二の酉

我が家恒例、霜月の酉の市。
今年は勤労感謝の日に
いつもの鷲神社二の酉へ。
今年は深夜からの雪も予報されていた寒い日。

外で二時間近く並ぶことも想定にいれて
寅さんとふたりダウンにマフラー手袋ももってでかけたが
底冷えはするけれど、風がないせいか
思ったよりも寒さが堪えない。

f0231393_19133300.jpg
暖かな色にともる提灯の明かり
きこえてくるお囃子
露店のかけ声

並ぶ人並みの背中をみながら
この穏やかな時間が続くよう
そんなことをいつもよりも強く願った。

結婚する前の年から通い始めた酉の市。
子どもや親達が一緒の頃は
あと何度来るのだろうと考えたことなどなかったけれど
気がつけば、一年の早さが身にしみ
いつまでこうして来られるのかなと思うこともある。

あたりまえのように続いてきた日々が
あたりまえじゃないと思うことの増えたこの頃。

それでも私たちは明日に何があるか知ることができないなら
重ねる一日一日を
できれば笑顔ですごしたいと思う。

f0231393_19113554.jpg
「酉の市は春を迎える神事です」
鳥居のむこうに見えるこの言葉を
今年もみながら歩くことができたこと
威勢のいい手締めで
新しい熊手を手にできたこと
帰りに寅さんと一杯呑みに寄る楽しみ。
ひとつひとつのことに感謝しながら。





# by sarakosara | 2016-11-28 19:30 | ぶらさら子 | Comments(0)

be OK

スマがかつての職場で
仲良しだった先輩先生の結婚式で帰ってきた。
正式な結婚式の招待は初めて。
礼服に白のネクタイで
テンションあがるな〜と、いそいそでかけていった。
三年社会人をしていたけれど
年齢より幼く見えるから
院で三学年年下の子達といても少しも違和感がないスマ。
けれど、こうやってきちんと礼装をすると
やはり大人びてみえる。

毎日夜中まで実験の日々
とことん追い込まれていることも、こんな時には話してくれる
色々悩みは尽きないようだが
離れて暮らしているので
そんな細かい日常のことはふだんは見えてこないから
私としては助かっているし
結局最終的には自分で決めてきた今までだし
それでいいと思う。
いくつもの良き出逢いにも恵まれたこと、それで十分だ。

f0231393_17284457.jpg
いっぽう私
今月は大好きなCNBLUEの5周年の
ライブツアーがあってライブ三昧。
彼らもスマと同じ年頃。
やはり悩み迷う日々を曲にすることも少なくなく
リアルタイムでスマと重なることもあり
それだけに愛おしくて
何かを模索しながらつかんでいこうとする姿に共感する。

今回のツアーアルバムの
オープニングの曲「be OK」
最初に聴いた時胸にしんと沈んでくるような歌詞とメロディに
惹き付けられた。

誰しも道に迷っていた時があったはずなのに
大人になるうちに、そんな日々を忘れていくのかもしれない。
怖いものが少しずつ減っていると思うのも
そんなことなのだろうか。
でも、大丈夫、
be OK と言ってきた日々もどこか胸の奥にあるはずだ。



Twitterに訳詞をあげてくださっている方がいた。

Be OK

ひんやりした空気が
僕の目を覚まし 蘇らせる
いつものように

それから 僕の中の暗闇を
取りのぞこうとしたがる

鏡の中の自分と向き合う時だ
誰かが 僕を見ている
映った姿は僕の別の姿
ただ 微笑みたいだけだよ
大丈夫さ


「上手くいくさ」
誰かが僕に伝えてくれる
でも
「嘘だ」
吐き出せないけど

僕が 胸のうちで抱いていたものじゃない
ずっと何か無くしてしまったと思ってる
望んでいたものじゃない
でも 言い聞かせよう
「大丈夫さ」



朝には
すべてのものが
活き活きしている
いつもと同じように

でも まだ 暗闇が僕を 落ち込ませる
自由にさせてくれない

鏡の中の自分と向き合う時だ
誰かが僕を見ている
映った姿は僕の別の姿
ただ 微笑みたいだけ
大丈夫さ

「大丈夫かい?」
誰かが 僕には尋ねたとしても
「大丈夫さ」大声で叫ぶさ
大丈夫だよ





# by sarakosara | 2016-11-13 15:11 | 好きなこと

寒露の夜

昨日のM子ねえちゃんの来宅、
私はもう10年ぶりくらいだと思い込んでいたのだが
なんと、父が亡くなった年に来ているという。

寅さんは、言われて思い出したらしく
そういえばと、その時の話をしだしたので、M子姉の思い違いではない。
それどころか、おでんを作ってくれたとか
スマ君はいたけれど、ミコちゃんは旅行中だったとか。
しかしそのひとつひとつ、いくら記憶の糸をたどっても
いっさい思い出さない。
自分大丈夫か?と思ったけれど
なにかそのあたり、
気持ちがバタバタと落ち着いていなかったせいなのだろうか。


f0231393_16242339.jpg

両親の仏壇にお菓子をお供えしてくださり
お線香をあげたあとにそこに座ったまま
「昔あなたの家に行った頃ね
おじさんは悪い人だと思ってたのよ。
ほら、おばあちゃんとおじさん、色々あったじゃない?」
父と祖母の不仲はM子姉も色々知っている。

とはいえ、父の仏壇の前でそんな話をいきなりしはじめて
私もちょっとムキになって
父の弁護をした。
「それでも、その後母がなくなって、
私が結婚してからみんなで同居するまでの数年
父と祖母はいつしか寄り添うようになり
年老いた祖母を父はよく面倒みたと思う。
祖母もそんな父を頼りにしていた」

うん、そうだよね。
叔母さんが亡くなるのは早すぎたけれど
あの時間があってよかったのかもね。
M子姉は、そのこともちゃんと知っていた。

M子姉のお母さんの話にもなった。
晩年こそ介護が必要になったけれど
ずっと小学校の先生を勤め上げ、その後も華道の先生として
生徒さんを教え、いつもしゃんとした人だった。

その伯母がまだ現役で元気な頃の
気性の激しさを物語るささやかなエピソードの数々
それをを初めてきいて驚いた。

やはり、増毛のY田家の血筋は争えないと
祖母達姉妹の激しさとともに
その子らも一様にみな気性が激しかったようだねと
そんな話にもなった。
いや、実はM子姉にもその片鱗はみられる。

「鰊場育ち」歌うのが上手いのよ。
こんどカラオケいこうね〜と
お持たせのワインですっかりいい気分。
同い歳の寅さんとの時代話も大盛り上がり。
時代、国、結婚。
世界中歩いてきたM子ねえちゃんならではの話もきけた。

今は自動翻訳機があって
それで仕事が減ったらしい。
「けっこう精巧な翻訳機が出てきて、うまいこと訳しちゃうのよ。
ほら、私は恋愛話を翻訳しているわけじゃないからさ
それで十分なんだって」
コスト削減のほうが重要らしい。

「でもね、スーパーで働いて思ったの。
人と会って話すことって新鮮で楽しいって。
怒られたってぜんぜん嫌にならないよ、不思議と」

今や生活がかかって働いているわけじゃないから
暢気なことを言ってるだけかもしれないけど
数年前、ここ二三日、誰とも話してなくて
なんて突然電話があったことを思えば
なんだか楽しそうで、よかったなと思う。

帰りがけ、大切そうに新聞にくるんだ包みをあけて
よかったらもらってくれる?と
焼き物の花瓶をプレゼントしてくれた。



f0231393_16252341.jpg


趣味の陶芸で作ったのだという。
めったに人にはあげないのだけど
大切にしてくれそうな人にだけ貰ってもらうのだという。

どんな花にもよく似合いそうな
ぽったりと可愛くて味わいのある焼き物だ
いちばんにどの花をかざろう。



# by sarakosara | 2016-10-10 17:18 | 思い出小箱

煮豚ことこと

再従姉妹(はとこ)のM子ねえちゃんから連絡があったのは
9月の終わりに近い頃。
来月の始めに大学時代のサークルの展示会があってね
そっちに近いところだから、帰りに寄ってもいいかな。と。
ちょっと一方的な展開で、あららと思っていたのだけど
よくよく話をきけば、初孫ちゃんが誕生したとか。

M子ねえちゃんも、私と同じひとりっこ。
息子のS君もひとりっこ。
大恋愛の末の結婚は途中でうまくいかなくなったけれど
その後も翻訳の仕事と子育てを両立してきた。
S君も30代になり、今回の嬉しい報せ。
今やっと、ほっとひと息なのだろう。

私より七歳年上。
一人っ子どうし、子どもの頃はよく買い物や映画に連れていってくれたり
M子ねえちゃんが大学生の頃は
一人暮らしのアパートにも泊まりに行った。
大人で美人でちょっと辛口
お洒落が上手で憧れのお姉さん
あえば、いつもまとわりついていた。

辛口マイペースは相変わらず。
さすがに最近は翻訳の仕事もあまりこなくなって
1日家でひとりももったいないなあと
この間からスーパーで働きだしたという。
びっくりでしょ?と笑いながら
自分より年下の熟練さんに叱られたり
実にびっくりな日々を過ごしていることを面白おかしく
電話口のむこうで話す。


f0231393_14562582.jpg

数日前、胃腸炎になって仕事を休んだ。
胃腸の痛みはもとより、身の置き所もないほどだるくて、
こんな状態でおもてなしができるかと心配だった。
よほど延期してもらおうかと思ったけれど
この後も色々週末は予定があるし
M子ねぇちゃんも楽しみにしているだろうと思うと
ここは早く治してと気合いをいれた。

木曜日は食べ物の写真を見るだけで気持ち悪くて
1日何も口にできなかったのに
金曜の夜には見るものぜんぶ美味しそうで
まだ消化の良いものしか食べられないから
もうお腹がぐうぐう。
我ながら回復力の早さはみごと。


f0231393_14423032.jpg


昨日は職場の友達に教えてもらった煮豚を作った。
まだ自分は食べられないので
ほんの少し味見をしながら
ことこと、ことこと、じっくり煮込んだ。
柔らかくて品のいい味にしあがったと思う。

M子ねえちゃんの話は辛口で面白い。
昔私の実家に泊まりにきた時は
父もたじたじで苦笑い
母方の親戚なので、
母も、Mちゃん!、なんて、たしなめることもあった。
甘辛い煮豚を食べながら
さて、今日はどんな話が飛びだすか。
思い出話に花が咲くかもしれない。





# by sarakosara | 2016-10-09 15:02 | 日々

滝野川から王子へ

先週の三連休初日
久しぶりにお天気が良さそうだったので
急に思い立ち、寅さんと、近場散歩へ。
10分ほど電車にのって板橋の駅から王寺をめざすことに。
駅のすぐ前にある「新選組隊長近藤勇墓所」へ
f0231393_15073586.jpg
ゆっくり見ようと思うものの
蒸し暑い日だったので、スカートででかけたのがアダになり
何カ所も蚊に刺されて散々。
気もそぞろで近藤さんも苦笑いなさっていたかもしれない。

f0231393_15080197.jpg
きつね塚通りを歩く頃から
お祭りの気配が。
大きな通りに出ると、案の定御神輿の列。
ちょうど八幡様の御祭礼の日にあたっていたようで
路地路地に、ハッピ姿が行き交い
町中が活気にあふれている。

f0231393_15090606.jpg
止めてあった一台の神輿太鼓。
昭和三十三年九月吉日と記されており
私が生まれたての頃
その年のお祭りにむけて新調されたものなのだろう。
f0231393_15190413.jpg
そういえば、私が生まれたのは東京の板橋。
ここからほど近い場所であったことも思い出し
あなたも同じ頃ここで誕生したのねと、よりいっそうの親近感。

f0231393_15294409.jpg
そこからキバナコスモス揺れる川沿いの遊歩道へ。
桜の葉がかさこそ散ってくるのは
今年の長雨のせいかしら、
まだ落葉に早いはず
春は桜がみごとなのだろう。
鬱蒼とした小道もあって、都会の中にいるのを忘れてしまいそう。

やがて音無橋、ゴールの王子。

橋の下には、音無親水公園という小さな流れがあり
子ども達が水遊びをしたり
橋の下のひんやりとした石の上に腰掛けて読書する人など
ちょっとしたオアシスの雰囲気。

f0231393_15434449.jpg
私たちも流れ沿いの石に腰掛け
買ってきたカップアイスを半分こ。

流れの向いに
6歳くらいの女の子とおばあちゃん。
水に入ってもいい?と
もうスニーカーを脱ぎ始めている女の子に
あらら、という顔のおばあちゃんだったけど
気をつけてねとうなづいた。

アイスを食べる私たちのほうをちらっと見て
目が合うと、にこっと笑ってくれた。

苔のはえた石もあるのに
ひょいひょいと、歩いては
石の上に飛び乗ったり。
滑りやしないかと、はらはら。
そばで見るおばあちゃんと一緒。
しばらく、可愛いねぇと楽しませてもらった。

ここの少し先に
名主の滝という場所があって
母の友達がすぐそばに住んでいたことがあった。
たぶん、この女の子と同じ年頃だったはずの夏の日
母と、そのおばさんと三人で遊びに行き
私はスリップひとつになって
水に入って遊んだ記憶がある。

そのことを思い出したので
帰りに一足のばして、名主の滝公演にも寄ってみたのだが
もう閉園間近、肝心の滝も水がなくて
私の記憶の風景はそこになかった。
友達も書いていたけれど
思い出とは、案外そんなものなのかもしれない。
なんという名だろう
紫の小さな花とオレンジの花がたくさん咲いていた。

f0231393_16182038.jpg
ここから、もう少し歩いて
お疲れさまのいっぱいは
十条銀座の香港亭。
f0231393_16304704.jpg
飛び込みだったけれど、大当たり。
小皿料理がほんとうに美味しくて
ひっきりなしにお客さんが途絶えないのも
安くて美味しい証拠だと思う。

f0231393_17043831.jpg
最後に桂花陳酒。
白ワインに金木犀を漬け込んで熟成させた果実酒
とても良い香りがする。

金木犀が香りだすのも、もうじきだろう。


# by sarakosara | 2016-09-25 17:07 | ぶらさら子

大切な人

秋風がふいている。
そんな夕暮れは
ちょっと人恋しくなる。

f0231393_20382724.jpg

先週の日曜日
我が家に、ミコの大切な人がきた。
寅さんと私も家中を掃除して
ドキドキ待っていたけれど
Y君はその何倍も緊張していたらしい。

おもてなし料理を色々検索してみたものの
やっぱり作り慣れた自信のもてる味だと結論。
ちらし寿司に茶碗蒸し、鯛の昆布ジメ
友達が送ってくれた増毛のタコのマリネ。
揚げたてコロッケ。
美味しくな〜れと、心をこめた。

食事をしながら
お互いのあれこれを話し
なごんだ空気が流れ出した頃
ちょっとY君にきいてみた。

ミコって少し変わっているでしょう?
は?と怪訝な顔の彼
う〜ん、変わっているというか、
今時の女の子と少し違うでしょう?

ああ。それか、というように笑うY君。
そういう意味なら、僕も少し変わってますから。
ミコと目を合わせて笑っている。

最近は料理も上手に作るようになったのよ。
うちに来て作ってくれると手際もよくなって。
はい、めちゃ、美味しいですよね。
あ、もう食べたの?
それは、ごちそうさまでした。

まだ、これからのふたり
でも、互いを大切だと思えること
私たち以外に
ミコのことを大切に思ってくれる人がいることは
心強く、あたたかい。

具体的な話はまだないけれど
とても幸せな一日だった。
急かさず、ふたりの機の熟す時を待とうと思う。





# by sarakosara | 2016-09-12 21:09 | 家族のこと