<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

有り難いこと

元三世帯住宅だった我が家。
今は親たちも皆見送って
3階建ての部屋は使いたい放題だけれど
悩ましいのが大掃除の季節。

子供達もいないし
今年は寅さんも29日まで出勤、
私一人で、三世帯分の大掃除はとうてい無理だ。

とはいってっも目をつぶれないところもあるから
あちこちはしょりながら
ご褒美のお茶菓子も用意して
一人でなんとか形がついた。
後は家族の好きなお正月料理をぼちぼち作ろうかな。




f0231393_14543428.jpg


もうふた月近く前、我が家恒例の酉の市に行ってきた。
11月1日、一の酉。
1が四つ続くのも縁起が良さそうだってことで
寅さんとお互い仕事を終えてから上野で待ち合わせ。

地下鉄入谷から歩いてじきに、鷲神社に向かう人が増えてくる。
境内に続く列に並ぶとき
決まって一年って早いねぇと話す。
大晦日や新年よりも
いちばん時の流れの早さを実感する時かもしれない。

f0231393_15154476.jpg

しゃんしゃんという鈴の音。
そのお祓いを通り、お参りをして
熊手を買って、二本じめ。
そして、寅さんと浅草まで歩いて、一杯呑んで帰る。
お決まりのコースだが
けして同じ一年はないし、
毎年、世の中も変わっていく。



f0231393_17252978.jpg


今年はほんとうに自然災害が多くて
それは日本だけじゃなくて
つい先日も火山の噴火による津波で多くの被害が出たばかり。
世界情勢も混沌としている。
これから地球はどうなってしまうのだろうと、不安がよぎることもある。

当たり前のように毎年ここに来るけれど
それがどれほどありがたいことか
有り難いという文字の意味を思う。

f0231393_19122800.jpg

今日の夕焼け。
この冬最強の寒波が来ているとか。

関東は一日強い北風が冷たくて
そのせいか富士山がくっきりシルエットになっていた。
日本海側や北の地方は大雪に見舞われているらしい。
父の生まれた留萌も、祖母の育った増毛も雪だろう。

今年も暮れていく。
新しい年が
穏やかな一年でありますようにと願う。


f0231393_17522461.jpg


今年も一年ありがとうございました。
マイペースながら、ここを続けてこられたことにも感謝。
おつきあいをくださった方々
言葉は交わさなくても、ここを読んでくださる方々にも
心からありがとう。
どうぞよいお年をお迎えください。











by sarakosara | 2018-12-28 18:03 | 日々

12月の雨

12月に入って毎週末予定が立て込んでいた。
一週目は20年近く手伝っている幼稚園の音楽会、
翌週は命日より一足早く父の七回忌、ちょうどスマの誕生日。
ミコ夫婦も交えて家族のみで法事の後は父の思い出話。
そして今日は甥っ子の結婚式。
地元の神社で厳かであたたかなお式で
今年を締めくくる嬉しいイベントでした。

そんな12月も完走間近
なんだかんだ気持ちの揺れた仕事も
今年の分は全てやり終え
新しい年は新しい気持ちでまた日々に向き合えばいいと
ホッと一息ついているところ。

そんなふうに良い子で過ごしたからなのか
フィンランドのサンタさんから手紙が届いた。
妖精トントの調査委員会によって
この一年良い子だったことが証明され、
良い子のリストに名前を加えることを約束してくれたようだ。


f0231393_16193046.jpg


クリスマスといえば
昨日の朝、ユーミンを聴きながら片付け物をしていた時
「12月の雨」が流れ始めたら
どうしたわけか、急に幼かった頃のこと
祖母がクリスマスになると
近くの花屋さんから小さなもみの木を買ってきたくれたことを思い出して
胸がいっぱいになってしまった。

クリスマスキャロルでも讃美歌でもなく
どうして「12月の雨」だったのか。
まったくわからないけれど、突然の雨のように私の心に降り
あの頃に連れて行かれた。


f0231393_16465666.jpg


祖母は毎年クリスマスが近づくと
デパートで少しずつツリーの飾りを買ってくれた。
色とりどりの電飾が光り
ピンクやグリーンの羽を持った天使がもみの木につり下がった。

厳しくて気性の激しいところもあったけれど
私へは深い愛を注いでくれた。
神仏に手を合わせること
目に見えぬものを大切にすること。
季節の室礼を楽しむことなど
祖母が私に残してくれたことは多くある。

母が早く亡くなってからは
母の代わりにと、祖母を旅行に連れ出したり
私のできる孝行もしたつもりだ。

でも、祖母が私を愛してくれたほどは
私は祖母を愛せていなかったのじゃないかと思うと
祖母が不憫で今さら愛おしくて胸が痛む。


f0231393_16583191.jpg


いつもながらのクリスマスの室礼。
今年はサンタ村の絵葉書も加わった。


時はいつの日にも
親切な友達
過ぎていく昨日を
物語に変える





by sarakosara | 2018-12-23 20:56 | 日々

金沢片町あたり

片町の賑わいから少し路地に入ったところにその店はあった。
ちょっと敷居が高そうな入り口。
そんなに高級な店というわけじゃなかったはずなんだけど‥
そういうミコと、おそるおそる店の入り口を入る。

高い天井に広い空間。
長くて広めのカウンターの前には板さんが二人。
反対側には、向かい合わせのテーブル席がいくつかあって
奥には個室もあるらしい。

まだ時間が早めのせいか
ほとんどお客さんがいなくて、ちょっとおどおど。
すらりとした和服の女性が案内に現れ
お好きなお席にどうぞ、個室もご用意できます、とにこやかに。

カウンターは板さんが目の前だし
個室というほどの人数じゃないし。
それじゃテーブル席でと
4人がけにミコと向き合って座った。

f0231393_15203225.jpg


ミコが日本酒を一合。
私はとりあえずのビールで乾杯。

お母さん、好きなもの食べてねとミコから言われたけれど
お品書きを広げながら
どうしても安そうなものばかり目で追ってしまう。
とはいえせっかくのミコのご馳走。
普段食べているものではつまらないよねと
いく品か選び、どれも季節感があって美味しく
中でも雲丹の茶碗蒸しがとろけた。

最後にお寿司をというのがこちらの定番らしいのだが
恐ろしいことに寿司の一覧だけ値段がない。
ミコと二人、そこそこお腹も膨れているし
一番食べたいお寿司を少しでいいねと決める。

私は白えびと、蟹で、幸せ。


f0231393_15475112.jpg

食べながら色々話した。
ミコも今年は色々あったね。
結婚式から始まり、すぐに新しい命の芽生え
でも、その命はこの世に生を受けることなく儚くなってしまったこと。

そんなことの続いた春だったので
今年は担任を持たず、専科担当になった。

担任を持たないことがこんなに楽だと初めて知ったとミコは言う。
その言葉通り、体調を崩すことの多かった昨年までと様子がまったく違う。
残業や休日出勤も相変わらずなのに
心身ともに負担がぜんぜん違うのだそう。
体重も少し増えちゃったと笑う。

もちろんそんな待遇は今年限りだということも知っている。
正直いつまで続けられるかなと
これから先の仕事のことで迷うこともあるという。

夫のY君も、猛烈に忙しいらしく
休日も思うに任せず
ほんとうに身体も心も悲鳴をあげているようだ。

どんな仕事も楽なものなんてないのは二人とも知っている。
けれどまだこれからの二人、
ストレスで日々の生活がギクシャクしたり、健康も損なうようでは考えることも必要だ。

大切な人が増えるということは
心配する人も増えるということ。
二人が元気で幸せであってほしいと願う。


f0231393_15214880.jpg


お品書きに値段のなかったお寿司も
心配したような値段ではなかった。
美味しくご馳走になって
外に出ると、日本海を北上する台風の余波か
風が強くなっていた。
片町から駅に戻り、
ライトアップされた鼓門(つづみもん)」「もてなしドーム」をくぐり
駅の反対側のホテルへ向かう。

道すがら、歩道にぎんなんがいっぱい落ちていた。
「踏んじゃうと大変よ〜」
「拾いたい放題だねぇ」
ミコと笑いながら歩いた。

幸せな旅行をありがとう。

f0231393_15244940.jpg


翌日は21世紀美術館をゆっくりまわり
帰りがけに近江町市場に寄って
寅さんには日本酒の加賀鳶と、のどぐろの押し寿司をお土産に買い
帰途についた。

美術館のことはまた書く機会があったら。


f0231393_15252365.jpg

帰りの新幹線で見えた虹。
それぞれの夫が待つ家に向かう。







by sarakosara | 2018-12-22 15:36 |

遠きにありて思ふもの
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31