

え?あら!ほんとだ。
言われて初めて気づいて、私も笑った。

f0231393_23012422.jpg
ブログで出逢って親しくなって
父の葬儀にも友達代表で来てくれたKちゃん。
私もこうしてお母様の命日に墓前で一緒に手を合わせることができた。

そういえば、桃太郎の鬼退治に
きびだんごをもらって一緒にお供したのは猿と犬だよね。
詳しい話は忘れたけれど
犬猿の仲も力を合わせたってこと。
きびだんごにつられたとしたって縁があったのだもの
犬猿の仲も悪くないじゃない。

年末にはキジさんも参加して
お供三人衆そろい踏みの予定もある。
今度は年末を楽しみにと、約束して別れた。







by sarakosara | 2017-09-19 23:09 | ぶらさら子

秋の気配

9月。
カレンダーに合わせたように
関東は少し冷たい、乾いた風が吹いている。
気がつけば、朝陽の差す位置も変わってきている。
夕暮れも早くなった。

f0231393_16542983.jpg

先日我が家の建築を頼んだ住宅メーカーから
吊り戸棚の固定確認のお知らせという文書が届いた。
なんでも、施工建物で吊り戸棚の不具合があったとのこと。
全てのお客様宅で確認作業をすることになったという。

わぁ、面倒くさいな‥
と思ったものの、地震も心配な昨今、
タダで点検して補強もしてくれるというのを断ることもない。

とはいえ、とはいえである。
我が家は夫の両親、私の父と三世帯住宅だったので
締めて9箇所もの吊り戸棚があることになる。
点検の日は中身はいったん出さなければならないらしく
父のところも、寅さんの両親のところも
まだ片付けていない食器など入ったまま。
週末に少しずつ片付けるとして
点検は10月末にしてもらった。

昨日手をつけた吊り戸棚には
各種書類の他に手紙の入った大きめの菓子の缶が三つほど。

今回は食器類も思い切って処分していくつもりなので
手紙も同様、思い切ってと思っているけれど
何も見ずにバッサリと捨てることはできず
確認しながら、古いものを中心に
3分の2ほどを減らすことができた。
中には名前を見ても、さっぱり思い出すことができない人がいた。
内容を読んでも思い出さない、ナンジャラホイ。

残った三分の一はやはり封書が多いけれど
ちょっとした一言が残る葉書もある。

いずれは全て処分するつもりだが
時間ができたら一通ずつ読み返し、それからと思っている。

中に一通、葬儀のお礼の手紙があった。
印刷されたもので、この類のものをずっと取ってあることはないのだけれど
捨てられずにとってあったらしい。
夕焼けの好きな人、そんな秋の日に逝ってしまった。

その友人が好きだと言った歌
オフコースの「秋の気配」
どんな思い出があったのか、きかずじまいだったけれど
この歌を聴くと彼女のことを思い出し
秋が来たんだなぁと思う。


f0231393_17484199.jpg

母がいた頃、秋が来ると淋しいと言っていた。
母は今の私より若くしてなくなったから
一概に年齢でそう感じたのではないだろう。

私は秋が好きだから、淋しいとは思わない。
けれど、やはり秋の風が吹くと、どこか人恋しくなる。








by sarakosara | 2017-09-03 18:08 | 日々