制服

今年のバラの話をなかなかできなかったのは
大切なアブラカダブラを私の痛恨のミスによってダメにしてしまい
アブラカダブラに申し訳なくて
バラの話に気が進まなかったということがある。
近所の花に詳しい友達は、来年は復活するんじゃないかなぁと言ってくれるけれど
あまり希望は持てそうもない。

しかし、そのほかの、ミコのミニバラ
そして、通りすがりの方にまで褒めていただけるピエールは元気だった。

f0231393_17131814.jpg

そんな我が家のバラたちがちょうど咲き始めた頃
職場では、私たち契約社員7人も制服を着ることになった。

最初はみんなこっそりと、ぐちぐち文句。
今さら制服なんてとか、
着替える時間が勿体無いとか
洗濯物が増えるとか
サイズ合わせが憂鬱とか(笑)

しかし職場の方針で決まったものは如何ともしがたい。
どうしても嫌ならやめるしかないものね。

白いブラウスにチェックのベスト
胸元には青い柄物のリボン
紺色のスカート。
銀行の接客係とか会社の受付とかの接客部門であれば、
お客様との差別化
あるいはアイコン的役目もあるだろうが
デスクワークの私たちに果たして必要であるのかと疑問も残る。

世の中は制服廃止に流れているはずなのに
逆行しているようにも思う今回の決定。

f0231393_17141231.jpg


とは思うものの、着始めてひと月半が過ぎ
皆、なんとか着慣れてきた様子。
慣れてみれば、朝仕事に行く時の服装に頭を悩ませることがなくてある意味楽とか、
肯定的な感想もちらほら。

そして、どこか気持ちの片隅に
今までとは違った、会社への帰属意識のようなものが
芽生えてきたようにも思う。
制服なんてもらったって
私たちはどうせ契約社員、待遇だってかなり違うのだし
仕事はきちんとこなしているのに、理不尽だと思うことも多々ある。

しかし、意識が少し変わってきたのであれば
制服おそるべし。
制服マジック。
ということなのだろうか。

さら子さんって、制服がよく似合いますよね
なんかとても素敵ですよと
何度か若い女子社員さんが言ってくれた。

リップサービスと思いつつ
褒めてもらえれば、ちょっと嬉しい。
けれど、よく考えれば
こういう女性らしい?私服は仕事には着てこなかった。
私服のオシャレが上手くなかったのかと
それはそれで複雑な思いもある。
素直じゃないのかな。

f0231393_17162098.jpg

学生時代の制服を除けば
社会人になってからは初の制服着用だ。

そう言えば、中学高校時代の制服は
ジャンパースカートにブレザーだったので
一度セーラ服が着て見たいと憧れていた頃もあったっけ。
併せて、中学、高校と女子校だったので
制服の胸のボタンを〜
なんて胸がキュンとなる経験もなかった。

あの頃は早く制服を脱いで
私服でオシャレをして出かけたいと思っていたはず。
それが、今頃また制服を着ることになるなんて
仕事の進退さえ考えていた時に
勤続17年目の職場はいろいろなことが良くも悪くも変わってきている。






# by sarakosara | 2018-06-17 22:11

慕情

6月4日。
私にとって、この日の夕方は、
特別の空気感を持っている。

もう40年近くも前、母が逝った夕暮れ。

もう悲しいことはない。
母のことを想うこともめっきり減った。

それなのに、6月4日、この日の空気感だけは
あの日を否応なく鮮明に思い出させる。
今日も仕事帰り、
まだ明るい空に南風が吹いて
あの日が一気に蘇ってきた。

むしろ雨なら、
雨なら思い出さないのかもしれない。

f0231393_22434511.jpg



少し憂いを含んだような
梅雨入り前の、南風が吹く。
あちこちの庭に紫陽花が色づき
クチナシの甘い香りもどこからか鼻をくすぐる。
そんな夕暮れだから、蘇ってしまうのかもしれない。

暮れるという字と
慕うという字は、少し似ている。

そういえば、イングリット・バーグマンの慕情という映画
母が好きだったなと
ふと、思い出した。

今日もメロンを供え
冷たい水を供え。
夕方の風を部屋に入れた。

あの日も、こんな穏やかな夕暮れだったねと
遠い母に話しかけてみる。






# by sarakosara | 2018-06-04 23:21 | つぶやき

ふたたび、ふたり

先週末はスマの引越しだった。
京都から帰って2カ月足らずのこと。

スマの預金通帳はすっからかんだし
当初はお金を貯めるため、我が家から通うつもりでいたけれど
片道一時間半近くかかる職場。
往復では三時間近くも通勤に時間を使うことになる。
新人は、あれこれやることも多いし、時間を気にして働いていられない。
家財道具も一通りあるし、
ということで、一人暮らしを決心した。

スマがネットで見つけて懇意になった不動産仲介業者の営業マンは
スマと同じ年頃らしく
休みのたびにあちこち内覧に車を出してくれたらしい。

そして結局決まったのがURの賃貸。
築50年、ご長寿の団地だ。


f0231393_17573030.jpg


でも50年前の団地は、当時の最先端。
ゆとりを持って作られており、緑も豊かで気持ちがいい。

寅さんは子供時代、父親が抽選に当たり
初代の団地、千葉県の松戸市に作られた常盤平団地で
父親の転勤で関西に引っ越すまでの数年を過ごしている。

当時の公団住宅は仕様がほとんど一緒なので
スマの部屋を見て、いいなぁいいなぁ、懐かしいなぁ〜を連発。


f0231393_17394656.jpg


こんな配達の牛乳受けもあるんだよ
お母さん知らないだろうと、
懐かしげに、ここが寅さんのツボだったらしい。

牛乳受けは知らなかったけれど
私も子供のころ友達が近所の団地に住んでいて
その頃の間取りそのままの部屋を見ながら
当時を懐かしく思った。

f0231393_17403995.jpg
さすがに築50年。
洗濯機を置く防水パンもなく、お風呂に排水なので
高低差をなくすため、かさ上げを自分で工夫しなくてはならなかったり
随所に古さは隠せないけれど
青畳の香りも清々しく
きれいにリノベーションされていて
気持ちよく整っている。

和室ふた部屋に、フローリングのLDK。
収納はたっぷりだしベランダつき
南北に窓があり
北側の部屋にはベッドを入れたけれど
LDKの窓から、こちらの窓まで、心地よく風が吹き抜けていく。

f0231393_17423365.jpg


横浜に一年、京都に二年
いずれの部屋も1Kで、まぁ学生には十分なところだったけれど
3度目の一人暮らしはゆとりの空間で過ごせそうで
自分のお給料で少しずつ整えていくのも、楽しみにしているようだ。

公団住宅には、初めての利用で35歳以下なら
格安な賃料で貸してもらえる
アンダー35割というシステムがあり、
スマもそれを利用している。

3年間までという縛りはあるけれど
3年経てば30歳。
スマの生活もどう変わっているかわからないから
その時点で考え直せばいいというスタンスで決めたようだ。

職場まで自転車で5分ほど。
かなり時間が有効に使えそう。

f0231393_17532781.jpg



さて、そういうわけで
我が家は、ふたたび私と寅さんの二人暮らしになった。

スマの出勤に合わせて5時半起きだった朝も
30分ほど寝坊ができそう。

ひと月前は、スマのいる生活に慣れず
フゥとため息ついていたのに
やっとそのペースができた頃には
いなくなってしまう。
いれば面倒、いなければ淋しい。

それでも一年前の今頃は
悪性リンパ腫の疑いもありと我が家でひと月あまり養生し
ちょうど就活最中で心配したもの。
まずは元気な今があることに感謝しなくてはと思う。
そして名実ともに大人なのだから
自分で身を立ててくれればそれで十分なのだろう。

ミコの結婚式に始まり
春からずっと子供達のことで忙しかった。
いつになっても、幾つになっても
心配は尽きないけれど
今は寅さんと二人の日々を大切にしよう。










# by sarakosara | 2018-05-18 22:25 | 家族のこと

遠きにありて思ふもの
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31