<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

待ち人来たる 仙台より

ミコの夫Y君は、仙台出身。
お父様はY君が大学生の時に病気で亡くなられ
仙台の実家にはお母様と妹さん家族が住んでいます。

5月の連休に一度顔合わせのために
埼玉にきてくださり、
みんなで食事をしました。

妹さんの息子ちゃんを連れて
東京見物も兼ねていたのに
お土産をわんさかいただいて
呑兵衛夫婦のために重いお酒まで。


f0231393_16354290.jpg

そして今回は結婚式場を見ておきたいということで
先日の三連休、お母様一人での上京。
ミコ達と三人で式場を見たあと
今度は我が家の近くで食事でもしましょうと
そしてよかったら泊まりは我が家へとお誘いしました。
元三世帯の我が家、部屋はいくつでも(笑)
遠慮されるかなぁと思ったけれど
快く、それならお言葉に甘えてと来てくださって。
嬉しかった。

今回も仙台名物をお土産に。

f0231393_16494416.jpg
Y君のお母様は私と同い歳。
長身ですらりとかっこいいところは違うけれど
同世代の気安さもあり、
もともとさっぱりとおおらかなお人柄で
すぐに打ち解けることができました。

二人だけでゆっくり話す機会が欲しかったので
3時過ぎの新幹線に間に合うように送りがてら、
ランチでもどうですか?とお誘いしたら
これまた喜んでと快諾。

仙台のお孫ちゃんへのお土産を買った後
探しておいたカフェへ向かいました。

Y君とミコとの出会い。
二人の子供時代のこと。
今はなきご主人のこと。
スマやシングルマザーの妹さんのこと。
震災の時のこと。
たくさん、たくさん、話しました。

f0231393_17323352.jpg

Y君は仙台を心から愛しています。
また、父なき今、お母様と妹さんのことも案じている。
いつかは、できたら帰りたいと思っている話もミコからきいている。
でも、仕事のことはもちろん
ミコや私たちのことも慮って
どうしたものかと思案しているらしい。

そんな話をきいていたので
結婚前からミコには
Y君が仙台へ帰りたいと言った時は
お父さんやお母さんのことは気にせず
ついて行ってと言ってありました。

以前は娘は身近なところにいてくれたらと思ったこともあった。
けれど、私自身、父のことを大切にしてくれる人と結婚したいと思い
寅さんはその気持ちに寄り添ってくれたことを思うと
ミコにも、何より好きな人の気持ちを一番にしてほしいと思う。


ご主人の遺した会社の仕事、いつもの自分の仕事
家族のこと。
今は自分の自由な時間なんかないらしい。
「主人が亡くなってから
ますます大雑把で男っぽくなちゃって」と笑うけれど
秋風みたいに爽やかで素敵な飾らぬ人。

宮城県の有名なブランド米はひとめぼれ。
まさに娘婿のお母さんに、一目惚れ。

仙台に親戚ができたことも嬉しくて
新幹線の改札で、また今度、と手を振りました。







by sarakosara | 2017-10-15 23:07 | 家族のこと

母の香りZen

先月のお彼岸、私の両親のお寺で彼岸会があり
寅さんと出かけて来た。
最近はそこで、サチ子姉さんに会うのが恒例となっている。

サチ子姉さんは、母の親友ケイコおばちゃんの娘さん。
母もケイコおばちゃんも和服が好きだった。
そんなケイコおばちゃんには
どこか母の面影も感じてしまい
私の結婚の時にも母の代わりに打ち掛けの見立てをしてもらったりしている。

お寺の帰り、寅さんとお茶をしながら
昔の母の話になった。
寅さんと結婚した時は母はもうなく
寅さんは母に会っていない。


f0231393_16594600.jpg

まだ知らないこと、話していないこともあり
この日も母とケイコおばちゃんの知り合ったきっかけは何だったの?
と訊かれた。

実は私もその本当のところはよく知らず
おそらく両親が北海道から出てきて
新橋にあった小料理屋さんで
母がお運びをしていた時に知り合ったのだと思う。

私には曖昧で不確かなことだらけだけれど
一つ一つ糸を手繰るように考えてみた。

熱海にあった大きな旅館の東京出張所に
事務か営業のような仕事で勤めていたと思われる写真もある。

そして母の小さな夢
街の化粧品店を開いてい頃もあった。
結婚9年目、もう無理だろうと思っていた私を授かったことで
その化粧品店を閉めている。

そこまで寅さんに母のことを話しながら
母が家に専業主婦として過ごしていたのは
私が生まれてからの、ほんの数年に過ぎないことに気づいた。

祖母が同居で家事や留守をしてくれたということもあっただろうけれど
私が小学校に上がる頃には、すでに保険の外交の仕事を始めていた。

父が仕事で負債を抱え
母が一家の生活を支える状況になってからは働きづめ。
もっと穏やかな日々を過ごさせてあげたい
休ませてあげたいと幾度となく思った。
しかし、もしかしたら
母は元々家にじっとしていられる性分じゃなかったのかもしれない。

「お母さんは女に生まれてきたのが間違いだったのかもしれない」と
そんな話をすることもあった。
「どんな仕事でも全力で一番になれるように頑張るのが信条」
とも言っていた。
根っから外に出て働くのが好きだったのだろうか。

いや、違うのよ。
母はそう言うかもしれないけれど。

f0231393_17002557.jpg

母の好きだったオードトワレ「Zen」
黒くてぽったりと丸いボトルに秋草が描かれ
和服に合うと好んでいた。

母の香りが恋しくてネットで買ったのがもう数年前。
けれど、何だか母の香りがしない。

肌につけなければあの香りはしないのだろうかと
手首につけて過ごしてみたけれど
いまひとつぴんとこない。

1964年にデザインされた以前のものは
2000年初期にリニューアルされ
今はFOR MENと男性用もあった。
和の女性らしいイメージだったので驚いた。

男だったらと言っていた母。
けれど、不器用で甘えるのが下手なだけで
可愛いらしく、愛すべき人だったと娘の私は思う。

和服で仕事に出かける母のそばに寄ると
いい香りがした。
柔らかくて、凛として、好きだった。

あの香りはどこにいったのだろう。
私の手元にあるZenは少しも減らず、さりとて捨てる気にもなれない。
秋草の模様のボトルだけはあの頃のままだから。





by sarakosara | 2017-10-01 17:46 | 思い出小箱